Pickup記事

 

そもそもマインドセットとは、

人世に対する意識、考え方です。

 

 

無意識化にあるマインドセットは、

その人の人生に大きな影響を与えます。

 

 

常に成長することができれば、

自分の望んだ夢に近づけることが

できるのです。

 

 

成功するためにはマインドセットを

意識的に身に着けていくべきです。

 

 

この記事では成功するために

必要なマインドセットの

重要性についてまとめてみました。

 

 

1.マインドセットとは

 

 

 

それではマインドセットとは、

どのようなものなのでしょうか。

 

 

生き方や在り方に対する考え方で、

経験、教育、などから形成され、

思考、心理状態、思い込み(パラダイム)、

価値観、信念などのことを言います。

 

 

個人が常に成長できれば自分の望んだ

未来に近づくことができるのです。

 

 

マインドセットに抵抗がある人は、

マインドセットを知識として勉強していき、

行動することで効果を期待できます。

 

 

また、マインドセットは

生き方に対する考え方であり、

人生に大きな影響を及ぼします。

 

 

成功したいのであればマインドセットを

身に着けていくべきです。

 

 

2.マインドセットの影響について

 

マインドの形成は

教育や経験から影響を

受けることが多いです。

 

 

どのようなビジネスでも

マインドセットが必要です。

 

 

ビジネスの中でも特にマインドセットが

必要なのはせどりなどの

ネットビジネスです。

 

 

ネットビジネスはネット環境があれば

誰でも簡単に始められます。

 

 

副業でもはじめる人が増えました。

 

 

簡単に始め収入を安定させ

継続するためには、

マインドセットが重要になります。

 

 

せどりやネットビジネスを

本業でする人は、マインドを維持し

続けることは可能です。

 

 

しかし、副業の場合一定の収入が確保

されている分、マインドを持続させるのが

難しいのです。

 

 

また、期待したほどの収入が得られず

途中で挫折してしまいます。

 

 

ネットビジネスは簡単に始められる分、

マインドセットが難しい分

あきらめずに継続できれば、

成功もつかみやすいのです。

 

 

成功する人としない人の違いは

マインドセットができるできないの違いです。

 

 

3.成功する人としない人の

 

 

 

マインドセットの違いについて

成功する人としない人の

マインドセットには違いがあります。

 

 

成功する人は常にポジティブ思考で、

しない人はネガティブ思考です。

 

 

ポジティブ思考の人の特徴は、

・常に向上心を持つ

・失敗から学ぶことができる

・死ぬまで成長することができる

・粘り強く努力することを惜しまない

・挫折しても立ち直るのが早い

などがあります。

 

 

一方でネガティブ思考の特徴は、

・思考の癖(思い込み)が強い

・周りの評価を気にする

・失敗をしたくない

・自分に能力がないと思う

・チャレンジ精神に欠ける

・挫折に弱い

などがあります。

 

 

あなたはどちらにあてはまりますか。

 

 

自分の思考を知ることで

成功マインドセットに変えてきましょう。

 

 

4.成功者が語るマインドセットとは

 

 

 

日本で有名な企業家稲森和夫氏は

京セラや第二電電株式会社の創業、

JALの再建に成功した方です。

 

 

経営者として数々の偉業を成し遂げ

その彼が経営成功の秘訣に、

「人生の方程式」は、

「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」

と言っています。

 

 

成功するマインドセット、

人世の方程式のポイントをまとめました。

 

 

4-1.考え方

 

難易度の高い目標を次々とクリアしてきた

稲盛氏が特に重要としているのが、

考え方次第で、成功するか

失敗するかが決まる」と言います。

 

 

少しでもマイナスな考えを持っていると、

結果はマイナスへ。

彼はいつもプラス思考で、

経営に取り組んでいます。

 

 

目標もポジティブな内容にすることで、

プラスがどんどん生まれていく、

という考え方です。

 

 

4-2.熱意

 

「あなたが寝ているときも

まだ起きてがんばっている人たちが

たくさんいる。

 

 

そのくらいがんばることができなければ

仕事はうまくいかない。」

 

