Pickup記事

 

メーカー仕入れとは、原価に近い金額で、

しかも継続的に商品を仕入れることが可能になる仕入れ方法です。

 

問屋や小売を飛ばして製造メーカーに直接商品を卸してもらうのです。

 

もちろん簡単にできるわけではありませんが、

度ルートを開拓すれば長期間仕入れに困らずに済みます。

 

限りなく安く、また長期で商品を販売できるメーカー仕入れ。

 

本記事ではそのやり方やメリットについて解説します。

 

 

■メーカー仕入れとは

 

メーカー仕入れとは、小売り、卸問屋を通さずに

製造メーカーから直接商品を仕入れる方法です。

 

「せどり」と言うよりは物販ビジネス、つまり業者に近いビジネスになります。

 

本来我々せどらーが行っている「せどり」は小売店、

つまり一般的に商品を売っているお店から

利益の取れる商品を仕入れて販売し、差益を取っています。

 

しかし、小売店から買う商品というのは

【製造元→卸問屋→小売店→せどらー】

と間に卸問屋と小売店を挟んでいる分、利益が上乗せされ価格が高くなっています。

 

だったら最初から製造メーカーから仕入れたらいいじゃないか、と思いますよね。

 

じゃあ本当にそのまま仕入れてしまえばいいのです。

 

今まで間に入っていた卸問屋や小売店の中間マージンを排除して

仕入れることができるので限りなく原価に近い金額での仕入れも可能です。

 

しかも製造元メーカーから直接仕入れることができれば「在庫切れ」もありません。

せどらーを悩ませる問題の一つに「安定供給ができない」ことがあります。

 

店頭だといくらお買い得商品があっても「在庫限り」であることもありますし、

セール品だと数量も限定されています。

 

メーカーから仕入れることによってこういった小売業で買うデメリットをなくし、

安定したビジネスができるようになるのです。

 

しかしメーカーせどりと聞いて気になるのが、

普通の人がメーカーから直接卸してもらうことは可能なのか、という疑問です。

 

これに関しては問題なく卸してもらうことが可能です。

もちろんメーカーによっては個人には卸さないところもあります。

 

条件を付けている所もあります。

 

ですが、個人に卸してはいけません、というルールは一切ありません。

 

 

 

■メーカーせどりのメリット

 

メーカー仕入れのメリットですが、先ほど書いた通り主に2つあります。

・原価に近い価格で仕入れ

・継続的に仕入れができる

 

詳しく見ていきましょう。

 

メーカーから直接仕入れることによって、

今まで卸問屋と小売店が取っていた中間マージンが無くなります。

 

そのため、利益をそのまま取ることができます。

 

イメージとしてはあなたが卸問屋になる感じです。

 

安く仕入れた商品を今まで通りの価格で売れば利益が増えます。

また、多少値下げしても、今までと同じくらいか

それ以上の利益を保ったまま販売力に差をつけることができます。

 

安く仕入れることによって利益率が上がると同時に、売り方も柔軟に変えられます。

 

 

もう一つは継続的な仕入れ。

相手は製造メーカーです。

 

在庫を「仕入れてくる」小売店や卸と違って、いくらでも作ることができます。

あなたが「1000個欲しい」と言えば1000個用意してくれます。

すぐに用意できるかどうかは別として、

10000個でも100000個でも、発注した分だけ仕入れが可能です。

 

つまり在庫が切れることがないのです。

 

在庫が切れないということは、

終売にならない限り延々と仕入れて販売することができます。

 

一旦この状態を作り上げてしまえば、その後は商品リサーチが必要なくなります。

 

 

 

いままで多くの時間を取られていたリサーチを排除し、

「仕入れ→売る→仕入れる」

というループが完成するのです。

 

価格改定やチェックは必要ですが、在庫の補充以外ほとんどの作業が必要なくなります。

作業時間を大幅に短縮し、利益を継続的に出すことができるようになるのです。

 

せどらー全員が常に頭を悩ませる「商品リサーチ」。

これがなくなるのもメリットです。

 

 

■メーカーせどりのデメリット

 

 

そんなメーカーせどりですがもちろんメリットばかりではありません。

ルートを確立させてしまえば、あとは楽ができますが、

そのルートを確立させるのが大変です。

 

・メーカーと交渉するスキルが必要になってくる

・まとまった単位での発注が必要になる場合も

・現金が必要

 

まず、メーカーはお店のように「誰でもお気軽に」というわけではありません。

お店があるわけじゃないのでまずはメーカーにコンタクトを取る必要があります。

それは電話だったり、メールだったり、直接訪問や展示会など。

 

まずはとにかくアポイントを取らないと話になりません。

もちろん誰もやってくれません。

 

向こうからも来てくれません。

 

全て自ら動く必要があります。

 

コンタクトが無事取れてもそこから自分のビジネスの説明や仕入れの希望、

価格交渉や条件交渉、契約書云々…すべて自分でやらなければいけません。

ルート確立までにやるべき作業は山ほどあります。

 

しかもこの間には利益が発生しませんし、交渉がまとまらなければただ働きです。

この労力が一番のデメリットです。

 

また、メーカーは当然1個や2個の発注には対応してくれません。

ある程度まとまった数、単位での発注が基本になります。

 

メーカーによって最低発注単位が違いますし、

交渉次第ではありますがそれでも小規模のせどらーだと

仕入れを躊躇してしまう単位であることがほとんどです。

 

「ちょっとしたお小遣い稼ぎ」

という気持ちでは手を出せません。

 

また、その仕入れではクレジットは使えません。

メーカーは基本現金払いです。

少なくとも同月内には発注した商品の代金を現金で支払う必要があります。

 

