Pickup記事

せどり外注化

 

 

外注化はその名の通り、自分が今やっている業務の一部、もしくは

全てをほかの人に代行してもらうことです。

 

どんな事業でも、一人でやり続けるのには限界があります。

 

利益も頭打ちになります。

体力的にもしんどくなります。

先が見えません。

 

「もっと稼ぎたいなあ…」

「もう少し負担を減らしたいな…」

「もっと仕入れに力を入れたいな…」

「利益も出てきたし法人化したいな…」

「不労所得化したいな…」

 

こんなような事で悩みだしたら外注化を検討しましょう。

本当は悩みだす前に準備しておくのが一番なんですが…

 

とにかく、今後もっと稼ぎたいとか、

楽して稼げる仕組みを作りたいなら外注化は必要不可欠です。

 

本記事では、せどりの外注化における必要性やメリット、デメリットを解説します。

 

■外注化の必要性

 

せどりの作業というのは

・お金になる作業

・お金にならない作業

の2種類があります。

 

仕入れと販売はお金になりますね。

ですが、梱包や商品登録はお金になりません。

 

仕入れで時給5000円得たとしても

商品登録を同じ時間かけてしまうとトータルでは時給2500円です。

 

しかしもし商品登録を外注化して仕入れだけに集中できるとしたらどうでしょうか。

時給は5000円です。

それを可能にするのが外注化です。

 

確かに経費は掛かりますが、

生産性の低い単純作業をほかの人にやってもらうことによって

かかった経費以上の利益を生み出せる作業に集中できます。

1円にもならない梱包作業を時給1000円で他の人にやってもらって、

自分は空いた時間を時給5000円以上を生み出せる仕入れに集中する。

 

するとどうでしょう。

経費が掛かっているにも関わらず、それ以上の利益を生み出すことが可能なんです。

 

外注化の最終目標は「自分の分身を作り出すこと」にあります。

極端な話、自分と同じ作業ができる管理者を一人育て上げることができれば、

2人でせどりをやれます。

すると単純計算で一人でやっていた時の倍の売り上げを出すことができます。

 

それを3人4人と増やしていくことによって、

売り上げはひとりでやっているときの10倍にも20倍にもなるかもしれません。

 

その規模になれば自分は事業から脱出して、

全体を総括する社長になってもいいですし、

それすら任せて完全不労所得生活に入ってもいいでしょう。

 

せどりで大成功を収めたいと考えているなら、外注化は必須です。

 

 

■外注化できる作業

 

せどりで外注化できる作業は大きく分けて以下の4つです。

・店舗仕入れスタッフ

・電脳仕入れスタッフ

・検品スタッフ

・電話スタッフ

 

簡単に各作業の特徴を見ていきましょう。

 

・店舗仕入れスタッフ

まず、店舗仕入れスタッフです。

これはその名の通り店舗を回って仕入れを行う作業で、

外注化の中でも重要なポジションです。

 

この仕入れスタッフの働きで売り上げが決まってしまいます。

 

この作業はまさしくあなたの分身と呼べる働きをすることになります。

フットワーク、対応力や柔軟性、判断力といった幅広いスキルが求められるため、

教育にも非常に時間がかかりますが、いずれ絶対に必要になるスタッフです。

 

またクレジットや現金、商品などを任せることになるので、

一番信頼できるスタッフに早いうちからじっくりと

ノウハウを教え込んでいった方がいいでしょう。

 

・電脳仕入れスタッフ

パソコンで利益の出る商品を探し、買い付けるスタッフです。

外出せずに自宅や事務所で作業が完結するので店舗仕入れスタッフと違って

スタッフの都合に合わせて柔軟に働いてもらうことが可能です。

 

また、ノウハウをしっかりと伝えることができれば近所の方でなくても問題ありません。

条件に合う人を日本中から探し出してきて在宅で働いてもらうことも可能です。

 

パソコンスキルがある程度あれば十分ですし、

判断に迷った時もすぐに連絡をすることができます。

 

店舗仕入れスタッフに比べて難易度は下がります。

 

とはいえ、こちらもやはりお金に関わる作業です。

利益に直結するポジションであることには変わりはないので人選は慎重に行いましょう。

 

・検品スタッフ

仕入れスタッフが仕入れてきた商品に不備がないかチェックをします。

問題がなければFBA納品手続きをパソコンで行い、

納品ラベルの作成、商品の梱包と発送を行います。

 

