Pickup記事

 

自宅に居ながらにして日本全国どこでも買い物ができるネットショップ。

 

そんなネットショップを利用した仕入れがネットショップ仕入れです。

 

24時間365日、いつでも買えてしかも安い。

せどりの商品としてしっかりと利益の出るものがたくさんあります。

 

メリットも非常に多く、副業との相性もぴったりです。

 

本記事ではそんなネットショップを解説します。

 

 

■ネットショップ仕入れとは

 

ネットショップ仕入れとはパソコンやスマホから

各ショップのホームページにアクセスして商品を通販で仕入れる方法です。

 

せどり業界では『電脳せどり』と呼ばれている方法です。

 

現在では多くのお店がネットショップを展開しています。

チェーン店でネットショップを持っていない店舗は皆無でしょう。

 

ネットショップは人件費や店舗の経費が掛からない分

実店舗よりも安く販売していることが多いです。

 

また、日本全国の商品を見られるので、実店舗のように

「今日は仕入れられるものが見つからなかった…」

という無駄足を踏むこともありません。

 

それ以外にも非常にたくさんのメリットがあり、

特に時間の制約を受けないことから

サラリーマンの副業としても非常人気です。

 

 

■ネットショップ仕入れの仕入れ先

 

ネットショップの仕入れ先は無数にあります。

インターネット上に存在するすべての店舗が仕入れ先となります。

 

その中でも良く仕入れに使われる代表的なショップをいくつか挙げていきます。

・Amazon

・楽天市場

・Yahoo!ショッピング

・ヤマダモール

・ビックカメラドットコム

・joshin web

・TSUTAYAオンライン

・ハードオフネットモール

・LOHACO

・セブンネットショップ

・HMV

・タワーレコード

・トイザらス

・ヤフオク

・メルカリ

・ラクマ

 

このあたりでしょうか。

 

もちろんこのほかにもネットショップは何十店、何百店とありますので、あくまで一例です。

ここに挙げたショップでしか稼げないというわけではありません。

 

むしろここに名前上がっていないショップは

知名度が低い分ライバルが少ないので穴場になりやすいです。

 

 

■ネットショップ仕入れのメリット

 

 

ネットショップ仕入れには様々なメリットがあります。

 

・移動する必要がない

・24時間仕入れ可能

・仕入確率が上がる

・落ち着いてリサーチができる

・横展開が簡単

 

項目が多いので順番に解説していきます。

 

・移動する必要がない

ネットショップは当然パソコンやスマホで仕入れができるので、

車や自分の足を使って店舗に行く必要がありません。

 

労力やガソリン代の節約だけでなく、

移動時間もかかりませんので結果、非常に効率の良い仕入れができます。

 

 

・24時間仕入れ可能

ネットショップは24時間営業しているので24時間365日商品を購入することができます。

実店舗だとお店の営業時間内に行く必要がありますが、ネットショップは関係ありません。

 

自分の生活スタイルに合わせて都合のつく時間で仕入れを行うことができます。

 

このようにネットショップ仕入れは場所や時間を選ばないので、

会社への通勤電車の中や夜寝る前の空いた数時間を利用して仕入れることが可能。

これが副業サラリーマンから圧倒的な人気を得ているメリットです。

 

ただし、24時間営業しているといっても

24時間発送や対応をしてくれるわけではありません。

 

あくまで商品が買える、というだけです。

深夜に購入するとお店からのメールや発送は翌日の日中になることがほとんどです。

 

 

・仕入確率が上がる

日本全国から商品を買えるので、仕入れられる商品に限りがありません。

 

実店舗はそこのお店にあるだけしか買えません。

 

しかしネットは日本全国の商品が買えるので、

仕入れる商品が枯渇したり、

利益の出る商品が見つからないということは絶対にありません。

 

もし、ネットショップで利益の出る商品を見つけられないとしたら

それはリサーチ方法が間違っているだけです。

 

断言できます。

 

そのくらい無数のお宝が眠っている場所なんです。

 

時間の許す限り無限に仕入れることができるのがネットショップです。

 

 

・落ち着いてリサーチができる

実店舗せどりをやったことがある人は分かるかと思いますが、

リサーチって結構人の目が気になります。

 

店内を長時間うろうろしてスマホやタブレットを使って

ポチポチやっているわけですからね。

店員さんやほかのお客さんからしたら不審な客に映っているのは間違いありません。

 

人の目を気にして周りをきょろきょろしてせどりをしている人も多いでしょう。

 

また、最近では「せどり禁止」を掲げているお店も多くなってきたことから、

実店舗せどりは一時期に比べてやりにくい手法になってきてしまいました。

 

早々とリサーチを済ませようとして焦った挙句

利益の出ない商品を仕入れてしまった苦い経験はないでしょうか。

 

その点ネットショップせどりは人の目はありません。

何分でも、何時間でもリサーチに時間をかけることも可能です。

 

落ち着いて、ゆっくりとリサーチができる点もメリットです。

 

 

・横展開が簡単

一つ利益の出る商品を見つけたら横展開が簡単です。

例えばTSUTAYAオンラインでプレミアの付いたCDを見つけて確保したら

そのCDをHMVで探す。

 

さらに次々とほかの店舗でも検索することが簡単にできます。

これによって利益を何倍にも増やすことが可能です。

 

 

