Pickup記事

せどりで利益を上げるもっとも単純で効果的な方法は

何といっても「安く仕入れる」ことです。

 

安く仕入れれば仕入れるほど利益を増やすことができますし、

万が一相場が崩れても損害を最小限に抑えることができます。

 

しかし簡単に言ってはみたものの、安く仕入れるというのは一番難しい問題でもあります。

 

そんな商品を安く仕入れる方法の一つとして「卸仕入」があります。

 

通常商品を仕入れているお店、小売店ではなく、卸の納品業者から商品を購入する方法です。

 

本記事ではそんな卸業者から商品を買う方法を解説します。

 

通常の仕入れで限界を感じている方は是非参考にしてみてください。

 

 

■卸仕入れとは

 

卸仕入とは、一般的なせどりの仕入れ先である小売店ではなく、

その小売りに商品を卸している卸業者から商品を直接購入する仕入れ方法です。

 

通常、せどりの物流というのは

「製造メーカー→卸問屋→小売店→せどらー→ユーザー」

というように流れていきます。

 

製造メーカーはもちろん、卸問屋も小売店も、

そして我々せどらーも仕入れ価格に利益を乗せて顧客に商品を販売しています。

 

ということは製造メーカーから直接商品を仕入れることができれば

ほぼ原価に近い価格で商品を仕入れることができますね。

 

ただ、メーカーから商品を直接買うのはハードルが高いです。

交渉の場を作るために直接連絡を入れたり、展示会に足を運んだり。

その後も打ち合わせや交渉を重ね時間をかけて販売ルートを開拓する必要があります。

 

そもそも個人のせどらーに商品を卸してくれないメーカーも多数あります。

冷たく断られておしまい、なんて珍しい話ではありません。

 

そんな時に卸問屋を活用するのです。

 

卸問屋と聞くとメーカ―同様、

個人には商品を卸してくれないイメージがあるかもしれませんが、

卸問屋の多くは個人事業主相手にも商品を販売してくれます。

 

もちろんお店で買うのと同じように、

と行かない部分もありますが、販売自体は多くの問屋が快く受けてくれます。

 

メーカー直接仕入れに比べると少し利益は減ってしまいますが、

簡単に買える点は魅力的です。

 

いくら安く買えてもその分手間や時間をかけてしまったら元も子もありません。

メーカー仕入れより時間をかけることなく高い確率で仕入れることが可能です。

 

また、利益が減るとはいえ、小売店から購入するよりは原価に近くなります。

 

つまり卸仕入は、メーカー仕入れ程難しくなく、

小売店よりは安く買えるという良いとこどりの仕入れ先です。

 

 

■卸仕入れのメリット

 

 

卸仕入のメリットは主に以下の3つです。

・安く買える

・容易に買える

・安定して仕入れができる

 

まず、何といっても安く買えます。

 

製造メーカーから直接買えれば言うことないんですが、

メーカーから直接買うのは時間も手間もかかります。

 

その点卸仕入れは連絡さえ取れればその後の交渉は比較的スムーズです。

時間に対する対費用効果、短期、中期でのコスパなどを考えたら

卸から仕入れるのが一番安いでしょう。

 

安く買えるというのは単純にして最大のメリットです。

 

せどりはいかに安く仕入れるかが重要ですからね。

極論を言えば安く仕入れることができれば誰でも簡単に稼ぐことが可能です。

 

また、安く買える商品があるということは、今まで利益率として微妙だったために

仕入れられなかった商品も仕入れるチャンスが出てくるということです。

 

仕入れられる商品に幅ができます。

 

安く仕入れられるようになる事で扱える商品数が増える。

つまりより多くの種類の商品を仕入れて販売できるので、

資金さえ都合が付けば売り上げや利益を増やすことが可能になってきます。

 

 

また、卸はメーカーと違って販売業者です。

なので、個人事業主であるせどらーにも普通に商品を卸してくれます。

 

全くの一般人だと卸問屋から難色を示されることもありますが、

せどらーは一般人ではなく「個人事業主」です。

 

若干小売りで買うのとは違う点もありますが、

全く相手にしてくれない、という業者はそこまで多くありません。

 