商品の品質に関わる業務で、

ここで不良を見落とすとクレームにつながる可能性もあるため、

しっかりと品質チェックができる方がいいでしょう。

 

覚えてしまえば難しくないですが、

複雑な手続きやパソコン操作があるので、最低限のパソコンスキルも必要です。

 

とはいえ、せどりの作業の中では比較的難易度が低いので、

一番最初に外注化を進める作業としておすすめです。

 

 

・電話スタッフ

実店舗に直接電話をかけて、在庫の確認や商品の予約、

取り置き商品の依頼といった作業をしてもらうスタッフです。

 

人と話すことがメインになるため、

電話に慣れているコミュニケーションスキルの高い人がいいでしょう。

 

また、空いた時間はリストの作成などの事務作業も任せることがあるため、

excelなどに慣れているとより作業が捗ります。

 

 

■外注化のメリット

外注化のメリットは主に以下の3つです。

 

・会社の規模を大きくすることができる

・現場作業から抜け出すことができる

・楽になる

 

まず、単純に労働人口が多くなるので売り上げが増えます。

会社の規模をどんどん大きくすることができます。

一人では超えられなかった売り上げの壁を超えることが可能になります。

 

もちろん利益を出すためにはきちんとした教育が必須ですが、

もし何人もの自分の分身を育てることができるようになれば

年商数千万~1億円以上も不可能ではありません。

 

次に、何人か外注スタッフを雇うと現場作業から抜け出すことができます。

例え一人でもスタッフがいれば少なくともその時間分の自由時間ができます。

その自由時間で仕入れをして利益を伸ばしてもいいですし、

もっと大きな視点で管理業務に力を入れてもいいでしょう。

 

やがて管理者と数人のスタッフが育てば、

完全に現場業務から抜け出して、自動的に収入を得ることも可能になります。

 

時間が空くということは肉体的には楽になります。

肉体的に楽になるということはそれだけ余力を残して別の作業を行えるということです。

 

毎日作業でくたくたになった後の経理は非常に辛いです。

しかし余力を残していれば経理も集中してできますし、

疲れによるミスもなくなるでしょう。

 

 

■外注化のデメリット

 

外注化には当然デメリットもあります。

 

・経費が掛かる

・手間と時間がかかる

・責任がのしかかる

 

まず経費が掛かります。

自分ひとりでせどりをしている時と違って、

利益が出ていようが出ていまいが給料は発生します。

 

つまり外注を雇う以上は、絶対に利益を上げないといけないのです。

 

でなければ時間の経過とともに経費だけが出ていき、赤字になってしまいます。

 

自分ひとりならただ働きで済みますが、人を雇う以上そうはいきません。

この経費の問題で外注化に迷っている方は多いでしょう。

 

 

次に、経費もかかりますが、時間と手間、労力がかかります。

人に何かを教えるというのは非常に大変です。

自分と同じ作業ができるようになるまで長い時間がかかります。

教えるという行為はストレスもかかりますし体力も消費します。

 

それでいて、やり方を間違えると教えた人が辞めてしまいます。

教育コストすべてが無駄になる可能性があります。

時間をかけた分だけ報われるとは限らない、というリスクがあります。

 

 

最後はお金を払う側になる以上、スタッフさんの生活の保障をしなければいけません。

つまり雇用主としてそのスタッフさんが安心してお金を稼げる環境を

提供する義務があります。

 

大げさに言えば人の人生を左右する立場になるということです。

 

スタッフさんのためにも必ず事業は継続させなければいけません。

 

その重圧たるや、非常に大きいものです。

直接責任がのしかかる立場なのです。

 

このプレッシャーも外注化する際のデメリットです。

 

とはいえ、これらのデメリットを受け入れ、

リスクを取らないと事業を大きくさせることはできません。

 

リスクやデメリットを恐れるのではなく、

正しく理解して慎重に事業を大きくしていけばいいのです。

 

 

■外注スタッフはどこで募集する?

