Pickup記事

 

生きていく上で、

ビジネスの場面においても

必要不可欠なのが

コミュニケーション力です。

 

 

コミュニケーション力が

重要であることは

理解はされていると思いますが、

普段からそれを意識して、

満足のいくコミュニケーションは

取れていますか?

 

 

今回は、今から出来る、

コミュニケーション力を上げる

コツを6つ紹介します。

 

 

聞き手のコツ、話し手のコツ、

そしてコミュニケーション力を

上げるための情報収集のコツを

紹介していきます。

 

 

1.コミュニケーション力を上げる6つのコツ

 


 

 

 

では、1つずつ説明をしていきます。

 

 

2. 話上手は聞き上手

 

あなたは7:3の法則を

ご存知ですか?

 

 

7:3の法則とは、

簡単に言うと

会話において聴く割合と

話す割合をどのようにすると

会話がうまく行くか、

ということをわかりやすい比率で

表したものです。

 

 

この法則に基づくと、

基本的にコミュニケーションを

取ろうと思った場合には

聴き手に回った方がいい、

ということがあります。

 

 

なぜ、コミュニケーションにおいて

話すことよりも聴くことが重要

なのでしょうか。

 

 

それは、まず相手が何を

伝えたいのかを、

きちんと理解しなければ、

こちらも的確な返答をすることが

できないからです。

 

 

また、人は基本的に

聞いている時よりも、

話している時の方が

心地が良く感じます。

 

 

この法則を実践するということは、

相手に多めに話させることで

良い気持ちになってもらうという

効果に期待することでもあります。

 

 

相手が何を一番伝えたいかは、

相手の話をよく聴くことからしか

理解することはできません。

 

 

特に、その相手があなたにとって

重要なクライアントからの

要望であったとしたら、

より集中して話を聞き、

相手のニーズを掴み取る

努力をする必要が出てきます。

 

 

ただ、聴き手に回ると言っても、

ただ黙っているだけは

かえって逆効果です。

 

 

7:3の法則というくらいですから、

3割くらいはきちんと

発言をするくらいを目指してください。

 

 

3. 話し手に気持ちよく話させる

 

コミュニケーション力の高い人とは、

話をしていてなぜか

気持ちがよくなることが

ありますよね。

 

 

実は、気持ちよく

話してもらうために

コツがあります。

 

 

そのコツが、

 

・そうですね、わかります、

などのセリフを挟みながら

微笑んで相槌を打つ

・会話の主導権を奪わない

 

ということです。

 

 

3-1.そうですね、わかります、などのセリフを挟みながら微笑んで相槌を打つ

 

コミュニケーション力の高い人は、

あなたが話している間、

微笑みながら、

そうですね、わかります、

といった適切なセリフを挟み、

相槌を打っていることが

多いはずです。

 

 

微笑み、適切なセリフ、相槌をする。

 

 

これらは、

この人は私の話を

理解してくれているという

安心感を相手に与えます。

 

 

逆に無表情、

無反応でいられると、

ちゃんとわかっていますか?

と違和感を感じてしまいます。

 

 

そうですね、わかりますは

とても簡単なセリフです。

微笑みながらするのが難しいとしても、

軽く相槌を打つことは

誰にもできるはずです。

 

 

会話の所々に、

あなたのことを理解していますよ、

あなたを肯定していますよ、

と合図を送ることで

コミュニケーションは

スムーズに進行していきます。

 

 

しかしオーバーな

リアクションやわざとらしい

リアクションは、

逆に相手に不信感を募らせる

可能性もあります。

 

 

過度になりすぎないように

注意をしてください。

 

 

3-2.会話の主導権を奪わない

 

次に2つ目の、

会話の主導権を奪わない

ということです。

 

 

自分が話している途中に

話を遮られてしまい、

自分が一生懸命話しているのに

話の腰を折られてしまうと

イラついてしまったり、

最後まで話を聞いてほしいという

もやもやが残ったりしまった

経験があるのではないでしょうか。

 

 

コミュニケーション力の高い人は、

相手のペースを乱しません。

 

 

話している時に、

今どちらに会話の主導権が

あるのかをしっかりと

把握しています。

 

 

