Pickup記事

「お前はだめだなぁ」や「そんなことしたらダメでしょ」と、言われた経験はありませんか?

 

 

また、子供のためを思って叱っている、叱らないと伸びないじゃないか、と思っている親も多いかもしれません。

 

 

そのような中、アメとムチという言葉をこれまでの社会生活で聞いたことがあるでしょう。

 

 

そこで、ビジネスの場面でも使われてきたアメとムチがどうモチベーションの向上につながるのか掘り下げてみましょう。

 

 

1.そもそもアメとムチとは?

 

 

 

「アメとムチ(飴と鞭)」という言葉を聞くと、報酬を与えたり罰を与えたりして人や動物を動かすための手法と多くの方が思うことでしょう。

 

 

確認として「アメとムチ」とは、しつけなどにおいて甘やかす面と厳しくする面を併用すると効果的であることの例えです。

 

 

いつも叱ってばかりなら、たまには褒めてあげるということで、逆にいつも甘やかしてばかりなら、たまには厳しく接してあげるようにしましょう。

 

 

このようにうまくアメとムチを活用することでモチベーションの向上にもつながります。

 

 

モチベーションに関しての内容が書かれた記事はこちらにもありますのでぜひご覧ください。

参考:ビジネスで科学的にモチベーションを上げる方法とは

 

 

2.4つに分類できるアメとムチ

 

 

 

パブロフの犬はご存じでしょうか?

 

 

心理学では「オペラント条件づけ」と言われており、「報酬か罰を与えるか除去か」によって4つに分類できます。

 

 

  • 正の強化(報酬UP)
  • 正の罰 (罰UP)
  • 負の強化(罰DOWN)
  • 負の罰 (報酬DOWN)

 

 

この4つの条件づけによって、行動が増えたり、減ったりすることのほとんどを説明することができ、行動を修正したり形成したりすることが可能になると言われています。

 

 

次では4つの条件を詳しく見てみましょう。

 

 

2-1.正の強化

 

1つめの「正の強化(報酬UP)」はアメとムチで言えば「アメ」を与えるものであり、最も基本的でよく使われる手法でしょう。

 

 

与える好ましい刺激(報酬)には、美味しい食事やお金といった物質的なものから、敬意や称賛などそれによって得られる感情的なものも含まれます。

 

 

(例) 子供がお手伝いをした ⇒ 褒められた ⇒ またお手伝いするようになった

 

 

つまり、報酬(ご褒美)を与えることで、その行動をより強化しようとするものです。

 

 

2-2.正の罰

 

2つめの「正の罰 (UP)」はアメとムチで言えば「ムチ」ですね。

 

 

嫌な刺激(罰)には、叩く、罰金を取るといった物質的なものから、叱る、悲しむなどの感情的なものも含まれます。

 

 

(例) 子供がいたずらした ⇒ 怒られた ⇒ いたずらしなくなった

 

 

つまり、不快な刺激(嫌がること)を与えることで、その行動をやめさせようとする(もしくは減らそうとする)ものです。

 

 

2-3.負の強化

 

3つめの「負の強化(DOWN)」はこれまで与えていたムチを緩めたり、不快なことが除去されて解放されるイメージで考えてみましょう。

 

 

(例) 子供がお手伝いをした ⇒ 禁止していたゲームをやらせてもらえた ⇒ また禁止されないようにお手伝いするようになった

 

 

つまり、不快な刺激(嫌がること)を除去することで、その行動をより強化しようとするものです。

 

 

2-4.負の罰

 

4つめの「負の罰 (報酬DOWN)」はこれまでもらっていたアメを取り上げるイメージで考えてみましょう。

 

 

(例) 子供がいたずらした ⇒ お小遣いを減らされた ⇒ いたずらしなくなった

 

 

つまり、報酬を取り除くことで、その行動をやめさせようとする(もしくは減らそうとする)ものです。

 

 

3.アメとムチをうまく使い分けることが重要

 

 

 

「アメとムチ(飴と鞭)」は、一般的には厳しさと優しさを巧みに使い分けるさまのことですが、メリハリのことを指す場合もあります。

 

 

ビジネスでは、組織がよく使うことがあるでしょう。

 

 

自分が指導している人には成長してもらいたい、という指導の一環で「アメとムチ」が使用されることもあります。

 

 

例えば、普段は厳しく接し、たまに優しくしたりしてギャップを作ったりします。

 

 

また、職場では厳しい上司を演じて、プライベートではとても優しいなどです。

 

 

上下関係の厳しい体育会系的な指導を経験しながら育ってきた人は、ムチが多くても伸びるタイプであったりしますが、決して全員がそうだとは言い切れないでしょう。

 

 

中にはそうした「アメとムチ」の指導に慣れていなかったり、元々そうした指導が合わないタイプの人もいますよね?

 

 

そうなると厳しい指導にはついて行けず、挫折してしまうでしょう。

 

 

実は褒めて伸びるタイプの人をアメとムチの指導を徹底したせいで、潰してしまうことも考えられます。

 

 

その為、まずはムチなしで「楽しいものだ」ということを教えることも必要だと言われています。

 

 

そこで、次では褒めるということについて考えてみましょう!

 

 

3-1.ほめることの重要さ

 

まず、褒めるとは相手に対して笑顔で接することから始まります。

 

好意的に接してくれる相手に対しては、自然と好意的になってしまうことがありませんか?

 

 

これを「好意返報性の法則」といい、相手の良い点があれば素直に言葉に出して褒めてあげましょう。

 

 

褒めて伸ばすと、相手は自発的に改善しようと行動するようになるそうですよ。

 

 

つまり、褒めることは良い人間関係を構築していくことなのです。

 

 

3-2.ムチだけでもダメ

 

「アメとムチ(飴と鞭)」のムチ(叱ること)は、一時的には効果があるようです。

 

 

しかし、叱るという行為を続けていくと、アメ(ご褒美)を与えても嬉しいとは思わなくなってしまいます

 

 

さらには、不安を感じたり、自分のことを卑屈したりするなどとも言われています。

 

 

叱られた本人は次回から注意するため、指導する立場にある人は「上手くいった」と思うことでしょう。

 

 

4.アメとムチでモチベーションアップにつなげよう

 

 

 

最後にモチベーション向上のためのアメとムチについて考えてみましょう。

 

 

前述した通り、「褒める」ことこそがモチベーションの向上につながります。

 

 

つまり、相手を変えようとせず、まずは自分が変わることが重要です。

 

 

相手の成長を常に考えてあげ、相手ができないからといって厳しい罰(ムチ)を与え続けても意味がないことを頭においておくとより良い人間関係を構築しやすくなるでしょう。

 

 

ぜひビジネスの場で活用してみてください。

おすすめの記事