Pickup記事

楽天市場で商品を購入するとポイントが付与されますが、購入するタイミングによって付与される倍率が変わってくるのをご存じですか?

 

 

今回は、楽天市場で仕入れをする際のタイミングや倍率を引き上げる方法について解説をしていきます。

 

 

楽天市場や楽天カードが使える店舗で仕入れをしていると、楽天ポイントが貯まります。

 

 

この楽天ポイントは、日本の国内において、Tポイントと並んで貯まりやすいポイントの1つです。

 

 

そんな楽天ポイントを最大限にしっかりと獲得できているでしょうか。

 

 

楽天市場で普通に商品を買えば、勝手にポイントが貯まるというように、軽く考えていないでしょうか。

 

 

もしその程度に楽天ポイントを考えていたら、楽天市場のサイトを使って、せどりで稼ぐのは非常にもったいないです。

 

 

また、ポイント分を利益に含めて、もし仕入れをしていたら、実は、ポイント付与分の上限が達していて、赤字であったという痛い目をみることにもなりかねません。

 

 

楽天せどりをするなら、ポイントをしっかりと理解しておく必要があります。

 

 

楽天ポイントは貯めるのにコツがあり、ポイントには上限があります。

 

 

そのため、一定の仕入れを超えてはいけません。

 

 

だからこそ、楽天ポイントは買い方を工夫したり、タイミングを測って購入することでもらえるポイントに大きな差を付けて、上限のギリギリまでの仕入れに抑えて稼いでいかなければいけません。

 

 

しかし、その条件は、少し複雑です。

 

 

実際に、ほとんどの方が正しく理解をしておらず、最大限にポイント還元をしてもらうチャンスを逃してしまっています。

 

 

楽天ポイントは1ポイント=1円なので、ポイントをもらい損ねているということは、お金をもらい損ねていることと同じです。

 

 

それが、1つの商品につき、もし10倍違mpっていたら、利益額も仕入れになる商品の幅も、変わってきます。

 

 

この記事を読んで、楽天ポイントを最大限に獲得して、効率よく稼ぐ方法を理解していきましょう。

 

 

1.そもそも楽天ポイントとは?

 

 

 

楽天ポイントの正式名称は、楽天スーパーポイントです。

 

 

名前の通り、楽天株式会社が運営する

ポイントサービスの総称です。

 

 

楽天グループのサービスを利用することで、利用金額に応じたポイントを貯めることができます。

 

 

貯まったポイントは、1ポイント1円として各楽天サービスで使用することが可能です。

 

 

また、ポイントの使用は楽天グループ(楽天市場やラクマ)だけではなく、提携している企業でも使用することができます。

 

 

楽天ポイントと提携している企業の例は以下の通りです。

 

 

・コーナン

・大丸

・松坂屋

・サンドラッグ

・ツルハドラッグ

・ダイコクドラッグ

・マザーピア

・ココカラファイン

・アルペン

・ビックカメラ

・ソフマップ

・コスモ石油(貯まるのみ)

・出光

・上新電機(ジョーシン)

 

 

この中でも、コーナンやココカラファイン、ダイコクドラッグ、ジョーシン電機、ビックカメラやソフマップなどでは、仕入れで利用することも多い店舗です。

 

 

貯まった楽天ポイントの使用もできるので、仕入れにはもってこいです。

 

 

楽天ポイントの還元は、基本的には買い物額の1%です。

 

 

100円の買い物で1ポイント(1円相当)、1,000,000円の買い物で10,000ポイントです。

 

 

ただ、この還元率はあくまで基本です。

 

 

1-1.楽天ではポイントが多く獲得できる

 

楽天では、様々なキャンペーンを常時実施しています。

 

 

それらのキャンペーンを利用する事で、最大55%(後述のスーパーDEALにさらにSPUのポイントも含めることが可能です。(ポイント還元率はさらに上がります。)の還元もできてしまいます。

 

 

例えば、スーパーDEALで、月150万円分の仕入れをするとしたら、還元率が55%だと、82万5千円分ものポイントが還元される計算になります。

 

 

SPUのポイントの最大は、192万円です。(毎月16万円計算)

 

 

年間で約1,118万円も還元することができます。

 

 

スーパーDEALによる還元(55%)に利益がなかったとしても、SPUの還元ポイントが年間192万円もらえると考えたら、仕入れは簡単だと想像することができます。

 

 