 

外注スタッフは以下の3つの方法で探すのが一般的です。

・身の回りで探す

・求人情報誌、求人情報サイト

・クラウドソーシングサイト

 

何といっても身の回りの知人や友人に協力してもらうのが一番でしょう。

家族がいれば家族が一番です。

 

信用という点では一番ですし、

長い付き合いだからこそその人のスキルやスペックもわかります。

 

一緒にやっていくという点ではこれ以上の人選はありません。

 

探すのに費用も掛かりません。

 

唯一の難点はせどりという仕事を理解してもらうことでしょうか。

個人的にせどりに対して好意的な反応をする方というのは少数です。

 

一部の悪質な転売屋によってマナーの悪い転売行為がニュースになっていります。

そのせいで

「せどり=良いイメージがない」

という認識はまだまだ根強いようです。

 

誘う場合はしっかりとこの点を説明する必要があります。

 

 

次に求人情報誌や求人サイトで募集をかける事です。

数万円程度の経費はかかりますが、近所で条件のいい人が探せます。

履歴書などでスキルなども把握しやすいです。

 

住所や顔も把握できるので、最低限の安心感はあります。

一番現実的な方法です。

 

 

最後はクラウドソーシングです。

登録して条件を提示すればすぐに反応が返ってきます。

非常の多くの人が利用しており、とにかく人を探したいという方にはぴったりです。

 

その反面、相手の素性は分かりませんし、近くに住んでいるとも限りません。

スキルだってどの程度のものか曖昧になりがちです。

 

要するに一言でいえば

「あたり外れが大きい」

のです。

 

単発の作業や簡単な作業で利用する分にはいいですが、

クラウドソーシングで事業の中核をなすスタッフを集める方法はあまりお勧めできません。

 

 

■外注化の際に注意する事

最後に外注化にあたって気を付ける点をまとめました。

 

・目的、計画性をもってやる

・報酬は高くしすぎない

・厳しく教えすぎない

・コミュニケーションをとる

・それでも辞める人は辞める

 

外注化は楽をするためだけに行うわけではありません。

また、ちゃんと利益を出す見通しを立ててからでないと赤字になるだけです。

 

何のために外注化するのか

外注化して大丈夫か

ちゃんとこの2点を考えましょう。

 

なお、赤字にさえならなければ利益が出なくても外注化する価値はあります。

外注化した結果利益がゼロでも、あなたの時間は確実に空くわけです。

その空いた時間で今後利益を生み出せばいいので、

とにかく赤字にさえならなければOKです。

 

次に報酬です。

この報酬は地域によって全く違ってきます。

都市部で時給1000円は低いですが、地方で時給1000円は高いです。

 

そのため、自分の地域の最低賃金や周りの企業の時給を見ながら判断するのですが、

高く設定しないようにしましょう。

 

安く抑えろ、ではありません。

低く抑えようとすれば優秀な人材は来ません。

 

高くしてはいけない、です。

 

給料というものは一度決めたらその人によほど問題がない限り

後から下げることはできません。

 

そんなことをすればモチベーションが下がって辞められてしまいます。

 

最初に提示した給料から絶対に下げることが無いように

報酬に関してはしっかりと考えましょう。

 

そして教えるときはしっかりと。

だけど厳しくしすぎてはいけません。

また、結果を求めすぎてもいけません。

 

最終的にあなたの分身を作ることが目的と言いましたが、

あなたはあなた、スタッフはスタッフ。

全く違う人間です。

あなた以上にできることもあればあなたほどできないこともあります。

 

そこの違いを認めて、必要以上に期待してはいけません。

 

厳しくしすぎたり、期待しすぎてしまえばその人は辞めてしまうでしょう。

 

厳しくするなら、それ以上に普段からコミュニケーションを取って

相手との信頼関係を築いておきましょう。

 

そして最後に。

それでも辞める人は辞めます。

5人中5人辞めてしまうのはあなたの教育方針に問題があると思いますが、

5人中2人くらい辞めてしまったとしても不思議な事ではありません。

 

どんなに気を使っても辞める人は辞めます。

 

必要以上に気にしないようにしてください。

 

 

■まとめ

いかがだったでしょうか。

外注化というのは本当に難しいものです。

リスクもあります。

正解もありません。

 

やってみて最終的にうまくいったかどうかで正解がわかります。

 

そんな外注化ですが、成し遂げてしまえばリターンも非常に大きいです。

 

今後事業を大きくして法人化したいとか、

利益をもっと大きくしたいなら外注化は必須です。

 

どんな大企業もはじめは一人や数人からスタートしています。

 

それを外注化したり、人を雇ったりして徐々に数千、数万の会社になっていったのです。

あなたの事業も、外注化を見据えることによって

将来的には大きな事業になるかもしれません。

 

外注化しなければ絶対に事業は大きくなりません。

 

まずはできることから一歩ずつ、外注化を進めてみて下さい。

おすすめの記事