Pickup記事

ドラッグストアせどりについて解説します。

 

ドラッグストアせどりは資金がない方に最適な方法となっています。

 

低単価×高利益率×高回転

となっていて、お金を回せば増えていく手法です。

ドラッグストアせどりとは

 

ドラッグストアせどりとはその名の通りドラッグストアで仕入れて転売する手法です。

 

ドラッグストアは各地域に様々な店舗があります。

ツルハドラッグ

ウェルシア

スギ薬局

マツモトキヨシ

サンドラッグ

ココカラファイン

etc...

 

地域限定から全国展開まで多数あります。

 

 

ドラッグストアの売上高ランキングは以下のようになっています。

ドラッグストアには以下の商品が売っています。

 

・ダイエット食品

・洗剤、柔軟剤

・シャンプー、トリートメント

・サプリ

・化粧品各種

・育毛剤、ヘアケア

・避妊具

・家電やホーム&キッチン商品

 

もともと低単価商品ですが、

廃盤時にはさらに値下げされると同時にAmazonでは価格が高騰します。

 

これがドラッグストアせどりの差益に部分にあたります。

 

生活必需品が多いので、リピートで買われる商品も多く

大量に仕入れておけば長期間利益を出し続けてくれる商品もあります。

 

普段使っている商品をそうコロコロ変えたりしませんよね?

 

廃盤になった商品を大量に仕入れればその商品のファンが

在庫がなくなるまで買ってくれるのです。

 

そういった生活必需品を中心に扱うのがドラッグストアせどりです。

 

 

ドラッグストアせどりのメリット

 

ドラッグストアせどりのメリットですが、非常に多くのメリットがあります。

 

・リピート販売率が非常に高い

・回転率の高い商品が多い

・メインで稼げるポテンシャル

・商品が小さい

・利益率が高く低資金でもできる

 

詳しく解説していきます。

 

・リピート販売率が非常に高い

まず、何といってもリピート率が非常に高いです。

普段自分がお気に入りで使っているシャンプーや洗剤がなくなったら困りますよね。

誰にでも普段使っているお気に入りの使い心地や匂いの商品があります。

 

ですがこういった商品は時に廃盤になったり、

デザインや内容がリニューアルしたりします。

 

それでも愛用者はなかなか銘柄を変えたりしませんから、

廃盤商品を大量に仕入れると仕入れ値以上の価格で延々と売れるのです。

 

単価も安いので仕入れる側も大量に買いやすく、

人気商品は在庫を少々抱えても良いでしょう。(売れるのであれば)

 

 

・回転率の高い商品が多い

ドラッグストアせどりで扱う商品は消耗品が多く回転率が高いです。

1つ1つの利益はそれほど高くないのですが、

それをカバーできる回転率がドラッグストアせどりのメリットです。

・メインで稼げるポテンシャルがある

 

ドラッグストアせどりで扱う商品は生活必需品がメインです。

そのため、需要は絶対に無くなりません。

 

しかも毎年新商品が発売されていて、市場も拡大傾向です。

 

新商品が毎年出るということは廃盤商品も多数出るということです。

 

ドラッグストアせどりは今後も長期的な利益が見込めるジャンルです。

 

このジャンルだけでも生活しているせどらーも非常に多いです。

 

 

・商品が小さい

もう一つのメリットとして商品のサイズが小さいことです。

FBAに送るときもたくさんの商品を一気に送ることができます。

 

どちらにしてもメリットしかありません。

 

・利益率が高く低資金でもできる

 

ドラッグストアの商品は1商品の粗利も少ないですが、

仕入れ単価も安いのが魅力の一つです。

300円で仕入れて1100円くらいで販売といったような販売スタイルになります。

 

利益率も優秀で20%以上を安定的に維持できます。

 

初心者の方や資金不足の方は、

失敗してもあまりダメージのない低資金の仕入れから始めていくと良いでしょう。

ドラッグストアせどりのデメリット

 

続いてドラッグストアせどりのデメリットです。

 

・アマゾン販売のハードルが高い

・管理も厳しい

・メーカーからのクレームが入る可能性がある

 

こちらも一つずつ解説していきます。

 

・アマゾン販売のハードルが高い

まず、一番のデメリットがこの販売のハードルです。

 

ドラッグストアで仕入れる商品の主力が

「食品」「ドラッグストア」「ビューティー」

というカテゴリーの商品なのですが、

これらをアマゾンで販売するためには出品規制の解除申請をしないといけません。

 