楽天せどりでの稼ぎ方は、このようなポイント攻略をするに尽きます。

 

 

ポイント還元されて利益が増えた、良かった、で終わるのではなくて、還元される前から利益計算し、仕入れを行っていきましょう。

 

 

そうすることで、本来は仕入れ対象にならない商品が仕入れ対象になったり、商品を広く仕入れることが可能になります。

 

 

つまり、楽天ポイントの還元は、単純にお金が返ってくる、キャッシュバックと同じ考えなのです。

 

 

仕入れをすればするほど、より稼ぎやすくなります。

 

 

例えば、還元率30%の商品を1万円で買った場合でお話をします。

 

 

商品自体を1万円で売って、利益がマイナス1500だとしても、楽天ポイントが3000円分獲得することができるのであれば、利益は、1500円ということになります。

 

 

このように、楽天ポイント=お金と考えて、先に支払いをすれば、普段仕入れられない商品も、仕入れができるようになります。

 

 

ポイントは、決済をした後に後から入ってきますが、クレジットカード決済をするので、ポイントが入ってくるタイミングと口座引き落としのタイミングの差はそこまで開きがありません。

(楽天のポイント付与は基本的に翌月15日です。楽天銀行と楽天保険のポイントのみ翌々月15日です。)

 

 

商品自体は決済をしてからすぐに届いて、売上も立ちます。

 

 

さらに、Amazonからの入金も2週間に1回あるため、資金に困るようなこともありません。

 

 

仕入れの幅が格段に増えることは、ご理解いただけたでしょうか。

 

 

2.楽天で仕入れる際に利益率を引き上げる仕入れタイミングとは?

 

 

 

条件を満たして還元率を上げるSPUの他にも、ポイント還元率をアップさせるタイミングがあります。

 

 

ここではそんなポイントをアップさせることができる、キャンペーンやセールを解説していきます。

 

 

2-1.通常還元

 

楽天の各ショップでは楽天のセールなどとは関係なく、個別にポイント還元を行っています。

 

 

期間や還元率などは様々ですが、最大で19%還元を行っているショップもあります。

 

 

タイミングは、ショップによって異なります。

 

 

もし、仕入れたい商品があれば、買い物かごに入れてキープしておくようにして、還元が始まったら買うのも1つの手です。

 

 

各ショップが行う還元は、ポイントに上限がないため気にせずにどんどん仕入れをしていきましょう。

 

 

2-2.スーパーDEAL

 

 

 

楽天スーパーDEALとは、毎日10時に更新される楽天市場の高還元セールです。

 

 

毎日様々な商品が販売されていて、そのどれもが10%以上のポイントバックというお得なセールです。

 

 

中には50%、55%という半額以上ポイント還元される商品もあります。

 

 

そのため、仕入れに使うのも有効です。

 

 

さらに、還元されるポイントは期間限定ポイントではなく、通常ポイントで還元されます。

 

 

その上、獲得ポイントの上限はありません。

 

 

毎日商品も入れ替わるので、毎日覗いてみることをおすすめします。

 

 

ただし、ポイント還元分を加味しても安くない商品ももちろんあるので、しっかりとリサーチは行ってください。

 

 

2-3.5と0の付く日

 

毎月0と5の付く日に楽天市場で商品を購入すると、通常のポイント還元からさらに+2%になります。

 

 

5.10.15.20.25.30の6日間です。

 

 

この日は、楽天市場で買い物をすると通常もらえるポイントに上乗せで2%が還元されます。

 

 

先ほどのSPUと併用可能であるため、単純に2%増えると考えてください。

 

 

ただ1点だけ、エントリーが必要な点は注意してください。

 

 

5と0の付く日になったら楽天カードのアプリやホームページからログインをしてください。

 

 

そこからキャンペーンにエントリーをしてから、楽天市場で買い物をしてください。

 

 

エントリーし忘れてしまうと、せっかくのポイントはつきません。

 

 

2-4.お買い物マラソン

 

 

 

お買い物マラソンは、定期的に開催されるイベントです。

 

大体1カ月に1回、約1週間という期間で行われます。

 

 

このイベントは、各ショップを買い回りすることでポイントの還元率がアップします。

 

 

1つの店舗で1000円以上の買い物をすると、1%加算されていきます。

 

 

最大10%まで加算することが可能です。

 

 

例えば、楽天市場内のショップAとショップBでそれぞれ買い物をしたとします。

 

