Pickup記事

 

どこの販売先においても、売るために一番効果的なのが「値下げ」

 

値下げをすれば当然商品は売れやすくなりますが、その代償として利益が減ります。

 

商品によっては利益が減るどころか赤字になることもあり、

できればこのような売り方はしたくない、というのが本音でしょう。

 

とはいえ、小売業である以上、

値下げをしないと売りさばけない商品というのも必ず出てきます。

 

そしてどの企業も全て黒字で捌いているわけではないということは

頭に入れておきましょう。

 

赤字で売った事実は良いのです。

なぜ赤字になったのかの検証をすることが大事です。

 

 

ただしこの値下げもタイミングややり方を間違えると値下げしても売れなかったり、

価格崩壊を起こして利益が取れなくなったりします。

 

本記事ではそんな販売先における値下げのタイミングとポイントを解説します。

値下げ合戦連鎖の悲劇

 

まず、値下げにまつわる悲劇としてよく聞かれるのが「値下げ合戦」です。

10人の出品者が1000円で商品を出品してるとします。

 

そのうちの誰か一人が800円に値段を下げたとします。

当然ユーザーはその800円の商品しか買いません。

 

それに焦ったほかのユーザーが700円に値下げしました。

ただしこれは仕入れ値から送料や手数料を引いたら利益はほとんど残りません。

 

するとユーザーは700円の商品しか買いません。

 

そのうち保管料やカードの支払いなどを気にした出品者が赤字在庫処分で600円で販売します。

誰が出しても完全に赤字です。

 

こうなるともうユーザーは600円以上ではなかなか買ってくれません。

結果全員が600円前後で販売することになり、出品者全員が赤字になりました。

 

このように、安易な値下げや、それに追従する行為は価格崩壊を引き起こし、誰も得をしない結果で終わることがあります。

(ユーザーは得していますが)

 

~~~~~~~~~~

値下げで一番気を付けなければいけないのはこの「値下げ合戦による価格崩壊」です。

 

こうならないよう、

値下げするにしても周りの温度に合わせて同価格で下げていかないといけないのです。

~~~~~~~~~~

というのが一般的な発信やせどらーの考えでしょうか?

みんなで横並びで順番に売りましょ~♪

 

 

ですが、これは無理です。

そして事業である以上、値下げも戦略ですし、

なぜ同業他社と横並びで売る必要があるんでしょうか?

 

また、amazonの販売の性質上

同じ商品に対してセラーが並びます。

 

Yahoo!や楽天はセラーのショップの中に商品たちが並ぶので

amazonは性質上値下げ競争が起きやすいです。

 

なので値崩れは当たり前のことだと認識した上で、

最大値を取れるよう意識していきましょう。

 

 

値下げする必要のないタイミング

まず最初に説明するのは、値下げをする必要のないタイミングです。

 

基本的には機械的にカートを取れるよう下げていくので

問題ありませんが一部例外があります。

 

自分が出品している商品の値段が下がったからと言って

すぐに過剰な反応をしないようにしてください。

 

値下げの必要のないタイミングは以下の通りです。

 

・一人の出品者だけが価格を下げている

・超回転率の高い商品

・出品数が少ない

・中古品

・コンディションが競合していない

 

まず、多数いる出品者のうち、一人だけが極端な値下げを行った場合です。

この場合はその出品者の商品が売れれば相場は適正に戻ります。

 

焦って追従してはいけません。

いつまでに売りぬくという明確な基準があるならば待つのもありです。

 

 

もしほかにも何人か安値に追従する出品者がいるかもしれませんが、

この場合も様子を見ます。

 

 

次に回転率の高い商品や商品数の少ない商品です。

こういった商品は価格を下げなくても、すぐに商品が枯渇して相場がもとに戻ります。

これは放っておいて大丈夫です。

 

また、中古品も数が限られているはずなので値下げしなくても大丈夫です。

ただし、中古でも数が出回っている場合は気を付けましょう。

 

最後は中古品のコンディションです。

同じ中古商品が値下げされたからと言って「同じ状態の商品」とは限りません。

「中古―可」かもしれません。

 