1つのカテゴリーでも苦労しますが、3つとなるとかなり苦労します。

 

ですがこのカテゴリーの申請解除をしないと

ドラッグストアせどりで稼ぐことは難しいです。

 

この出品解除申請がドラッグストアせどりの最大のデメリットです。

 

 

・管理も厳しい

食品は賞味期限がありますし、化粧品関係も直接肌につけたりするものなので、

商品管理をきちんと行わないといけません。

 

FBAに送る場合は要期限管理商品の申請も必要です。

 

全体的に管理にシビアな商品が多く、神経を使います。

 

 

・メーカーからのクレームが入る可能性がある

 

そして最後に、サプリなどの商品に多いのですが、

一部のメーカーの商品は転売しているとメーカーからクレームが入る場合があります。

「弊社はあなたの販売を許可していないので取り下げてください。」

と趣旨のクレームです。

 

無理して販売を続けるとアカウント停止といった措置を取られる可能性もありますので、

素直に取り下げましょう。

 

販売できなくなった商品はメルカリで販売すれば問題ありません。

 

 

■ドラッグストアせどりの仕入れ先

ドラッグストアせどりの仕入れ先は街のいたるところにある薬局、ドラッグストアです。

特にチェーンのドラッグストアはセールをやっていることもあり、

仕入れはしやすいでしょう。

 

ドン・キホーテのドラッグコーナーでも仕入れが可能です。

他にもヤマダ電機やホームセンター、イオンでも仕入れることはできますし、

ヤフオクやメルカリなどでも仕入れることができます。

 

 

■ドラッグストアせどりの販売先

当然最優先に販売するのはAmazonになりますが、

 

販売の販路は複数持っておいてください。

 

メーカーからの警告がくる商品はほぼわかりますが、

それでも日々規制も強化されたりで、

今まで問題なく販売できたのに無理になることも考えられます。

 

そういったときにヤフオクやメルカリで売りさばくことも必要になります。

 

 

 

■ドラッグストアせどりの注意点

ドラッグストアせどりの注意点はデメリットでも書きましたが、

サプリや化粧品などは取り下げ依頼などのクレームがメーカーからくる場合があります。

 

ドラッグストアせどりの重要なポイントなので詳しく書いていきます。

 

なぜメーカーがクレームをいれてくるのかという理由ですが、

・知的財産権侵害

・真贋調査

・定価販売要請

この3つが主な理由です。

 

要するに

「弊社の商品を勝手に使って利益を出している」

「本当に弊社の正式な商品なのか」

「不当な価格で販売して当社の利益を逸失させている」

という意味です。

 

会社にとっては死活問題なのでクレーム自体はある意味当然と言えます。

 

このクレームが来るとすぐにアカウント停止することはありませんが、

対応しないとAmazonカスタマーに連絡が入り結果として

アカウントが停止されてしまいます。

 

なのでクレームがきた場合はすぐに謝罪し、SKUごと削除しましょう。

 

 

その際、代理店契約の要請をすることもできますので、

覚えておいてください。

 

 

 

クレームが来るメーカーや商品は多岐に渡りますが、簡単な見分け方としては

・Amazonで公式が出品している商品は避ける

・モノレートで出品者が急激に減って、出品者が0~1名になっている

これが一番の判断材料になります。

 

 

 

何にしてもこのクレーム対応というのはドラッグストア、

ビューティーカテゴリーにはつきものなので、うまくかわすようにしたいところです。

 

※原則としてドラッグストア店舗での仕入れた商品は警告はくることはほぼないです。

ヤフオクなどに売っているサプリ系に多いです。

■ドラッグストアせどりの具体的な仕入れアイテム

ではここから具体的な仕入れに入っていきましょう。

 

 

特に香りが変わる、無くなるといった商品は鉄板商品です。

愛用していた香りから新しい香りの商品に移行したくない人はたくさんいます。

 

 

フレアフレグランス、スイート&スパイスという香りです。

この香りは廃盤になってしまい、現在は違う香りが発売されています。

 

服の消臭剤というのは毎日使います。

そして香りはその人が気に入って使っているものです。

 

それがなくなるとしたら困りますよね。

月に1個か2個程度のものなので、多少高くても買うか、となるわけです。

 

仕入れ値はドラッグストアのワゴンセールで1個298円くらいで大量に売っていました。

 

香り系の廃盤商品は鉄板です。

しかも消臭剤なら消費期限もありませんので、仕入れには最適です。

 