 

通常であれば、還元されるポイントはAで1%、Bで1%です。

 

 

しかし、お買い物マラソン期間中は、2店舗買い回りするとAとB両方の買い物に2%のポイントが還元されます。

 

 

5店舗で買い物をした場合は、全ての商品に対して5%が還元されます。

 

 

これが10店舗になれば、10店舗すべての買い物に対して10%のポイントが還元されます。

 

 

また、楽天市場の各ショップだけでなく以下の楽天サービスでも1店舗としてカウントされます。

 

 

・楽天ブックス

・楽天KOBO

・楽天デリバリー

・楽天ペイ

・楽天ミュージック

 

 

ただし、これらのサービスは、1店舗での扱いです。

 

何回買っても1店舗とカウントされる点に注意してください。

 

 

このイベントのすごい所は、SPUやショップ還元セールなど、他のイベントと併用ができる点です。

 

 

そうすることで、最大44%(ディールを除いてでも)のポイント還元ができてしまいます。。

 

 

例えば、ポイント18%還元セール中の店舗を含めた全10店舗で商品を購入したとします。

 

 

すると 、お買い物マラソン10%還元、ショップ還元18%で28%還元することができます。

 

 

さらに、SPUの16%の条件を満たしていると、合計で44%のポイントを還元することができます。

 

 

このような高還元での仕入れが実現します。

 

 

しかし、以下のことには注意してください。

 

 

・1000円以上買い物すること

・獲得上限は10000ポイント

・期間限定ポイント

 

 

上限に関しては、あくまでお買い物マラソンで還元されるポイント(10%)の上限です。

 

 

ショップ個別ポイントや、SPUによるポイント上限とは別の扱いになります。

 

 

そのため、買い回りポイントが10倍なら、10万ポイントが上限です。

 

 

ポイント5倍だとしたら、20万が上限です。

 

 

また、もらえるポイントは、期間限定ポイントです。

 

 

そのため、ポイントが付与されたら期間内に仕入れに再利用しましょう。

 

 

3.獲得できるポイントの倍率を上げる方法

 

基本的にここまでに説明したように、楽天カード+楽天市場アプリ利用で2.5%は還元がされます。

 

 

ここからさらに後から説明するSPUと併用することで、還元率をアップさせることができます。

 

 

楽天のメリット・強みはこれにある、といっても過言ではない点です。

 

 

SPUプログラムとは、スーパーポイントアッププログラムの略です。

 

 

これは楽天の各種サービスを利用する、などの条件を満たすことで、その月の還元率がアップするシステムです。

 

 

先ほどの、楽天カード利用で+2%、楽天市場利用で+0.5%、もこのSPUに含まれています。

 

 

全ての条件を満たすことによって、ポイント還元は最大16倍になります。

 

 

つまり、その月の楽天市場での買い物代金が16%ポイント還元されます。

 

 

そんなお得なSPUの条件は以下の通りです。

 

 

・楽天会員は全員もらえる 通常購入1%(通常利用)

 

・楽天カード利用で2%(この2%のうちの1%はクレジット決済によるポイント1%が含まれれる)

 

・楽天プレミアム楽天ゴールドカード利用で2%

 

・楽天銀行+楽天カード決済で1%

 

・楽天の保険+楽天カード決済で1%

 

・楽天のでんき、加入と利用で0.5%

 

・楽天市場アプリ利用で0.5%

 

・楽天証券、月1回500円以上のポイント投資利用で1%

 

・楽天モバイル通話シム契約で2%

 

・楽天TVのNBA,もしくはパリーグスペシャル契約で1%

 

・楽天ブランドアベニュー利用で1%

 

・楽天ブックス、月1回1注文、1000円以上で0.5%

 

・電子書籍KOBO、月1回1注文、1000円以上で0.5%

 

・楽天トラベル利用で1%

 

・楽天ビューティー、月1回1500円以上利用で1%

 

 

 

上記のプログラムを全て満たすと、16%還元になります。

 

 

各プログラムにはそれぞれ条件(○○円以上利用など)があるので、注意してください。

 

 

このSPUでもらえるポイント上限は、会員ランク別獲得上限に準じます。

 

 

・ダイヤモンド→15000ポイント

・プラチナ→12000ポイント

・ゴールド→9000ポイント

・シルバー→7000ポイント

・その他→5000ポイント

 

 