 

と彼は言います。

 

 

稲盛氏はひとつひとつの努力の

積み重ねによって成功しました。

 

 

大きな成果は得るには努力と

強い情熱が必要です。

 

 

つまり、努力の分だけそこに

チャンスがあると彼は考えていたのでしょう。

 

 

4-3.能力

 

「能力」とは、物事をなしとげること

のできる力です。

 

 

生まれ持ったものもあるし、

天から与えられたものもあります。

 

 

現在の能力で飛躍的に能力を上げることは

難しいかもしれません。

 

 

しかし勉強することでスキルアップする

ことはできます。

 

 

勉強するかしないかで、

ビジネスの結果が大きく変わるでしょう。

 

 

常にプラス思考の「考え方」ができれば

「熱意」・「能力」で

人生・仕事の結果はより

高いプラスの値となるという

方程式の考え方です。

 

 

5.成功するためのマインドセットとは

 

 

 

成功するためのマインドセットは、

意識をすれば変えられます。

 

 

マインドセットを正しく理解してくれば、

失敗したとしても次につなげる

経験やチャンスととらえることができます。

 

 

そのために必要なマインドセットの

ポイントをまとめました。

 

 

5-1.成長することに貪欲になる

 

成長をするために学んで行くということは、

常にステップアップを目指すということです。

 

 

新しい情報や知識が必要な

ビジネスでは当然ですが、

技術やノウハウをマスターするには、

毎日勉強することです。

 

 

必要な新しいことを学ぶためには、

お金や時間の自己投資をしましょう。

 

 

自分の成長を探求するためには、

楽しみながら試行錯誤を

繰り返していくことが大切です。

 

 

5-2.良いと思ったら、まずやってみる

 

良いと思ったことをやるのは、

多くの人が実践しています。

 

 

しかし、「やる」と

「頭で理解する」ことは違います。

 

 

知っていることをやれる

どうかが重要です。

 

 

わかっていることをやってみて、

継続的に実践することが

成功することには必要です。

 

 

5-3.思い立ったら直ぐ行動する習慣をつける

 

思いたったら「直ぐに行動する」

これはとても重要です。

 

 

テレビを見たとき、

本を読んだとき、

人の話を聞いたとき、

よい情報だと思ったら、

一瞬でモチベーション上がります。

 

 

この情報から「やってみたい。」という

行動意欲がわくこの瞬間がポイントです。

 

 

自分の中の「ひらめき」を

信じ行動できる人は、

考えるだけで何もしない人よりも

成功に近いのです。

 

 

5-4.止まらずに「どうしたらできるか」を考える

 

成功をすることは、

はじめからうまくいかないため、

人は悩みます。

ネガティブ思考がでてきます。

 

 

時間がないから、

失敗をしたら家族に迷惑をかける、

と思いあきらめます。

 

 

しかし、成功するためには

止まらずに、「どうしたらできるか」

「どうしたら前に進めるか」を考えましょう。

 

 

5-5.失敗を恐れない

 

失敗が怖い人は、

人に失敗を批判されることや、

自分の評価が低くなることや、

後悔するということを、

ものすごく恐れています。

 

 

しかし「失敗したことがない人」はいません。

 

 

恐れの原因を掘り下げて、

失敗を想定しましょう。

 

 

失敗したことを想定しないと、

不安になり行動できなくなります。

 

 

しっかり考えていけば

あらかじめ先手を打つことができます。

 

 

試行錯誤を繰り返し学び続けることが大切です。

 

 

5-6.継続は力なり

 

継続は力なり」という名言があります。

 

 

何事も三日坊主で継続することができなければ

結果を出すことはできません。

 

 

という意味です。

 

 

ただ、

なかなか継続できる人は多くありません。

 

 

成功するためには、継続する力が必要です。

 

 

継続するにも心の持ち方や、コツがあります。

 

 

それは、失敗を恐れず、ポジティブ思考であり、

成長することに貪欲で、やり抜く強い意思を

持つことです。

 

 

5-7.人生に責任を持つ

 