基本的にはワゴンに廃盤商品などが集められますが、通常棚にも処分品として

置かれていることもあるので確認しましょう。

今回は終売をメインに書きましたが、もちろん通常セール品でも構いません。

終売品に比べて薄利多売になってしまいますが、

在庫を抱えてしまうといったリスクは小さいのでどんどん知れていきましょう。

 

■ドラッグストアリサーチ編

 

前述しましたがドラッグストアを中心に仕入れを行い

それを糧に生活しているせどらーは、数多くいます。

 

この章では、

ドラッグストアを極めていく人のためにどのようにして

ドラッグストアのレベルを上げていけばいいのかを記載していきます。

 

 

■ドラッグストア、目利きの極め方

 

順を追って説明していきます。

 

①ワゴンから抜く。

 

ドラッグストアの基本中の基本になります。

ドラッグストアせどりで生活の半分を担っているといっても過言ではありません。

ワゴン商品というのは、ほぼ全てが廃盤商品で大体半額商品から仕入れすることが可能です。

ドラッグストアが半額にしてまで売るには、2つの理由があります。

 

① 運営していくために赤字でも売り切ってキャッシュフローをよくする。

② 新商品が出たため廃盤商品を処分し新商品の置き場を確保する。

 

という理由があります。なので、ワゴン商品を仕入れることに後ろめたさを持つ必要は、

一切ありません。

 

ワゴン商品を仕入れすることでお店に①と②の両方のメリットを与えられることが出来ます。

 

お店側からしたら①赤字商品が現金化できる②新商品の置き場を確保できる。

ので本当は非常にありがたい存在になっています。自信を持って仕入れをしましょう。

 

ワゴン商品をリサーチするときに気を付けないといけないことが一つあります。

それは、抜けると分かったそのワゴンは、全てビームを打ちリサーチする必要があるということです。

10商品なら10商品。100商品なら100商品すべて打って利益を逃さないようにしましょう。

 

 

こういうワゴンがあった場合、皆さんは、どのくらい打ちますでしょうか?

僕は、全種類漏れなく打ちます。いわゆる全頭検索ですね。

 

ちなみにこの後ろにも見切り品がたくさん入ったオリコンがあり

1時間ほどリサーチして5万円見込みで抜けました。

 

並みのせどらーなら5割~7割ぐらいしか見ないと思いますが全頭検索するだけで差別化図れますので熱いワゴンがあれば必ず全頭して他ライバルと差別化を図りましょう。

 

 

【集約店舗の存在】

 上の写真をもう一度見てください。

 

なにか気づくことはございますでしょうか?

 

これ、実はスギ薬局の見切り品が大集合する集約店舗なのです。

 

集約店舗とは?

集約店舗というのは、チェーン店などで、

近隣なん店舗かの処分在庫をひとつの店舗に集約してワゴン販売する、

文字通り見切り商品が集約される店舗のことです。

 

こういう店舗は、ワゴンが充実してることが多く、やはり仕入れやすいといえます。

 

集約店舗の特徴として以下が当てはまります。

 

・見切り在庫を大量に捌ける店舗

・捌くためのスペースがある。→大型店舗

・エリアごとに1店舗か2店舗あります。

 

集約店舗は、一度見つけると一定期間で在庫が増えるので

定期的に通える店となります。なので、この集約店舗らしき店舗を見つけるとガッツポーズしてよし。

 

そのまま全頭へと進みましょう。そして、そのお店の店長を探し声をかけてみましょう。

 

意外な情報を教えてもらえたり裏の処分に困っている在庫を見せてくれるかも?

 

【店長とつながる会話例】

 

例えばこんな感じの会話です。

 

 お店に入ったら店長っぽい人を探してます。

 

繰り返しになりますが前提として

僕たちの存在は、お店側からみたらメリットがあるということです。

 

・不良在庫の売り切り処分

・ワゴンスペースの確保

・売上があがる

などです。

 

こういう前提があるので僕は、お店のお手伝いをしている気分で次の問答をしたりしています。

 

まず、ワゴン内商品が安い場合

 

自分 「このワゴンすごく安いですね。利益出てるんですか?」

 

店長 「いえ、これもう全部赤字で出してるんですよ。棚替えのために仕方なく出してるんです。」

 

自分 「こういうの買うの好きなんですがもっとあったりしますか?」

 

調子の良い店長さんなら

 

店長 「倉庫にまだありますよ。見ていきますか?ってなります。」

 