こちらにも注意をしてください。

 

 

3-1.楽天カード

 

 

 

楽天カードを作成して、利用をするだけで+2倍になります。

 

 

この2倍のポイントうち1倍は、クレジット決済によるポイント付与です。

 

 

このクレジット決済によるポイント付与率には、上限ポイントはありません。

 

 

・楽天カード利用のクレジット決済ポイント1倍

・楽天カードカード利用特典ポイント1倍)

 

 

楽天カード利用によるポイント上限は、5000ポイントまでであるため、購入上限は、50万円になります。

 

 

しかし、1倍分はこれ以上に買ってもポイントは入るので頭に入れておいてください。

 

 

3-2.楽天プレミアムカード OR 楽天ゴールドカード

 

楽天プレミアムカードのみ、月間の上限獲得ポイントが、15000ポイントになります。

 

 

楽天カードのSPUポイントである上限5000ポイントに加えて、楽天プレミアムカードのSPUポイントである上限の15000ポイントの両方をもらうことはできません。

 

 

楽天ゴールドカードは、楽天カードと同様に、5000ポイントが上限です。

 

 

ポイント倍率に関しては、+2倍になります。

 

 

楽天カードのSPU特典も含まれるため、楽天プレミアムカード、または楽天ゴールドカードを決済に使った場合は、ポイント倍率は4倍となります。

 

 

・楽天カード利用クレジット決済ポイント1倍

・楽天カードカード利用特典ポイント1倍

・楽天カードプレミアムカード (SPU 楽天プレミアム・ゴールドカード利用特典ポイントの2倍)

 

 

4倍のうちの1倍は、楽天カードによるクレジットカード決済分の1倍であるため、上限はありません。

 

 

上限のある3倍、楽天カード利用特典ポイント1倍、楽天プレミアム・楽天ゴールドカード利用特典ポイントの2倍で計算をすると、買い物上限は、50万円です。

 

 

3-3.楽天銀行+楽天カード

 

 

 

楽天銀行の口座から楽天カードを利用し、引き落としにすると、+1倍になります。

 

 

ダイヤモンド会員:15,000ポイント

プラチナ会員:12,000ポイント

ゴールド会員:9,000ポイント

シルバー会員:7,000ポイント

その他会員:5,000ポイント

 

 

また、ランクがダイヤモンド会員であれば、上限金額は、150万円です。

 

 

3-3.楽天保険+楽天カード

 

楽天の保険の保険料を楽天カードで支払いをすると、+1倍です。

 

 

上限は、5000ポイント、上限金額は、50万円です。

 

 

3-4.楽天でんき

 

加入と利用で+0.5倍で、上限は、5000円ポイント、上限金額は、100万円です。

 

 

3-5.楽天市場アプリ

 

楽天市場アプリで決済すると、+0.5倍になります。

 

 

ダイヤモンド会員:15,000ポイント

プラチナ会員:12,000ポイント

ゴールド会員:9,000ポイント

シルバー会員:7,000ポイント

その他会員:5,000ポイント

 

 

上限金額は、300万円です。

 

 

楽天アプリでの決済であっても、その前にハピタス等の他のポイント還元サイト経由で商品の購入をすると、さらにポイントを獲得することができます。

 

 

ポイントの三重取りをしていきましょう。

 

 

3-6.楽天モバイル

 

通話SIMの利用で、+2倍になります。

 

 

上限は5000ポイントです。

 

 

また、上限金額は、25万円です。

 

 

3-7,楽天TV

 

楽天TVのNBA、またはパ・リーグSpecialへの加入・契約更新で+1倍になります。

 

 

ダイヤモンド会員:15,000ポイント

プラチナ会員:12,000ポイント

ゴールド会員:9,000ポイント

シルバー会員:7,000ポイント

その他会員:5,000ポイント

 

 

上限金額は、150万円です。

 

 

3-8.楽天ブランドアベニュー

 

月1回の利用で+1倍になります。

 

 

ダイヤモンド会員:15,000ポイント

プラチナ会員:12,000ポイント

ゴールド会員:9,000ポイント

シルバー会員:7,000ポイント

その他会員:5,000ポイント

 

 

上限金額は、150万円です。

 

 

3-9.楽天ブックス

 

 

 

月1回1注文1000以上の利用で、+0.5倍になります。

 

 