多ロット×現金になるので、資金力のないせどらーには

どうしてもハードルが高くなります。

 

クレジットで仕入れて売り上げで引き落としているスタイルのせどらーは

融資を受けるか、別のところから現金を用意するしかありません。

 

これも大きなデメリットです。

 

 

■メーカーせどりをする方法

 

 

メーカーせどりをするためにはまずメーカーに連絡をしないといけません。

自分が気になる、仕入れたい商品のパッケージにその製造メーカーの電話番号や

メールアドレスが書いてあればそこに連絡するのが一つ。

 

また、メーカーのホームページの「お問い合わせフォーム」から連絡をすることもできます。

 

ただし、大企業の場合はホームページにお問い合わせフォームがないことが多いです。

大企業の場合は個人事業主は相手にしてもらえないので、

お問い合わせをすることはないと思いますが。

 

メーカーの連絡先が分かったら電話でもメールでも構いません。

まずはコンタクトを取りましょう。

 

直接内容を話す必要が出てくるので難易度は上がりますが、

メールよりも電話の方が確実です。

 

メールの場合、相手によっては無視される場合があります。

 

どちらの場合でも【商品を卸してもらいたい】ということをまずは明確に伝えます。

 

個人に卸しをしていない企業ならお断りされて終了。

 

個人に卸しているメーカーなら連絡が来ます。

先方から個人への卸も問題ないと回答が来たら次の段階に進みましょう。

 

おそらくメーカーは

・希望発注量

・発注時期、頻度

・事業の規模

・支払い方法

などを聞いてくると思います。

 

そこで折り合いが付けば契約に進みます。

 

場合によっては会社へ直接訪問も必要になりますので、

その場合は名刺とスーツを準備していきましょう。

 

価格はメーカーのほうで固定で決まっていることが多いので、

交渉の余地はあまりありません。

大量に仕入れる場合はまた別ですが、個人ではそこまで気にしなくていいでしょう。

 

電話やメール以外にも「展示会」への参加という方法もあります。

 

展示会は各メーカーが自社の商品アピールと販路拡大のために行うイベントで、

単一で展示会を開いたり、100社以上が大きな会場で一堂に展示を行う

合同展示会まで様々な展示会があります。

 

一般の方でも事前申請をすれば入れる展示会が結構あります。

「○○ 展示会」で検索すると探せます。

 

もし参加方法が書いてなかったらそこのサイトに書いてある連絡先に

直接連絡をすることによって招待してもらえる可能性もあります。

 

一般でも入れる展示会は個人事業主にも商品を卸してくれる中小のメーカーさんが多いです。

その場で商談も可能なので是非参加してみてください。

 

もちろん展示会も名刺が必須なので持っていない方は作っておいてください。

 

どの方法にしてもすべて直接メーカーさんへ連絡をする必要があります。

連絡する前に

・自分の希望

・自分のビジネスの規模

・月商

・販売先

といった内容はきちんと把握しておきましょう。

 

 

なお、メーカー仕入れができるのはほぼ中小企業のみです。

大企業は卸から小売業まで販売ルートが確立しているので、

個人事業主と取引することはまずありません。

 

また、中小でも知名度の高い商品を販売している場合は

個人に卸すことは難しいでしょう。

 

狙うなら中小企業の無名商品です。

そのため、売れる商品の見極めが結構難しいです。

 

商品のルートを確立するまでがかなり大変です。

 

 

■メーカー仕入の注意点

 

様々なメーカーがありますがその中でもAmazonで販売している業者をあまりよく思わないメーカーもいます。

 

 

理由としてAmazonは基本1商品1カタログなので出品者が増えると価格で差をつけようと値段を下げて販売する(価格競争)傾向にあります。

折角メーカーと取引しているのに安く販売する事でブランド価値を下げてしまうと怪訝するメーカーもいますので

楽天ショップやYahoo!ショッピングにも出店していると伝えると取引しやすいです。

 

 

現在販売していなくても今後販路拡大の旨を伝えるとメーカーも安心してくれます。

 

 

勿論メーカー次第ですのでそこまでは必要ないかもしれませんので取引する際はしっかりと相手の話を聞きましょう。

 

信頼関係を築くには自分の話だけをするのではなく

相手の話をしっかりと聞きコミュニケーション

取る事が何より大事です。

 

 

・初対面なのに自分の要望を押し付ける

・すぐに値下げ交渉をする

・商品に興味はなく安い商品ばかり探す

 

 

自分が逆の立場だったらこんな人は嫌ですよね

相手にとってもこの人と取引したいと思わせる様

交渉して行きましょう。

 

 

■メーカーせどりが不可能だった場合

 

 

いくら努力しても事情によってメーカーから断られたり、

条件の折り合いがつかずに交渉が失敗する可能性もあります。

 

その場合は、メーカー仕入れを諦めて「卸問屋」を紹介してもらうようにしましょう。

メーカー仕入れよりは仕入れ値が上がりますが、

それでも小売店から買うよりは安いかもしれません。

 

メーカーも、小売りの紹介なら了承してくれる場合があります。

 

ダメ元で聞いてみましょう。

 

■まとめ

 

メーカー仕入れは原価近くで仕入れて

継続的に販売できる夢のようなせどり仕入れです。

 

メーカーに直接連絡したり、交渉したり、現金を用意したりといった

やや高いハードルはあるものの、もしルートを確立できれば

その後は補充と価格チェックのみで継続的に利益を出すことが可能です。

 

気になる商品があれば是非展示会に足を運んだり、

メーカーに直接コンタクトを取ってみましょう。

おすすめの記事