8割ぐらいは、「今出てるだけですね」と返答がきます。

 

こう返答が来た時は、ここで業者ばらしをします。

 

自分 「あ、そうなんですか。

実は、僕ネットで販売してましてこの値段だったら在庫処分のお手伝い出来ると思うんですけど今度、もし棚替えなどで商品溜まりましたらご連絡いただいてもいいですか?と自分の名刺を渡し連絡をもらえるようにします。

 

一連の流れのパターンは、数パターンしかないので店員さんや店長さんとの会話の数を増やすようにしています。

 

倉庫から出してくれるところ意外と多いですし集約店舗の所在を尋ねたら

教えてくれる店長さんも何人かいました^ ^

 

ドラッグストアなら男の人が9割5分店長さんです。

 

ある程度風格があって最後名札で確認しています。

 

店長がいなくてもこの間は、店員さんに在庫聞いたら裏から見切り品を

出してくれた人がいました。

 

見切り処分が出来たとその店員さんは大喜びでまた、来てくださいと言ってくれました。

 

このようにドラッグストアでも人とつながる会話、人とつながる工夫を日々していく必要があります。

 

【リサーチ基準】

 

 ドラッグストアのリサーチは、種類が多いこともあり瞬時に仕入れる仕入れないを見極める必要があります。

 

ドラッグストアのワゴン商品は、単価が低くお店側の赤字商品の為基本群がりにくい性質があります。

ドンキなどは、多数の店舗で大量に同じ在庫を抱えていることから厳選に厳選を重ねた仕入れが必要です。

一方、ドラッグストアの商品は、そのお店が独自に放出する一点もの商品であることが多いです。

 

なのでとても利益の残しやすい商品群であるといえます。

 

 

 

【ドラッグストアの格付け(抜ける店舗、抜けない店舗)】

 

ドラッグストア格付け

 

1番ワゴン熱いのがコクミン

 

次いでウエルシア。

 

スギ薬局は、コンスタントに取れるイメージ。

(通常棚にある商品でも抜ける商品が多い)

 

狙い目店舗

ココカラ、ライフォート、せがみ、マツモトキヨシ、ツルハ。

(ワゴン、通常棚ともに要注目!)

 

値札に特徴はないが廃盤商品が多い店舗

サンドラッグ、シグマ。

 

全然ダメなのが

キリン堂系列、サーバ、アイン、オーエスドラッグ、コスモス、クスリのヒグチ、アカカベ、ダイコク、ゴダイetc。

 

このように抜けない店舗の方が圧倒的に多いです。

抜けない店舗を数多く把握し抜ける店舗ばかりを増やしていくこれが自分の時給を上げる方法です。

 

リサーチ中級編 通常棚から抜く

ドラッグストアを始めたころは、ワゴン周りでも構いません。

 

ですが、そのうちに頭打ちが来ます。なぜならワゴンというのは、

非常に分かりやすく他のライバルもすぐに見つけ仕入れすることができるからです。

 

中には、ワゴンせどらーなんかもいて1日に10店~20店もワゴンばかり回る強者もいます。

 

そんなワゴンせどらーを出し抜くための方法を記載しようと思います。

 

【通常棚を目で全頭!】

 

まず、

ドラッグストアのワゴン商品は、以下の3種類に分けられます。

 

① ワゴン型

 

② ワゴン点在型

 

③ 通常棚に埋め込み型

 

この③を絶対に見逃したくないんです。

 

 通常棚を目で全頭しなきゃならない理由の一つは、

こういう埋もれてる割引き品を見つけることにあります。(写真→ウエルシア)

 

 

 

こういうのは、ぼこぼこ抜けて楽しいです。ワゴンばかり見ていたら見逃してしまうポイントといえますね。

 

 

 

 

こんな感じになりました。この時は、他にも商品あって30分で約1万円ほど利益ゲットです。

 

ここで、この半額品の商品群を見つけたら次の行動に繋げる派生させます。

 

①スタート地点に戻り店内隈なく見る。

 

② このお店の他の店舗も値引き品が増えているのではないか?と推測し他店舗を視察。

 

③ 季節の変わり目で見切り品が増えているのではないか?推察し他ドラッグストアを回ってみる。

 

こういう推測、派生をすることで常に仕入れができる状態へと持っていくことが出来ます。

 

ドラッグストア 上級編 目利きで抜く

初級者→ワゴン、中級者→通常棚となれば上級者は、目利きです。

 

目利きで抜けるようになればドラッグストアの仕入れは、大分安定します。

ただ、このスキルを身に着けるには、練習と経験を要します。(番外編に練習の仕方を記載)

 

目利きのコツを一言でいうと「廃盤商品の相場を覚える」です。

 

写真で説明します。

 

 

 

 

こういった棚の場合どの商品を打ちますでしょうか?