ダイヤモンド会員:15,000ポイント

プラチナ会員:12,000ポイント

ゴールド会員:9,000ポイント

シルバー会員:7,000ポイント

その他会員:5,000ポイント

 

 

上限金額は、300万円です。

 

 

3-10.楽天Kobo

 

月1回1注文1000以上の利用で+0.5倍になります。

 

 

ダイヤモンド会員:15,000ポイント

プラチナ会員:12,000ポイント

ゴールド会員:9,000ポイント

シルバー会員:7,000ポイント

その他会員:5,000ポイント

 

 

上限金額は、300万円です。

 

 

3-11.楽天トラベル

 

 

 

月1回の利用で+1倍になります。

 

 

ダイヤモンド会員:15,000ポイント

プラチナ会員:12,000ポイント

ゴールド会員:9,000ポイント

シルバー会員:7,000ポイント

その他会員:5,000ポイント

 

 

上限金額は、150万円です。

 

 

3-12.楽天ビューティー

 

月1回1注文1500円以上の利用で+1倍になります。

 

 

ダイヤモンド会員:15,000ポイント

プラチナ会員:12,000ポイント

ゴールド会員:9,000ポイント

シルバー会員:7,000ポイント

その他会員:5,000ポイント

 

 

上限金額は、150万円です。

 

 

4.獲得したポイントを有効活用するには?

 

 

 

貯まった楽天ポイントを有効活用する方法について解説をしていきます。

 

 

ポイントの使い道は、思ってる以上に沢山あります。

 

 

自分の生活の足しにしてもいいですし、仕入れに使って利益にしても良いです。

 

 

楽天ポイントの使い道は、以下の通りです。

 

 

・楽天市場で買い物をする

・加盟店で使用する

・Edyなどに換える

・ギフト券に換える

・楽天決済に回す

 

 

楽天で得た期間限定のポイントは、日に余裕があるのであれば、また楽天市場での使用に再利用をしていきましょう。

 

 

日にちに余裕がなければ、楽天ポイントが使える店舗での仕入れに利用したり、ガソリンに当てたりするのもおすすめです。

 

 

あるいは、楽天Edyにチャージをして、ヤマト運輸の梱包の支払いに利用することも可能です。

 

 

他には、楽天でAmazonギフトなどを購入することもできます。

 

 

Amazon刈り取りなどをしないのであれば、JCBギフトなどの汎用性の高いギフトカードを選びましょう。

 

 

固定ポイントに関しては、楽天での決済に回していくのがおすすめです。

 

 

決済に回すことで、ショッピングでのポイントを利用をせずに済みます。

 

 

つまり、楽天カードで決済をするので、楽天カードを使ったポイント倍率が減らずに獲得することが可能です。

 

 

期間限定ポイントに関しては、楽天カードの決済での支払いに回すことはできません。

 

 

楽天決済でのポイントの回し方は、楽天e-NAVIのポイントで支払いサービスで行うことができます。

 

 

ポイントを決済に回すためには、引き落とし口座(口座振替)の登録が必須です。

 

 

ポイントを決済に回すまでの期間は、毎月12日~20日22時です。(一部金融機関を利用の場合は15日22時まで)

 

 

・1カ月に利用できる回数 最大5回まで

 

・1回のお手続きで利用できるポイント数

 ダイヤモンド会員 :50~500,000ポイント

 ダイヤモンド会員以外:50~ 30,000ポイント

 

 

・1カ月に利用できるポイント上限

 ダイヤモンド会員 :50万ポイントまで

 ダイヤモンド会員以外:10万ポイントまで

 

 

5.仕入れるタイミングと倍率を理解しておこう

 

楽天市場で仕入れをする際のタイミングや倍率を引き上げる方法について解説をしてきました。

 

 

楽天ポイントは、ただもらうことは難しいことではありません。

 

 

しかし、効率よくもらおうとしたり、最大限もらおうとすると複雑になってきます。

 

 

仕組みを理解して、適切なタイミングで買い物をしなくてはいけません。

 

 

楽天で最大の上限まで仕入れている方は、SPUポイントだけで、年間で約170万円以上利益を出すことができます。

 

 

同じ楽天で決済をするのなら、楽天ポイントを攻略して、1万円でも多く戻ってくるように誰もがしていきたいはずです。

 

 

今回紹介した方法で、簡単にポイントを上げることができるので、できるものから試していって、楽天ポイントを攻略していきましょう。

 

 

おすすめの記事