彼らが話に入ってくるのは、

会話に一段落がついたタイミングです。

 

 

話し手が一通り話し終えたところで、

相手の会話に共感をしたり、

会話中の疑問を

投げかけたりしてきます。

 

 

このように、

きちんと会話の主導権が

入れ替わってもいいタイミングで

話し出すことで

会話のテンポも良くなります。

 

 

そして、ストレスなく

コミュニケーションが

取ることができます。

 

 

相手が話している途中に、

口を挟みたくなっても

我慢をしてください。

 

 

心に余裕を持って、

話し手の会話の主導権を

奪わないように

気をつけてください。

 

 

このように、

コミュニケーション力が高い人に

共通しているのは、

聞き上手であるということです。

 

 

コミュニケーション能力が高い人は、

話し手に安心感を抱かせたり、

気持ちよく話してもらったりすることで、

より多くの情報を

聞き出すことができます。

 

 

その結果、的確で具体的な提案や、

投げかけをすることができます。

 

 

4. 聞き手を会話に引き込む

 


 

コミュニケーション力の高い人は、

自分の話題に聞き手を

引き込むのが非常に得意です。

 

 

あなたの周りにも、

コミュニケーション力が

高い人がもしいれば、

彼らとの会話を

思い浮かべてみてください。

 

 

話し方が印象的だったり、

心に残る話題が多かったりしませんか?

 

 

意外に思うかもしれないが、

私たちが彼らの話題に引き込まれたり、

彼らとの会話を記憶に

強く残したりするのは、

その話題自体の魅力ではありません。

 

 

話し手のそのものの魅力や、

話し方のコツによる場合が多いです。

 

 

話し方のコツといえば、

ボディランゲージがありますが、

ここではそれよりも一歩踏み込んで、

ノンバーバル・コミュニケーション

についてお話をしていきます。

 

 

4-1.ノンバーバル・コミュニケーションとは

 

話す、文字を使うといった

言葉を使ったコミュニケーション

(バーバル・コミュニケーション)

ではなく、

顔の表情や身振り手振り、

声のトーンや強弱など、

言葉を使わないコミュニケーションのことを

ノンバーバル・コミュニケーション

と言います。

 

 

次はこの数値を見てください。

 

55%

38%

7%

 

この数値は、

アメリカの心理学者

アルバート・メラビアンが

導き出した3Vの法則と

呼ばれるものがあります。

 

 

3Vの法則とは、

話し手のどの要素が聴き手に

与える印象にどれだけ作用するか、

ということを数値化したものです。

 

 

それぞれの数値が表すものは、

以下の通りです。

 

 

・視覚情報 (Visual) 

 見た目・身だしなみ・しぐさ・

表情・視線 … 55%

 

・聴覚情報 (Vocal) 

 声の質(高低)・速さ・

大きさ・テンポ … 38%

 

・言語情報 (Verbal) 

 話す言葉そのものの意味 … 7%

 

驚いた人もいるかもしれません。

 

 

この法則に基づけば、

話し手話の内容そのものは、

聴き手が受ける印象に

ほとんど作用しないのです。

 

 

つまり、会話においては

何を話すかではなく、

どのように話すかが非常に

重要なのです。

 

 

話し相手をきちんと

会話に引き込むためには、

視覚情報と聴覚情報に訴えかける、

ノンバーバル・コミュニケーションが

必要不可欠です。

 

 

コミュニケーション力の高い人が、

ノンバーバル・コミュニケーション

という言葉やその意味自体を

把握・理解しているかはわかりません。

 

 

しかし、どのように話すか、

で聞き手を話題に

引き込んでいることは、

この数字をみれば明らかです。

 

 

では、具体的にどのような話し方が

魅力的な話し方になるのでしょうか。

 

 

その一例を、紹介していきます。

 

 

4-2.表情の変化を豊かにする(視覚情報)

 

やはり表情豊かな人の話は

自然と印象的に残ります。

 

 

特に、感情を込めた言葉には

言葉の強弱以外に、

表情にその気持ちが表れます。

 

 

先ほどの数字にも出ていますが、

視覚情報による印象は、

全体の55%も占めています。

 

 

重要度は非常に高いことがわかりますね。

 

