Pickup記事

 

 

最近、楽天のCMで耳にするようになった『SPU』。

楽天で電脳せどりをするのにあたって、

重要な要素となりつつあります。

 

 

概要

 

SPUとはそもそも何でしょうか。

 

 

SPUは、スバリ、

 

『楽天スーパーポイントアッププログラム』

 

の略称です。

 

 

Rakuten Super Point Up Program

のイニシャルをとったものになります。

 

 

RSPUPと以前は呼ばれていましたが、

長くて分かりづらい5文字より

馴染みやすい3文字のSPUを広めようという意図があります。

 

 

せどらーや、楽天をよく利用する人の間では

徐々に浸透してきています。

 

 

SPUはその名の通り、

楽天でポイントが貯まりやすくなるシステムなのですが、

その詳細は次の項でお話しします。

 

 

SPUを何もしていない時とフル活用した時の違い

 

まず先にお伝えしておきたいのが、

SPUの仕組みを理解して、攻略ができれば

楽天市場での買物は常にポイントが最大15倍となります。

 

 

これ、ピンとこない人も多いかもしれませんが、

知っていると知っていないとではとんでもない違いになります。

 

 

楽天の通常のポイントは、

楽天市場で買い物をすると1倍、

つまり商品に対して1%のポイントが付きます。

 

例えば、

合計10万円の商品を購入する時に、

ポイントが通常で1 倍だったとき、

 

100,000×0.01(1%) = 1,000ポイント

 

これだけしか付きませんが、

この10万円の商品が全て15%だった場合、

 

100,000 × 0.15(15%) = 15,000ポイント

 

 

差額

15,000 – 1,000 = 14,000ポイント

 

 

10万円の商品を購入したとすると、

1%と15%でこれだけの違いが出てきます。

 

 

もう一つ、商品を通して例を出します。

例えば楽天市場で以下の冷蔵庫を買ったとします。

 

 

このとき、

SPUを最大活用(15倍)だった場合

 

23,346 × 0.15(15%) = 3,502ポイント

 

 

SPUが1倍の場合 

 

23,346 × 0.01(1%) = 203ポイント

 

差額を計算すると

3,502 – 203 = 3299ポイント

 

※小数点以下は切り捨てられます。

 

 

と、ポイント取得に3,000ポイント以上の差が生まれます。

 

 

ただ楽天で普通に買い物をしただけでは、

1%しかポイントはつかないので

 

 

15倍というポイント還元を利用しないのは

非常にもったいないです。

 

 

更に7月1日からは

15倍が16倍になります。

 

 

今回は約3,300円相当の差となりましたが

せどりをする人であれば年間で必ず

もっと多くの金額で仕入れをすることになります。

 

 

年間100万円仕入れすれば15万ポイント、

年間1,000万円仕入れすると150万ポイント

たまることになります。

 

 

このポイントをためるだけで

仕入れはもちろん、

旅行やプライベートで使うこともできます。

 

 

ですが、SPUをやってみようと思ったところで、

ほぼ確実に初心者の人はためらいます。

 

 

なぜなら、

SPUのポイント制度がとても複雑に見えるからです。

 

 

ですが、一度理解をしてしまえば、

簡単に大量のポイントを貯めることができます。

 

 

その難しそうなSPUの内容を、

別の機会に分解して簡単にして説明していきますので、

ご期待ください。

 

 

おすすめの記事