ネットショップ仕入れは非常にメリットが多い手法です。

今後ますますメインのせどり方法として人気は高まっていくことでしょう。

 

 

■ネットショップ仕入れのデメリット

 

ネットショップ仕入れにはデメリットもあります。

ネットショップ仕入れのデメリットは以下の4つです。

 

・ライバルが多い

・実物の状態が確認できない

・送料がかかる

・到着までのタイムロスがある

 

こちらも一つずつ解説していきます。

 

・ライバルが多い

最大のデメリットはライバルの存在です。

手軽にできて時間の制約がなく、しっかりと利益を確保できる。

こんな手法ならやらない人がいる方が不思議ですよね。

 

ネットショップ仕入れはその人気からライバルの数が非常に多いです。

実店舗だとライバルはせいぜい数十人から数百人程度ですが、

ネットショップ仕入れは全国のせどらーや購入ユーザーがライバルになりますから、

おそらく何万人といるはずです。

 

ライバルが多いと利益の出る商品を買い占められてしまうことはもちろん、

全員が一斉に買ったせいで相場が下がり全員が赤字になってしまうこともあり得ます。

 

不特定多数のせどらーが市場に介入するので相場が不安定になって先が読めなくなります。

 

ネットショップ仕入れ最大のデメリットです。

 

 

・実物の状態が確認できない

新品メインのせどらーにはあまり影響がないかもしれませんが、

ネットショップ仕入れのデメリットとして

「実物の状態が確認できない」というデメリットがあります。

 

中古せどらーにとっては非常に不安な点です。

実物が確認できないので、いくらお買い得に見えても、実際に商品が届くまでは不安です。

 

新品のせどらーも化粧箱がつぶれていたりすると販売に影響が出ますよね。

当たり前と言えば当たり前ですが、

実物が見られないというのも比較的大きなデメリットです。

 

 

・送料がかかる

ネットショップで買い物をすると送料がかかります。

これもデメリットです。

単純に利益が減るわけですからね。

薄利多売の商品は大きく影響してきます。

 

ですが、ほとんどのショップでは

「○○円以上購入すると送料無料」となっていますから、

そこまで大きなデメリットではないでしょう。

 

特にせどらーはまとめて購入するので、

「○○円以上」という条件は比較的クリアしやすいです。

 

 

・到着までのタイムロスがある

最後はタイムロスです

注文してから届くまでに2日以上かかります。

地方に住んでいるとさらにかかるでしょう。

 

AmazonやAskulを利用すれば翌日届いたりするかもしれませんが、

ほかの店舗ではそういったサービスを期待することはできません。

 

ショップ側に都合によっては発送までにさらに数日待たされたりするかもしれません。

 

トレンド商品の場合このタイムロスはかなり致命的になります。

届くのを待っている間に相場が変動してしまう可能性も十分にあります。

 

扱う商品によっては大きいデメリットです

 

 

■ネットショップ仕入れの方法

 

 

ネットショップで仕入れる場合、

まずは自分がどこのジャンルを扱うのかをしっかり決めておかないといけません。

 

リサーチするショップも変わってくるからです。

 

自分の得意とするジャンルでまずは狙っていきましょう。

 

リサーチの基本としては

・処分品

・アウトレット品

・タイムセール

などを狙っていきます。

 

処分品やアウトレット品は新品コンディションで出せるので差益を取りやすいです。

 

タイムセールはライバルが多いため、いちいちリサーチをしていたら絶対に買えません。

利益の取れそうな商品はさっさと買い物かごの中に入れましょう。

自分の得意なジャンルの商品ならある程度相場は頭の中に入っているはずです。

 

先ほど自分の得意ジャンルでリサーチをしてくださいと言ったのはそういう意味です。

 

全く知識のないジャンルの商品を狙ってもリサーチに時間がかかってしまい、買えません。

 

 

タイムセールや処分品以外はこまめにリサーチしていくしかありません。

ここでも自分の得意ジャンルなら

ある程度瞬間的に商品の相場が判断でき、利益の出そうな商品が絞れるでしょう。

 

判断が早くなるということは検索スピードも上がるということです。

 

ネットショップは膨大にありますので、

検索に時間をかけていると効率がどんどん悪くなります。

自分の得意ジャンルをメインに検索し、

時間に余裕があればほかのジャンルを勉強していきましょう。

 

 

ある程度利益の出そうな商品を絞れたらモノレートでリサーチしていきます。

 

このときにただ調べるだけでなく、

excelなどを使ってしっかりと商品リスト化していくと後々非常に有利になります。

 

ネットショップ仕入れは実店舗と違って

自分から商品を検索してくスタイルがメインになります。

 

対して実店舗は見つけたもの、置いてあるものに対してリサーチをおけるイメージですね。

 

なので商品リストがあると次から次へとリサーチをかけることができるようになります。

ある程度リスト化できるようになると

それを元にほかの方に作業をお願いすることもできるようになります。

 

是非作っていきましょう。

 

 

■まとめ

 

ネットショップ仕入れは在庫が枯渇する心配がなく、

24時間いつでも仕入れられる仕入れ先です。

 

一つ利益の出る商品が見つかればそこから横展開していき、

利益を最大化することも可能です。

 

本業にも副業にも適していますし、

今現在もっとも稼げるせどりといって間違いありません。

 

まずは自分の趣味の範囲の商品から仕入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事