 

相手を会話に引き込みたいなら、

是非とも顔全体を使って

会話をするように心がけてください。

 

 

4-3.身振り手振りを加える(視覚情報)

 

表情の変化と同様に、

身振り手振りを加えれば、

相手の視覚に訴えることができます。

 

 

身近な例をあげれば、

選挙運動では多くの演説者が

自身の訴えを、拳を上げて

前後上下に動かしているのを見かけます。

 

 

彼らは言葉だけでなく、

その仕草で話に

説得力をもたせています。

 

 

他にも、東京オリンピックの招致の際の

プレゼンテーションでは、

アナウンサーの滝川クリステルさんが

お・も・て・な・し

と左手の動作を加え、

日本の魅力を伝えていました。

 

 

会話の際に適切な身振り手振りを

加えることができれば、

聞き手をあなたの会話に

引き込むことができます。

 

 

すぐに実践できないという人は、

身振り手振りの多い人の

スピーチ動画などを

真似することから始めてみましょう。

 

 

4-4.強弱・抑揚・速度・適度な間を意識し会話にメリハリをつける(聴覚情報)

 

コミュニケーション力の高い人は、

強弱・抑揚・速度・言葉と

言葉の間などを意識して

会話にメリハリをつけるのが

非常に上手いです。

 

 

声のトーンに強弱や抑揚をつけ、

聞き手に何が重要なポイントなのかを

はっきりさせる、

話す速度に気をつけて、

聞き手に合わせストレスを感じせない、

会話の内容をきちんと理解(吟味)

してもらうために適度な間を設ける、

など、何を話すかだけでなくて、

どのように話すかだけでも

相手に与える印象を大きく

変えることができます。

 

 

このように視覚情報や、

聴覚情報を普段の

コミュニケーションに加えることで、

聞き手に強く印象を

持たせることができます。

 

 

会話に引き込み、

人よりも質の高い

コミュニケーションを

行うことができます。

 

 

5. 例え話を用いる

 

コミュニケーション力の高い人が

多く用いるコツの1つに、

例え話を用いるというものがあります。

 

 

このテクニックを使う効果は

非常に高いです。

 

 

何故なら、例えを用いることで

ビジョンとして話し手と聞き手が

イメージを共有することができ、

あなたの伝えたいことが

聞き手により明確に伝わるからです。

 

 

しかし、いきなり例え話を

しないといけないとなると、

どのように例えれば良いかわからない、

と戸惑う人は多いでしょう。

 

 

例えを用いるパターンは、

簡単に分けて2種類あります。

 

 

それは、

聞き手の経験から例えることと、

有名な映画やストーリーで

例えることです。

 

 

1つずつ丁寧に解説をしていきます。

 

 

5-1. 聞き手の経験から例える

 

相手の経験から例えることで、

聞き手はイメージを

描きやすくなります。

 

 

その経験に置き換えることで、

話し手の伝えたいことが、

より明確に伝えることができます。

 

 

5-2. 有名な映画やストーリーで例える

 

みんなが知っているような

ストーリーも例え話では

よく使われます。

 

 

そのストーリーを思い出すことで、

聞き手と話し手が

共感をすることができます。

 

 

イメージの共有ができれば、

会話の理解度は

自然と上がっていきます。

 

 

いきなり例え話を用いるのは、

難しく感じるかもしれませんが、

これができるようになると、

想像以上に聞き手はあなたの話に

理解を示してくれるようになります。

 

 

是非自分が使いやすい

例え話を見つけていきましょう。

 

 

話し上手の人は、

聞き手を飽きさせません。

 

 

どのようにして相手に

伝えていくかで、

より効率的に簡易的に、

そして的確になるかを

考えながら話題を

展開していくかを

心がけてください。

 

 

さらには聞き手の表情や仕草、

些細なことに注意を払いながら

動作や変化を加え、

自分の伝えたいことが伝わっているか、

聞き手にはこのアプローチで

間違っていないか、

を確認、判断をしています。

 

 

聞き手に対する配慮を

おろそかにしないようにしてください。

 

 

6. 常にアンテナを張る

 


 

コミュニケーション力の高い人は、

情報の収集力も非常に高いという

特徴があります。

 

