Pickup記事

Amazonでせどりをやっていると避けて通れないのが「メーカーからのクレーム」です。

 

クレームは商品を売ったお客さんからくる場合だけではありません。

販売中にその商品のメーカーからクレームが来る場合があります。

 

ある日突然アマゾンから

「権利者(メーカー)より商標権を侵害しているとの申立てがありました」

という文面が送られてくるのです。

 

Amazonでセどりをしている方にとって一番ドキッとする瞬間かもしれません。

 

いきなりこんな文面が送られて来たらほとんどの人がパニックになってしまうでしょう。

メールの下の方には「アカウント閉鎖」とか「出品を停止した」などとも書いてあります。

 

この場合、正しく対処しないと、本当にアカウント閉鎖の可能性もあります。

Amazonという会社はこの辺のトラブルにも容赦のない会社ですので、

本当にやると言ったらやります。

 

アカウント閉鎖にならないためにも、

メーカーからきた商標権侵害申し立てなどのメールにはきちんと対応しましょう。

 

本記事ではそんな商標権侵害申し立てクレームの対処法を解説します。

 

 

■商標権とは

まず、商標権とは何か。

商標権は知的財産権の一つで、

自社と他社の商品を区別する文字や記号、図形などのことを指します。

 

つまり「これはうちの商品です」と区別するための

デザイン、文字、キャッチコピーなどです。

 

それを侵害しているということは

「あなたがうちの商品を勝手に販売しています。ですが当社は許可してません」

という意味です。

 

卸や小売りは正規のルートで仕入れていますが、

せどりは正規じゃないルートから仕入れることもありますよね。

 

ヤフオクやメルカリは正規のルートではありません。

 

小売業から買ったものを勝手に利益を乗せて販売することも

メーカーからしたら正規な売り方ではありません。

 

メーカーからしたら自社の製品が正規のルートで販売されていないというのは問題です。

そのまま放置してしまうと、卸にも小売りにも迷惑をかけることになります。

 

また、

・偽物を仕入れて売られる

・定価以下で売られる

・定価以上の価格で売られる

・保存状態に問題があって劣化した商品を勝手に売られたりする

 

これらの行為がせどらーによって勝手に行われた場合、

会社の商品やブランドイメージの低下にもつながりかねません。

 

変なルートで偽物を仕入れて、まるで正規品かのように売られたら大問題です。

また安く売られたら正規販売店が商品を売りにくくなりますし、

定価より高く売られたら商品のイメージが悪くなります。

劣化した商品を売られた場合、消費者のクレームが自社に及ぶかもしれません。

 

とにかく製造元メーカーからしてみたら正規のルートで仕入れていない商品を

勝手に販売されることはリスクしかないわけです。

 

商標権侵害申し立てクレームのほかに真贋調査や仕入れ先確認をメールなどもあります。

 

いずれにせよ、迅速に対処をしないとAmazon側が

「違法な行為を行っているアカウント」と認識し、

アカウントの閉鎖処置を行う可能性が高くなります。

 

もう一度言いますが、Amazonは脅しなどせず本当にやります。

 

 

■Amazonにおける商標権侵害とは

上記のような商標権を侵害していると思われる商品をアマゾン上で発見した場合、

商品の権利を持っているメーカーがAmazonに

「この出品者は無断で当社の商品を売っている」

と申し立てることができます。

 

するとAmazonが出品者、つまりせどらーに対して

仕入れ先の開示やメーカーとの話し合いをしなさい、と警告メールを送ってきます。

 

商標権侵害メールに関しては要約すると

・メーカーからクレームがありました

・該当商品の出品を停止します

・再開するにはメーカーと話し合って申し立てを取り下げてもらってください

・解決しない場合はアカウントを閉鎖しますよ

とこのような意味合いの文面で送られてきます。

 

メーカーによってはいったん自分たちのほうでメールを出してくることもありますが、

行っていることはたぶん同じです。

「許可していないから取り下げろ」

「どこで仕入れたか証明しろ」

「価格を下げるな」

です。

 

 

■放置すると?

 

 

この申し立てがあった場合、すぐさま商品の出品は停止になります。

解決されるまで出品再開はできません。

新たに登録しなおして出品させるなどの強引な方法を取ってまた出品したりした場合、

再度申し立てを食らうとほぼアカウント停止、閉鎖になります。

 

アカウント閉鎖や停止になるのも十分せどらーとして大ダメージですが、

もっと最悪の事態は「訴訟」を起こされることです。

 

正直訴訟まで進んだ、という話はあまり聞きませんが、

メーカーがほかの転売者に対して「みせしめ」を行うことは十分考えられます。

 

裁判を起こされたらまず勝ち目はありません。

もちろん向こうが正規メーカーである以上勝てるケースなんてありませんが。

 

ちなみに商標権侵害の罰則は

「10年以下の懲役または1000万円以下の罰金」

です。

せどりどころじゃなく人生そのものが終わりかねないです。

 

裁判まではともかく、アカウント停止や閉鎖でも十分痛いです。

絶対に放置せずとにかく迅速に対処しましょう。

 

 

■対策

ではどう対処すればいいのか。

一番いいのは

・SKU削除

・謝罪

とにかくこれです。

 

Amazonもメーカーもこの2つをしろ(正確にはSKU削除)といっているので

その通りにすればいいのです。

一番確実な対処方法はこれです。

 

