Pickup記事

ここではベビー用品せどりの解説をします

 

 

 

 

せどりで大事な要素の一つとして「需要のある物」があります。

需要さえあれば商品は延々と売れるのです。

 

絶対に需要がなくならないジャンルの商品と言えばベビー用品。

少子高齢化だなんだといわれても

赤ちゃんが生まれなくなっているわけではありません

 

毎年何万人も生まれています

 

ではそのベビー用品でせどりをするにあたって

いったい何を仕入れたらいいのでしょうか?

 

そこで本記事では、ベビー用品せどりを行うためのコツや仕入れる商品を解説します。

コツさえ覚えてしまえばそれほど苦労せずせどりをすることができますよ。

 

 

 

ベビー用品せどりとは

 

ベビー用品と言えば

・抱っこひも

・ベビーカー

・知育玩具

・洋服

・マタニティグッズ

・水筒

など様々な種類があります

 

 

ベビー用品せどりはこれら赤ちゃんを育てるために必要なグッズを扱います。

 

 

仕入れ自体も難しくないのでベビー用品せどりはおすすめできるジャンルの一つです。

 

もちろん利益だってしっかりと取れます

というのも、ベビー用品せどりは場合によっては

非常に安く仕入れることができるからです

 

理由は後述しますが、

しっかりと稼げるチャンスのあるジャンルだということは覚えておいてください

 

 

ベビー用品せどりのメリット

ベビー用品せどりは多くのメリットがあります

 

・仕入れ値が安い

・商品の補充が多い

・需要は高く、比較的高値で売れる

・消耗品がほとんどのため繰り返し販売できる

・ブランド物によっては高値が期待できる

 

この4つが主なメリットです

・仕入れ値が安い

・商品の補充が多い

ベビー用品には様々ありますが共通して言える事は

使用期間が圧倒的に短いです。

抱っこ紐を購入してみたがすぐに使わなくなったり

泣き止みようにメリーゴーランドを買ったが

全く反応せず使用していない等

 

ベビー用品というのは不要になるとその家庭では本当に必要のないものです。

次のお子さんのことを考えて取っておく家庭は少ないでしょう。

 

そのため、必要がなくなったベビー用品はどんどん売られていきます。

リサイクルショップ、メルカリ、ヤフオク

商品が枯渇することはありません

 

どんどん仕入れてどんどん売っていけるのもベビー用品せどりのメリットです

 

ベビー用品は中古も比較的売れやすいのも特徴です。

子どもの成長とともに購入したものがすぐに使えなくなるので

わざわざ新品で買う必要もないと判断する家庭も多いからです。

 

 

・需要は高く、比較的高値で売れる

 

統計学的には出生率は下がっていますが、

それでも過去最低と言われた2017年でも97万人生まれています。

 

少なくとも97万人分もの需要があります。

 

ベビー用品は元が結構高値のものは、

中古で安く仕入れてきて多少利益を乗せても問題なく売れます

 

 

・ブランド物によっては高値が期待できる

できるだけ安く買おうという親御さんがいる一方で、

ブランド物にこだわる親御さんもいます。

 

ベビー用品のブランド物は我々が想像できないくらい高価です。

 

そんなベビーブランド商品を安く仕入れることができれば

利益を大きくとることが可能です。

 

 

ベビー用品せどりのデメリット

 

・Amazonで売りにくい

ベビー用品の中には売れないものがあります。

 

ベビー用品の出品規制は簡単に解除できます。

しかし解除しても一部のブランド物は出品できないといった

ややこしい出品ルールが存在します。

 

エルゴベビーが有名な規制のあるブランドですね。

 

売れないものはヤフオクやメルカリを利用するなどの工夫が必要になってきます。

 

柔軟な対応ができるよう販売先は複数持っておきます。

 

 

 

ベビー用品せどりの仕入れ先

・イオン

・西松屋

・赤ちゃん本舗

・ベビーザラス

・バースデー

 

 

 

イオンではあまり目立つ場所に

ベビー用品は置いていませんが

割り引き商品もワゴンもあります。

 

赤ちゃん用のミルクなども期限が近くなるにつれて

ワゴンで投げ売りされることがありますので

確認しておきましょう。

 

その際仮に期限間近だったとしてもそれで終わりではなく、

 

「このくらいの期間でワゴンに入るんだ」という情報を

入手できることになりますので

資産化しておきましょう。

 

 

 

 

 

こちらのピジョン乳首ですが

入れ替え時期だと100円などで購入出来ます。

 

一時は1000円くらいで販売していました。

小さくて軽いのでかなりの数を仕入れました。

 

 

 

同じく西松屋や赤ちゃん本舗でも

割り引き対象になるので

是非リサーチしてみて下さい

 

 

ドクターベッタの哺乳瓶や

遠い場所からでも子供を見守れるカメラも需要が高いです。

値下げはあまり見かけませんが

ベビーザラスの◯%OFFやセールの日などに

合わせて仕入れも出来ますので

リサーチしてみましょう。

 

 

ベビー用品はマタニティグッズも仕入れ対象です

需要があれば仕入対象になる商品も多いので

必ずチェックしましょう。

抱っこ紐

 

赤ちゃんの安全にかかわる商品なので、

ちゃんとしたメーカー、ブランドのものが人気です。

 

 

「アップリカ」

「コンビ」

あたりが人気メーカーです。

 

新品の他にも中古でも仕入が出来る事もあるので

抱っこひもが売っていたら優先的に仕入れていきましょう。

 

仕入れやすいのはセカンドストリートです。

 

ただしエルゴベビーを含むブランドの中にはAmazonで

出品できない物がありますのでその点は注意です。

 

 

 

おもちゃ、知育玩具

 

おもちゃや知育玩具も人気の商品です。

ブロックとか、音の出るぬいぐるみとかですね。

 

買ったものの、あまり遊ばなかったという美品が

メルカリやヤフオクに多く出品されています。

リサイクルショップにもあります。

 

こちらも安く仕入れられるものなので、積極的に狙って行きましょう。

 

 

特にアンパンマンやディズニー系は鉄板です。

定価から大きく割引されていたらぜひ仕入れましょう。

 

 

数も多く出回っていますが、

需要も多いので仕入れても問題なく売れるでしょう。

■ベビー用品せどりの注意点

ベビー用品せどりの注意点は以下の2つです

 

・汚れに注意

・衛生的な問題のある商品は避ける

 

まず、状態の確認です

中古の場合は赤ちゃんが使っていたものなので、汚れのある商品があります。

もちろん格安で仕入れて、出品の際にきちんと明記して安く売る分には問題ありません。

 

しかし、汚れに気づかずにそのまま売ってしまうとトラブルの元になります。

また、汚れを明記していても相手によってはクレームになることもあります。

 

できる限り綺麗な商品を扱うようにしましょう。

 

 

 

■まとめ

いかがだったでしょうか

仕入れがちょっと面倒ですが、需要が多いので安定して売れるベビー用品

 

仕入さえ間違わなければ安定して利益の出るジャンルです

まだまだ長期的に稼げるベビー用品

是非仕入れてみましょう

 

おすすめの記事