自分の人生に責任を持たないということは、

人生を誰かに決めてもらう、

また人に左右される人世ということです。

 

 

人に責任転嫁をして恨み妬みを言っても、

いつまでたってもそこから自分が

変わることはありません。

 

 

成功したいのはあなたです。

 

 

どの道を選択するのか、

どの行動をするのか

決めるのはあなたです。

 

 

人世の責任は自分にあるのです。

 

 

自分を認め自分の理想の在り方を考え

そこに向けて行動することで、

成功につながる一歩を踏み出せます。

 

 

6.マインドセットを変えるには

 

 

 

思い込み」があるとマインドセットは

思考癖で変えることは

なかなか難しいことです。

 

 

簡単ではないですが、

変えることはできます。

 

 

それは意識的に行動することです。

 

 

マインドセットを変えるために

必要なポイントをまとめました。

 

 

6-1.古いマインドセットを止める

 

マインドセットを変えるには、

思い込みや考え方の悪いクセをやめましょう。

 

 

新しいマインドセットを入れようとしても、

古いマインドセットが

入るのを止めてしまいます。

 

 

今の古いマインドセットを

止めることからはじめましょう。

 

 

6-2.先送りにしていたことを整理する

 

しなくてはいけないことが、

たくさんあると脳の中はいっぱいに

なってしまいます。

 

 

いっぱいになると思考停止状態です。

 

 

それを防ぐには頭の中の

直ぐにやることやらないことを整理して

スッキリさせることが重要です。

 

 

6-3.危機感を持つ

 

人が行動するときには理由があります。

 

 

行動するときは強い理由があって起こします。

 

 

その理由に危機感を持っていると

嫌でも行動するようになります。

 

 

普段から行動を起こさない人でも

危機感を持つと行動を起こすことが

できるようになります。

 

 

6-4.目標に向かった未来を言葉にする

 

毎日言葉にするだけで潜在意識に

入り込み定着します。

 

 

言葉にするときには細かいビジョンまで

イメージすることができれば

それだけ明確に言葉にすることができます。

 

 

より具体化していくことで、

潜在意識にすり込みマインドセットを

変えていきましょう。

 

 

6-5. 自分の考えを意識して常に見直すこと

 

自分の考えを常にチェックして

マインドセットを変える方法です。

 

 

常に自分がどの状況にいるのかを

知り改善することが大切です。

 

 

ここではPDCAサイクルを使って

マインドセットを変えてみましょう。

 

 

PDCAとは、

Plan(計画)→計画や達成したい目標を

立てて計画をたてる

 

 

「誰が(Who)」「いつ(When)

 

 

「どこで(Where)」「何を(What)

 

 

「なぜ(Why)」「どのように(How)

 

 

「いくらで(How much)」行うのか

 

 

具体的に設定をします。

 

 

Do(実行)→計画に沿って行動します。

 

 

具体的にリストを作成し、

順番に行動していきます。

 

 

Check(評価)→ 行動が計画に沿って

できたかどうか、目標が達成できたか

どうかを評価します。

 

 

良かった点、悪い点をピックアップして

どうしてそうなったかを見直します。

 

 

Act(改善)→評価を見て、良かった点は

継続的し、悪い点はどのように

改善するかを考えます。

 

 

ここが一番重要です。

 

 

このPDCAを何度も繰り返すことによって、

自分の考え方を常にチェックして成功する

マインドセットに切り替えることができます。

 

 

7.マインドセットを変える注意点

 

 

 

何年も経てば経つほどにマインドセットは、

強固なものになっていきます。

 

 

強固になってしまったマインドセットを

急激に変えようとすると

ストレスになります。

 

 

過度なストレスは自己否定や挫折感につながり、

逆効果になることもあります。

 

 

マインドセットを変えるときには、

決して焦らず自分の無理のない

ペースで行ってください。

 

 

8.マインドセットを根付かせるために大切なこと

 

 

 

マインドセットを根付かせる

うえで大切なことは

マインドセットは急に

変化させることができないため、

ゆっくりと根付かせないといけません。

 

 