そのまま二度と同じ商品をアマゾン上で扱わない。

 

これで解決です。

 

売れ残った在庫商品は残念ながら

アマゾン以外の販路(メルカリやヤフオク)で販売するしかありません。

 

 

真贋調査の場合や仕入れルートの確認のメールが来た場合も同じ対処でOKです。

 

ただし、卸からの仕入れであるとか、仕入れルートにやましいところが無ければ

素直にその旨をメーカーに送る方法もあります。

 

 

他のせどりのノウハウを開示しているサイトでは

「メーカーが監視していない夜中にこっそり販売をすればばれない」

と教唆するサイトもありますが、僕はすすめません。

 

確かに夜中なら見つかる可能性は下がるでしょう。

しかし絶対に見つからないと言い切れる根拠もないです。

 

夜中に販売して、朝方こっそり販売停止にする、こんな面倒なこともしたくないです。

 

しかも不正とわかっていてこっそり夜中に販売するなんて行為が

Amazonにばれたら一発アカウント閉鎖になります。

 

不正を指摘され、不正と認識したまま再度販売しているわけですから。

 

Amazonでアカウント閉鎖されてしまうとせどらーとしては非常に痛いダメージです。

致命傷になるレベルです。

 

そんなリスクを冒してまで無理やり販売するメリットはありません。

 

おとなしく商品を削除して謝る。

 

これが一番の方法です。

 

メーカーによっては削除ではなく

「あなたの販売価格が安すぎるから○○円以下にしないでくれ」

みたいに訴えてくるメーカーもあるようです。

その場合はその通りにすれば問題なく出品再開できるはずです。

 

どちらにしても相手側やAmazonが

「どうしてほしいのか」

を詳しくメールに書いてきてくれますから、できればその通りにしましょう。

 

 

■どういった商品が申し立てを受けやすい?

 

 

正直、商標権侵害なんて言われたらせどらーは何も売れません。

新品のメーカーせどりやっているいわゆる物販せどらー以外は全滅です。

 

でも実際はそんなことはないわけで。

 

今日も無数のせどらーが元気に商品を販売しています。

ということは申し立てをされるのは一部のメーカー、商品ということになります。

申し立てされやすい商品、されにくい商品というものがあるわけです。

 

では実際どういったものが申し立てを受けやすいのでしょうか。

運の要素の絡んできますが、

主に監視が厳しく、申し立てされやすいメーカーや商品は以下の通りです。

 

・ドラッグストアメーカー(ヘルビ)

・サプリなどの健康食品系メーカー

・アマゾン内で正規代理店、およびメーカーが販売している商品

・著作権に厳しいメーカー

 

ドラックストア商品や健康食品メーカーが特に厳しいです。

育毛剤やダイエット商品、健康食品などのメーカーですね。

 

検索エンジンで「せどり クレーム メーカー」と検索すると

様々なサイトでクレームの来るメーカーのリストを配布しています。

それを見るとやはりドラッグストアカテゴリーのメーカーがほとんどです。

 

ドラッグストアせどりをやっている方、もしくはこれからやろうと考えている方は

一度このリストを入手して該当する商品を仕入れようとしていないかチェックが必要です。

 

ドラッグストアせどりはリピート率も高くおすすめのジャンルではありますが

このようなリスクも頭に入れておいてください。

 

あとはドラッグストア系に関わらず、

アマゾン内に正規代理店やメーカー販売をしている商品は危ないです。

 

考えてみれば当たり前ですよね。

 

メーカーからしてみたら自分たちのところから買ってほしいわけです。

 

なのに同じお店(Amazon)に同じ商品を

許可なく売っている人がいれば面白くないでしょう。

 

申し立てをしてその出品者の商品を消せるなら消したいと思うのは当然だと言えます。

 

モノレートなどで販売者が一人しかいない商品などは一応販売者を確認しましょう。

メーカーの実が販売していたりします。

そのほかの出品者は申し立てにより取り下げを余儀なくされた、という状況かもしれません。

 

また、モノレートでここ最近急激に販売者数が減った商品も注意です。

申し立てを受けて軒並み出品を取り下げたという経緯のある商品かもしれません。

 

最後は著作権や商標権に厳しいメーカーです。

ディズニーや任天堂などが有名です。

著作権の侵害に敏感なメーカーは対象商品を見つけると

迅速に行動しますし容赦してくれません。

 

こういった有名メーカーの商品を扱っている場合は注意しましょう。

 

■まとめ

我々せどらーは法律に触れるような商業行為を行っているわけではありません。

Amazonやそのほかのプラットフォームのルール内に則って利益を得ているだけです。

 

ですが、メーカーにとってはせどり行為そのものが自社の利益や

ブランドイメージの低下につながりかねないと懸念するメーカーも少なくありません。

 

メーカーあってのせどらーですし、Amazonあってのせどらーです。

 

言い分や不服はあるかもしれませんが、

「迷惑行為です」

とはっきり言われたらおとなしく削除するようにしましょう。

 

Amazonがメーカー側を擁護する姿勢でいる以上、

逆らっても何一つ得をすることはありません

 

我々せどらーができることはそうならないように

商品を販売する前にきちんとリサーチして自衛することのみです。

 

今までクレームをもらった事がない人や、

これからAmazonで販売しようと思っている方は

いざこのようなクレームが来ても決して慌てず

迅速に行動できるよう覚えておきましょう。

 

おすすめの記事