中には卸直営のお店もあり、

そこでは小売りと変わらない価格で商品を仕入れることが可能です。

 

 

そして最後は在庫量です。

 

小売りはどうしてもせどらー同様「在庫」というものがあり、

一度に仕入れる量が限られています。

 

しかし卸は小売りとは比較にならない規模で大量に在庫を持っていますし、

在庫が無くなればメーカーに発注することも可能です。

在庫切れの心配なく安定して商品を仕入れることができます。

 

このように卸問屋を利用するメリットは沢山あります。

 

 

■卸仕入れのデメリット

 

 

もちろんいいことばかりではありません。

卸仕入にはデメリットもあります。

 

・小ロットで買えない場合がある

・現金払いがメイン

・いきなり相場が崩れるリスクがある

 

卸は基本的に業者、つまり小売店向けに商品を卸しています。

ジャンルによっては小ロットで販売してもらえない商品もあります。

 

そこまで多くはないですが、

もし自分が扱おうとしているジャンルの商品が小口販売に対応していなかったら

大量に仕入れる必要が出てきます。

 

確実に売れる商品なら大量に仕入れても問題ないですが、

確実に売れるかどうかなんて誰にも分りません。

 

できれば仕入れ量は調節できた方が色々とリスク管理ができて安心です。

しかし小口で卸してもらえない場合、そのリスク管理ができなくなる可能性があります。

 

そして卸ではクレジットカードが使えないところが多いです。

基本現金払いです。

 

クレジットで仕入れて、売り上げで引き落としているスタイルのせどらーが

無理に卸仕入れに手を出すとキャッシュフローが一気に悪くなる可能性があります。

 

小口販売していない場合は大量の仕入れに対して現金で支払う必要が出てくるので、

小規模せどらーでは仕入れそのものが難しくなります。

 

 

最後は値崩れのリスクです。

 

せどりならどんな場合でもこの値崩れリスクはありますが、

卸業者で扱っている商品は特にその危険性が高くなります。

 

仮に、利益の出る商品を見つけたとします。

出品者も少なく、回転率も比較的高い商品です。

 

しかし残念なことにその商品は100個単位でしか卸してもらえません。

ですが、リサーチ段階では確実に利益が出ている予測なので迷った挙句仕入れます。

 

あなたが仕入れたタイミングで他の数人のせどらーが

同じことを同じタイミングで考えていたらどうなるでしょうか。

 

5人が同じことを考えていた場合、市場には500個近い商品が出回りますよね。

そうなると当然相場が下がります。

 

卸仕入は仕入れ量が大きくなる傾向にあるので、

どうしても同じことを考えているせどらーと商品が競合しやすいです。

 

こういったデメリットやリスクがあることは頭に入れておきましょう。

 

 

■卸仕入れ先

 

では実際に卸から商品を仕入れる方法を解説します。

卸から商品を仕入れる方法は

 

・卸のネットショップ

・卸直営店

・直接交渉

・問屋街

 

が主な卸仕入れ場所になります。

 

上から難易度の低い順になっています。

順番に解説していきます。

 

・卸のネットショップ

まず、一番現実的で簡単なのがネットショップです。

 

実は卸問屋もネットショップで商品を販売をしています。

検索したことがない方は驚くかもしれませんが、

GoogleやYahoo!で「卸 仕入れ」と検索すると

卸から直接購入できるサイトが無数に出てきます。

 

とはいえ、あまりにサイト数が多く迷ってしまうと思いますので、

有名なサイトをいくつかご紹介します。

 

どれもきちんと実績もある安心安全なサイトですよ。

 

・NETSEA

・ICHIOKU.NET

・スーパーデリバリー

・卸問屋.com

 

もちろんこのほかにもたくさんあります。

初心者の方はまずはこういった有名なサイトから始めてみるのがいいでしょう。

 

ほとんどのサイトで登録や閲覧は無料です。

 

こういったサイトでは、

通常のネットショップの買い物と同じ感覚で買えるというメリットがあります。

 

通常対応していないクレジットに対応している業者も多いので、

小規模のせどらーにも安心です。

 