 

そして、その情報をうまく使い、

話題の引き出しを利用した

コミュニケーションが

非常に上手いです。

 

 

彼らは皆が知っているようで

知らないような些細な情報が

コミュニケーションを取る上で

大事な役割を果たすことを

よく知っています。

 

 

では、そんな人たちは

どのようにしてアンテナを張り、

情報を得ているのでしょうか。

 

 

簡単に思いつく方法であれば、

 

・読書

・ニュース、ニュースサイト

・新聞

 

などが挙げられます。

 

 

しかし、それだけでは

まだまだ足りません。

 

 

あなたが今からできる

簡単な情報収集の方法は、

イヤフォン(ヘッドフォン)を

しないことです。

 

 

街を見渡スト、多くの人々が

お気に入りの音楽を聴きながら

移動をしたり、

満員電車の中でも少しでも

ストレスを軽減するために

携帯機器などを利用しながら

動画を閲覧したり、

ゲームに熱中したりしています。

 

 

中には、語学や資格の取得のための

時間に充てている人もいます。

 

 

しかし、

本当にコミュニケーション力が

高い人は、

この間にその様なことをしません。

 

 

音楽や映像に気を取られていると、

街に溢れている情報に

気づくことができなくなるからです。

 

 

移動中の退屈な時間の中には、

建設中のビル、広告、看板、

人の会話や世の中のニュース

にもならない、些細な

情報が大量に溢れています。

 

 

コミュニケーション力の高い人は、

そのような皆が気にならない情報、

に対しても敏感です。

 

 

逆に、

コミュニケーション力の低い人は、

そういった情報を耳障りなものとして

シャットアウトしてしまっています。

 

 

もしあなたが、

自分のコミュニケーション力に

問題を感じているのであれば、

1日だけでもイヤフォンを外し、

街に溢れる情報を収集してみてください。

 

 

その些細な情報が、

実は多くの人が見逃している

貴重な情報になるかもしれません。

 

 

7. 好奇心を持ち続ける

 

好奇心を持ち続けることは、

コミュニケーションの場以外においても

非常に大事なことであります。

 

 

しかし、ここでの好奇心は

知識欲・向上心を意味します。

 

 

今この記事を読んでいる

あなたが持っているその好奇心、

つまり知識欲と向上心が、

実はコミュニケーション力を上げる

1番大切なものです。

 

 

誰しもが、生まれ持って

コミュニケーション力が

高いわけではありません。

 

 

得手不得手があったとしても、

それが自然と身についたものでない

とするならば、

コミュニケーション力が

高いとされる人々は必ず

知識欲・向上心を持っています。

 

 

日々の積み重ねがあるからこそ、

コミュニケーション力を

掴むことができます。

 

 

今あなたが興味を

持っているものがあれば、

それは今すぐ調べてみるべきです。

 

 

今の時代、検索エンジンで

わからないことのほうが

少なくなっています。

 

 

その好奇心、知識欲と向上心を

今日、今から大事に

持ち続けてください。

 

 

まとめ

 

ビジネスでのコミュニケーション力を

上げる6つのコツについて

お伝えしてきましたが、

いかがだったでしょうか。

 

・話上手は聞き上手

・話し手に気持ちよく話させる

・聞き手を会話に引き込む

・例え話を用いる

・常にアンテナを張る

・好奇心を持ち続ける

 

今回お話ししたことが、

今日、今から出来る、

コミュニケーション力が

高い人が実践している

6つのコツです。

 

 

今回はいくつかのものを

紹介しましたが、

コミュニケーション力を上げる方法は

他にも無限にあります。

 

 

コミュニケーションは、

様々な方法がありますが、

言い換えれば意志の疎通です。

 

 

そしてそれには相手を

思いやる気持ちが欠かせません。

 

 

コミュニケーション力を

磨いていくことで、

様々なシチュエーションで

その能力は生かされます。

 

 

そしてあなたの人生を

豊かにするための、

大事な役割を果たしていきます。

 

今回紹介した6つ全てを

いきなり実践していくことは

難しいかもしれませんが、

ぜひ1つでも今日、

今から始めてみてください。

 

おすすめの記事