イオン行ったことある方ならわかると思いますが打つのは、もちろんプライスダウンの札です。

 

ただ、商品の相場を覚えていると例え、この商品が白札であっても目利きで抜くことができ、利益の底上げにつながります。

 

 

これのAmazon相場は、大体2000円~2500円ほどです。

なので1000円~1300円ほどで店頭で見かけると白札でも必ず見るようにしています。

 

 

 

 

回転も申し分なく1ヵ月ほどで10セット売れました。

このように廃盤商品を覚えること、商品相場を覚えることは、

ダイレクトに利益につながるので商品相場を覚えることは、オススメです!

 

この章の最後に目利きで抜いて利益につなげた商品の一部を公開しようと思います。参考にどうぞ。

 

 

ギャツビーの商品の置いてある棚でした。

ギャツビーは、どこの薬局でも置いてあるメーカーなのにこの形の瓶は、見たことありませんでした

。なので反応することが出来ました。セールやってて30%引きで約1万円の利益でしっかり売りぬくこともできました。

 

 

 

 

 

 

これは、今まで見たことなかったので打ちました。

見たことない商品や見た目がカッコいい、高そうな商品などは、必ずビーム打つようにしています。

 

 

 

これは、定番のBANですね。BANのスプレーは、黒、緑、ピンク、全種類プレってますので抜けることが多いです。

こういうのを廃盤プレ値といいます。

 

 

いかがだったでしょうか?

全て白札でも廃盤商品や廃盤プレ値商品を覚えることで利益の底上げが出来ることがわかっていただけたでしょうか?

目利きが出来るようになればドラッグストアだけでなくイオンやドンキ、ヤマダ電機でも抜くことが出来るようになってきます。では、どのように目利きのレベルを上げていくことが出来るのか?最後の章は、ドラッグストアの目利きの極め方です。

 

 

【ドラッグストア、目利きの極め方】

 

ドラッグストアで目利きを極める方法は、3つあります。

 

① ドラッグストアの商品を常に目で全頭

② ヤマダ電機で日用品コーナーのEを全頭

③ ヤマダ、ドラッグストア、ドンキとミックスさせて商品の相場を覚えていく。

 

目利きで大切なことは、商品の相場を覚えることと商品の顔を覚えることです。

 

順に説明していきます。

 

① ヤマダ電機で日用品コーナーのEを全頭

これが、商品の相場を覚えるスタート地点ですね。ヤマダ電機のEは、廃盤のマークです。

Eを全頭することで相場と商品の顔の両方が頭に入ります。例えば、ヤマダの日用品コーナーのEにあった商品がドラッグストアで見かけたとなればその商品ビーム打つことが出来ますね。ヤマダ電機のドラッグストアコーナーのEを何店舗も全頭してみましょう。商品抜けるついでに廃盤も覚えられるので一石二鳥でオススメです。

 

② ドラッグストアの商品を常に目で全頭

これをすることで大体の価格帯と商品の顔が頭に入ります。例えば、レノアハピネスという商品がA店では、600円だったのにB店では、300円だった場合。B店の300円に反応できるようになればオッケーです。やっていることは、主婦と同じですね。ですが、僕たちは、プロなので主婦以上に自分の扱う商品の相場を頭に入れていきましょう。

 

③ ヤマダ、ドラッグストア、ドンキとミックスさせて商品の相場を覚えていく。

① ヤマダ電機で廃盤を覚えた。②ドラッグストアで顔を覚えた。となると最後は、仕入れ先を混ぜ混ぜします。ヤマダで抜いた商品がドラッグストアにないか?ドラッグストアで抜いた商品がドンキにないか?ドンキで抜いた商品が他店舗にないか?常に探して回ります。

すると、通常棚を見ているときにあれ?これなんか安くないか?と違和感を感じたり。

これ、ヤマダの廃盤であった商品だ。抜けた!ほかの商品も見てみようと全頭への糸口がつかめたりします。ワゴンせどらーには、絶対負けない戦い方は、やはりこの商品の相場を覚えることと商品の顔を覚えることになります。少しずつマスターしていきましょう。

 

 

おすすめの記事