誰でも気軽に買うことができます。

 

ただ、誰でも気軽に買えるというのはそのままデメリットにもなります。

競合相手がどうしても多くなってしまう点には注意しましょう。

 

 

・卸直営店

卸の中には実店舗を持っている会社もあります。

「卸直営」とか「誰でも買える卸問屋」とか「業務用スーパー」といった看板や

店名を見たことはないでしょうか。

 

こういったお店では卸価格で誰でも商品を買うことが可能です。

 

ただし、実店舗があるということは人件費や賃料を払っていますので、

卸と謳いながらも商品が思ったほど安くなかったりする場合もあります。

 

 

・直接交渉

メーカーから紹介されたり、自分で直接卸業者に連絡をして交渉することもできます。

よほど有名な商品だとか、大きな卸会社でなければ相談に乗ってくれるはずです。

 

安く掘り出し物が買える可能性がある方法ですが、

交渉スキルが必要なので、心理的なハードルは一番高いです。

 

 

・問屋街

こちらも少々ハードルが高いですが、

ライバルが少なく掘り出し物を仕入れるなら問屋街に行ってみるという方法もあります。

 

問屋街はその名の通り、卸問屋が集まって形成されている場所です。

日本各地に存在しており、東京でも5~6か所はあります。

 

ただ、一般でも購入できるところやできないところ、

その問屋街の扱っている商品の傾向というか特色と言ったものがあるので、

事前のリサーチは必須です。

 

ろくに調べずに行くと買うものが無かったり、

そもそも売ってもらえない可能性もあるので注意してください。

 

問屋街はうまく利用すると、

市場に流通しにくい、つまりライバルの少ない商品を安く購入することができます。

 

立地的な問題はありますが、

お近くにこういった問屋街があれば是非足を運んでみましょう。

 

 

■仕入れ方法

 

卸で扱っている商品は膨大です。

なんとなく「卸が安そうだから仕入れたい」と考えていると

商品を選定しきれずいつまでたっても仕入れはできません。

 

卸で商品を探す場合、以下の3つの方法があります。

 

・実際今仕入れている商品の卸業者を探す

・欲しい商品の卸を探す

・端からリサーチする

 

まず、過去の商品リストや今現在扱っている商品の卸業者を探す方法です。

いままで小売りから仕入れて利益を出していた商品を

卸しに切り替えることができればさらに利益を増やすことができるかもしれません。

 

リサーチ方法は簡単です。

GoogleやYahoo!で「○○ 卸」と検索すれば簡単にヒットします。

 

ヒットしたら価格を調べて、

仕入れた時よりもさらに安く仕入れが可能かどうか確認します。

 

この方法は継続的に仕入れて利益の出ている物や、

仕入れれば確実に売れる回転率の高い商品リストを持っている場合に有効です。

 

消耗品や食品と言ったリピート率の高い商品などと相性がいいですね。

 

 

他には利益率の関係で仕入れを諦めていた商品があればそれも調べてみましょう。

中には利益の確保できる価格で卸している業者があるかもしれません。

 

 

最後は端からリサーチする方法です。

店舗に直接いって全頭(すべてリサーチすること)したり、

ネットなら端からモノレートでチェックしてもいいでしょう。

 

運よく利益の取れる商品が見つかるかもしれませんし、

万が一商品が見つからなくても勉強になるでしょう。

 

端からリサーチするのは、相場観を養うためにも重要な作業です。

 

中級者や初心者のせどらーは是非やってみましょう。

 

 

■まとめ

 

卸仕入は、

・小売りじゃ安く仕入れられない

・メーカーと交渉するのは不安

という方におすすめの仕入れ先です。

 

小売り程高くなく、メーカーほど仕入れにくくないという良いとこどりの仕入れ方法です。

ただしその反面、しっかりと目的をもってリサーチしないと中途半端になりやすいです。

 

自分が仕入れたい商品をしっかりとリサーチして卸に連絡をしてみましょう。

 

卸に慣れたら徐々にメーカー仕入れにもチャレンジしていきます。

 

物販ビジネスに移行する第一歩でもある卸仕入れ。

是非挑戦してみてください。

おすすめの記事