この「中古―可」に追従して自分が出品している

「中古‐非常に良い」を値下げするなんて馬鹿げています。

 

コンディションが違えばそれはもう「別の商品」です。

よほど相場から外れていない限り全く追従する必要はありません。

 

 

■値下げをする必要が出てくるタイミング

 

原則価格改定ツールをほとんどの人が導入していて、

個々の商品の確認をしておらず最安値に合わせるのが

ほとんどです。

 

値下げを行うことを検討するタイミングとしては以下の条件の時です。

 

・多数の出品者が値下げしてきた

・商品数が多い

・回転率の低い商品

・新品

 

商品数が多くて、多くの出品者が値下げしてきた新品商品の場合、

追従しないわけにもいきません。

 

カートが取れないと自分の商品はいつまでたっても売れません。

 

回転率の低い商品はできるだけ早く決断する必要があります。

ただでさえ売れない商品を高く販売していたらいつまでたっても売れません。

素早く最安値にしましょう。

 

また、半年から1年近く売れていない商品は赤字になってでも売ってしまいましょう。

半年間売れていない商品がそのままの値段で今後売れる可能性も低いですし、

半年を超えるとFBA商品では追加で保管料を取られます。

 

売れ残り商品を抱えておくとそれだけでキャッシュフローが悪くなります。

必要以上に赤字を恐れて在庫に固執してはいけません。

 

だったら赤字でもさっさと売ってしまって、

現金に換えて次の商品を仕入れたほうがいいでしょう。

 

どんな優秀なせどら-でも赤字在庫はあたりまえに発生します。

 

割合としては

「利益商品8~9割」

「赤字商品1~2割」

あたりなら極々当たり前の成績と言っていいでしょう。

 

もし赤字が3割超えるようならそれはリサーチの仕方が間違っていますので、

基本に返って勉強しましょう。

 

 

もう一つ、商品ではありませんが、値下げすると効果的なタイミングというものがあります。

それが「毎月20日以降」と「ボーナス月」です。

 

20日以降になると多くの人が給料日を迎えますね。

そのころ値下げすると購買心理が働き、

「もうすぐ給料日で安くなってるし買っちゃえ!」

「給料日になったし、タイミングよく値下げしているし買っちゃえ!」

となるのです。

 

できればこういったタイミングで値下げしていくと売れやすさが変わってくるでしょう。

 

 

値下げのポイント

 

 

最後に、いざ値下げすると決めた時のポイントです。

一番重要なのは「値段で最安値にしない」ということです。

価格改定のツールの設定も同様です。

 

他の出品者が700円で出品していたら、699円にしてはいけません。

もしこれをやってしまうとほかの出品者が698円にするだけです。

 

するとほかの出品者がやはり697円に…

とこうなると冒頭の値下げ合戦になってしまいます。

赤字処分する気のせどらーが一人いるとこういった危うい状況になることが多いのです。

 

それを防ぐために最安値が700円なら700円に合わせましょう。

そしてamazonポイントを付与することで値下げしていきます。

 

amazonポイントは1pt=1円とみなされるので、

 

700円1ptの場合は、699円となります。

価格改定ツールでポイントまで追従する人はまだまだ少ないため

有効な値下げの仕方です。

 

こうすることにより、ほかの人も700円に合わせてくるので相場が700円前後に固定されます。

 

必要以上の値崩れを抑えることができます。

 

企業同士ではなく個人のせどらーが多い商品はこの値下げのポイントの難しさがあります。

 

クレカ仕入れは30日で売りぬくのが原則

 

クレカでの支払いは翌月などに支払いがきますので、

基本は仕入れた商品を売った代金で、

カードの支払いを行います。

 

したがって30日で売りぬくように価格調整していきましょう。

 

■まとめ

いかがだったでしょうか。

 

値下げはせどりをやる以上必ず直面する決断です。

 

特に消費期限のあるものやトレンド品は

このタイミングに敏感になっておかないと最悪赤字処分すらできなくなってしまいます。

 

 

変動に注意して、しっかりと売り抜けるようにしましょう。

 

おすすめの記事