ネガティブ思考の人は

挫折感をもちやすいため

工夫をしていくことが大切です。

 

 

マインドセットは時間を掛ければ

必ず変えることができます。

 

 

変えようと思った意思があります、

その意思を維持するために

大切なポイントをまとめました。

 

 

8-1. 自己肯定感を持つ

 

自己肯定感とは、自分の価値や存在意義を

肯定できることです。

 

 

これの逆は自己否定感です。

 

 

自己否定をしている人は、

自分自身を知ることで、

自己否定をやめることからはじめてください。

 

 

自己肯定感を持てると

良いマインドセットを身につけやすくなります。

 

 

8-2.自己効力感を持つ

 

自己効力感とは

「自分は行動をすることができる」

という自分を肯定することです。

 

 

自己効力感を高めるためには、

目標達成感がとても重要です。

 

 

これは達成経験をすることでより高まります。

 

 

小さな目標からはじめて、

それを何度も繰り返し達成することで、

自己効力感が上がります。

 

 

自己効力感が高まると、

自分に自信がつきマインドセットを

維持することができるようになります。

 

 

8-3.成功者と行動を共にする

 

成功法則があります。

 

 

「成功者と行動を共にせよ」

という法則です。

 

 

行動を一緒にする人がだれかによって、

人は行動を変えます。

 

 

成功者と一緒にいることで、

その人の言動や行動が似てくるのです。

 

 

知らず知らずのうちに、

成功マインドセットに

近づくことができるのです。

 

 

8-4.言葉の力を利用する

 

普段使っている言葉ですが、

言葉のひとつひとつに実は力があります。

 

 

自分が言った言葉は、

そのまま潜在意識に蓄積され

ポジティブなことを言えばやる気に、

ネガティブなことを言えば

やる気がなくなります。

 

 

常にポジティブな言葉を言うことで、

潜在意識を使いマインドセットを

変えることができます。

 

 

8-5.楽しむこと

 

一生懸命頑張りすぎると

どんどん辛くなってきます。

 

 

真面目な人程、頑張りすぎて、

ネガティブ思考になりやすい。

 

 

しかし、人は楽しければ続ける

ことができます。

 

 

意識的にポジティブに考え、

出来るだけ前向きに楽しい

気持ちでいるように心掛けましょう。

 

 

9.まとめ

 

・無意識化にあるマインドセットは、

教育や経験から影響を受けた考え方で

その人の人生に大きな影響を与えます。

 

 

・特にマインドセットが必要なのは

せどりなどのネットビジネスです。

 

 

成功するためにはマインドセットが

とても重要です。

 

 

あきらめずに継続できれば、

成功に近づくでしょう。

 

 

・成功する人は常にポジティブ思考で、

しない人はネガティブ思考です。

 

 

自分の思考を知ることで

成功マインドセットに変えてきましょう。

 

 

・企業家の稲森氏が提唱する方程式は、

「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」

 

 

常にプラスの「考え方」ができれば

「熱意」・「能力」で

人生・仕事の結果はより

高いプラスの値となるという

成功方程式の考え方です。

 

 

・マインドセットを正しく理解してくれば、

失敗したとしても次につなげ

経験やチャンスととらえることができ

成功のマインドセットに変わって行きます。

 

 

・人生の責任は自分でとることで

自分を認め自分の理想の在り方を考え

そこに向けて行動でき成功につながる

一歩を踏み出しましょう。

 

 

・思考癖の癖を変えるのは

難しいことだが変えることはできます。

 

 

意識的に行動することです。

 

 

・強固になってしまったマインドセットを

急激に変えようとするとストレスになります。

 

 

マインドセットを変えるときには、

自分の無理のないペースで行いましょう。

 

 

・マインドセットは時間を掛ければ

必ず変えることができます。

 

 

変えようと思った意思があるからです。

 

 

最後に好きな名言をお伝えします。

 

 

マインドセットが変われば行動が変わる

心 が変われば 行動 が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

運命が変われば人生が変わる

 

 

マインドセットを変える名言を毎日読んで

成功マインドセットに変えていきましょう。

おすすめの記事