Pickup記事
 皆さんはドンキホーテでせどりをしたことはありますか?

 

ドンキホーテは取り扱っている商品のジャンルが多く、品揃えが豊富、さらに商品が安いことが特徴です。

 

そうであればドンキせどりは簡単なのでは?

 

 

と感じるところですが、「ドンキせどりは難しい」「全然利益商品が見つからない」という声をよく聞くのが現状です。

 

 

ですが、実際に稼げている人もいるのが事実で、見るべきポイントさえ抑えれば簡単に利益商品を見つけることができるんですよね。

 

 

では、ドンキで稼げている人は店内のどこを見てリサーチしているのでしょうか?

 

 

また、どのタイミングで仕入れを行っているのでしょうか?

 

 

今回は、ドンキホーテで取りこぼしのないように見るべき場所や仕入れのタイミングをお伝えしていきます。

未経験者
これからドンキせどりを始めたい

初心者
ドンキに行っても何を見て良いかわからない

中級者
売上をもっと伸ばしたい

 

どのレベルの方でも学びがある記事となっていますのでぜひ最後までご覧ください。

 

  

1.ドンキ仕入れのベストなタイミングは?

 

 

 

基本的に店舗せどりをしていると、店舗ごとにセールやキャンペーンが開催されているところは多いです。

 

 

実際に皆さんもセールの時期やキャンペーンが開催されている時期を狙って仕入れをしますよね?

 

 

ドンキホーテも同じようにセールで安くなるタイミングなどを狙って仕入れます。

 

 

ですので、狙うべき商品よりもまずはどのタイミングで仕入れをするのかをしっかり決めておくようにしましょう。

 

 

また、それぞれの店舗ごとにセールが開催されている期間が異なりますので、訪れる店舗の特徴を理解しておきましょう。

 

 

1-1.年末セール

 

ドンキホーテは激安の商品が多いのが特徴の店舗ですが、年末のセールではさらに安くなります。

 

 

店舗にもよりますが、早ければ大体11月ごろからセールが始まり、年が明けてもまだセールがされている店舗もあります。

 

 

このような時期は消費者の需要が高まる時期でもあり、Amazonでもかなり需要が上がるシーズンになりますので、せどりにはもってこいの時期なんですよね。

 

 

ドンキホーテは特に高額の商品を大幅に値下げされていることが多いので、この時期は必ず足を運ぶようにしましょう。

 

 

1-2.決算セール

 

せどりをやっている方は、決算セールも狙い目の時期であることを理解されている方は多いことでしょう。

 

 

では、ドンキホーテの決算時期はいつかご存じですか?

 

 

ドンキの決算時期は6月になります。

 

 

決算時期は基本的にどこの店舗も同じですが、売れ残りが残らないように商品を値下げして何としてでも売ろうという戦略をとってきます。

 

 

いわゆる投げ売りのような状態になるんですね。

 

 

投げ売りの商品場合、細かい価格設定をされていないため、その商品の相場との差額が大きくなる可能性があります。

 

 

ただでさえ投げ売り状態の商品が多いドンキでは、さらに投げ売り状態の商品が増えますので、より仕入れ対象の商品を見つけやすくなります。

 

 

ですので、ドンキで仕入れる際は以上の時期を意識して仕入れるようにしましょう。

 

 

じゃあそれ以外の時期は仕入れない方がいいのか?

 

 

という疑問がここで浮かんでいる人もいることでしょう。

 

 

そんなことはありません。

 

 

店内のPOPの種類と特徴を攻略することで上記の時期以外でも稼げることができます。

 

 

ドンキホーテにはPOPにいくつか種類があり、POPの種類によって利益商品が見つかる可能性が異なってきます。

 

 

POPの種類については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

2.ドンキ仕入れで絶対見る場所はココ!

 

 

 

ドンキホーテの店内って結構ごちゃごちゃしていて、初めてリサーチをする際はどこから見たらいいのかに悩む人は多いです。

 

 

実際に皆さんが店舗に足を運んだ際に、戸惑うことのないようにどのような場所を見るべきなのかをお伝えしていきます。

 

 

2-1.ショーケース

 

ドンキのせどりはショーケースが狙い目です!

 

 

ショーケースは絶対に見てください

 

 

ではなぜそこまでショーケースが狙い目なのかわかりますか?

 

 

その理由として、店舗せどりはビームを使ってリサーチしますが、ショーケースの中はビームができないんですよね。

 

 

そのため、ドンキせどりをしているライバルが面倒でスルーするしてしまうことが多いため、取りこぼしている可能性が高い場所になります。

 

 

面倒で誰もやりたがらないことを率先してやることで利益商品に出会える確率はぐんと上がります。

 

 

ビームができないため、リサーチが面倒になってしまいますが、少ないライバルの中でやっていくことはせどりでかなり重要になりますので覚えておいてください。

 

 

さらに、ショーケース内の商品は比較的高額の商品が多く並べられているため、大きな利益が出やすいということもあわせて覚えておくようにしましょう。

 

 

2-2.目立ちにくく見えにくい棚

 

ドンキホーテは商品棚が比較的高く、手を伸ばしても届かないところにも商品が並んでいます。

 

 

そのような人目の付きにくいところに思わぬ利益商品が潜んでいる可能性があります。

 

 

手の届かないような高い位置にある商品もそうですが、

 

 

・棚の下などのしゃがまないと見えないような場所

 

・雑に商品が置かれている場所

 

 

以上の場所はライバルも見落としがちでなので必ずチェックしましょう。

 

 

とはいえ、目立ちにくい棚を見るぞ!と意識して店舗に行っても見落としてしまうことは全然ありますので、そのくらい取りこぼしのある場所であることを覚えておいてください。

 

 

3.見るべき視点を変えて攻略しよう!

 

 

 

このように、今回はドンキホーテでの見るべき場所をメインにお伝えしました。

 

 

これまでドンキホーテで稼げなかった人は今回ご紹介したように、店舗で見るべき点などが大きく違ったのではないでしょうか?

 

 

どこの店舗でも同じですが、

 

「ライバルができていない、見落としていそうなところを狙う」

 

以上のことは稼ぐためには絶対条件です!

 

ドンキホーテは狙う場所を決めていなければ難しいことは確かです。

 

ですが、今回お伝えしたように狙うべき点を決めて実践すれば稼げるようになるでしょう。

 

ぜひ今回の内容を意識してドンキホーテに足を運んでみてください。

おすすめの記事