Pickup記事

リピートせどりはせどり事業にとってなくてはならないジャンルです。

 

その理由ですが、通常せどりの場合、利益の上げられる商品は

・廃版品

・プレミア品

・アウトレット品

という「供給量が少ない商品」「在庫数が決まっている商品」が多くなるので、

安定した売り上げが難しいという面があります。

 

仕入れが思うようにいかない月、思うように商品が売れない月。

安定しない売り上げで年間通すと売り上げのグラフがギザギザ。

 

できれば事業予測を立てるために安定して売り上げたいですよね。

また、毎月収入がバラバラ過ぎるというのも不安です。

 

そんな不安を緩和し、安定した売り上げを可能にするのがリピートせどりです。

 

本記事はそんなリピートせどりについて解説します。

 

 

■リピート仕入れとは

 

 

リピート仕入れとは、

1つの商品を同じ人に何度も買ってもらえるような商品を仕入れる方法です。

 

消耗品、というとなんとなくわかるのではないでしょうか。

 

洗剤やシャンプー、食料品といった

「使ったらなくなってしまうもの」

「なくなったら買い足すもの」

を扱います。

 

定期的に消耗していくので、

毎日必ず需要は発生します。常に必要としている人はいますし、

買った人でもなくなったら買い足します。

 

この繰り返しで延々と商品が売れていくのです。

 

単価が低い日用品や食料品がメインになるのでどうしても利益率が低く、

派手さには欠けますが、回転率も高いので着実に稼げます。

 

 

■リピート仕入れのメリット

 

リピートせどりのメリットです。

 

・安定して売れる

・継続的に売れる

・外注に出しやすい

 

リピートせどりは利益率こそ高くありませんが、

回転率が高く数が売れるため利益に関しては十分確保することができます。

 

しかも人によっては複数買いをしていくこともあり、

1個の単価が低い割にはトータルで見ると決して低くありません。

 

消耗品なので繰り返し同じ人が購入していくまさしくリピーター買いが多いです。

 

安定して、しかも継続的に売れ、他のジャンルと違って月々の売り上げがばらつきません。

売り上げが安定するので売り上げ予測が立てやすくなります。

 

また、他のジャンルと違って、一度商品をリサーチしてしまえば、

次回からは仕入れ単価に気を付けながら

同じ商品を繰り返し補充するだけでいいので効率が良くなります。

 

こういった商品を繰り返しリサーチし、リピートせどり化していくと、

最終的にはリサーチ一切不要、短時間の補充と相場の確認のみで

月々利益を上げられるようになります。

 

さらにこの状態で扱っている商品をリスト化すると

最終的には補充と確認すら外注に任せることができます。

するとあなたは何もしなくても利益が上げられるようになります。

 

外注さんはもらったリストを検索で打ち込んで、基準となる価格で仕入れるだけ。

 

通常のせどりの目利きと言うとモノレートを使ったり相場観からリサーチしたりと言った「ツールのスキル」と「経験」が必要です。

 

ですが、リピートせどりのリストがあれば目利きなどは一切いりません。

本来ケースバイケースが多いせどりの仕事を単純作業化できます。

外注に出す際の一番の悩みである「目利き」を必要とせずに作業を丸投げできるのです。

単純でシンプルだからこそできるリピートせどりのメリットです。

 

 

■リピート仕入れのデメリット

 

リピートせどりのデメリットは以下の2つです。

・薄利多売

・最初は空振りが多い

 

まず、薄利多売です。

 

メリットの所で回転率でカバーできると書きましたが

それでも1個当たりの利益単価を見るとテンションが上がらないという方がいます。

 

確かに1日の売り上げで見ると少し寂しく見えるときはあるかもしれません。

1か月単位で見るとそう低くはないんですが…

 

また、リピートせどりは利益の取れる商品をリサーチするまでが大変です。

最初のうちは一日中パソコンの前に居ても

利益の取れる商品が見つからない場合があるでしょう。

 

利益だけで見れば完全にタダ働きです。

ただし、リサーチそのものが知識の蓄積というスキルに直結していますが、

わかっていても疲労感はありますよね。

 

この2つのデメリットで特に始めたばかりの人はテンションの維持に苦労するようです。

 

ですが、長期で見れば決して売り上げは低くないですし、

リサーチを続ければドンドン精度が上がっていって必ず結果に結びつきます。

 

気長に仕込んでいきましょう。

 

 

■リピート仕入れの方法

 

 

リピートせどりで狙う消耗品のカテゴリーは多岐に渡ります。

・食料品

・洗剤

・シャンプー類

・ペット用品

・文房具

・PC周辺機器(CDやDVDなどのメディア系)

・サプリ

・化粧品

このほかにもたくさんあります。

 

家の中を見渡して、普段何気なく、毎日定期的に消耗している物を探してみてください。

ティッシュでもガムでもペットシーツでも良いです。

そういった商品はすべてリピートせどりができます。

 

まずはカテゴリーを決めます。

消耗品は数が多いので、やたらめった手を出しても効率が悪いですし、

リサーチしきれません。

 

始めるならまずは自分が一番得意なカテゴリーの商品がいいでしょう。

なんとなくでも相場観があるとリサーチ効率が何倍も変わってきます。

 

もちろん商品知識が無くても丁寧にモノレートで調べれば商品は見つかりますので、

知識にこだわらなくても構いません。

 

何にしても指針として扱うカテゴリーは決めましょう。

 

カテゴリーを決めたらAmazonで商品を探していきます。

決めたカテゴリーに飛んで、そこの検索窓で「‐Amazon」と打ち込みます。

するとAmazonで在庫の持っていない商品が表示されます。

 

「-Amazon」はAmazon在庫を検索結果から除外する便利なコマンドです。

他のコマンドと併用する事もできますので是非覚えておいてください。

 

この中から回転率が高く、また安売りしている人がいない商品を探していきましょう。

 

検索結果からアマゾンを除外する理由は

Amazonと価格勝負になったら絶対に勝ち目がないからです。

 

Amazonが在庫を持っている商品と競合しても売れないし

高くできないしでさんざんな目に遭います。

 

消耗品で狙うのはAmazonが扱っていない商品です。

 

条件にマッチする商品が見つかったら

別のサイトで商品を仕入れられるかどうか検索します。

 

Googleで検索すれば売っているサイトが出てきますし、

楽天市場やYahoo!ショッピングで検索してもOKです。

 

通販をやっていればその商品のメーカーサイトでもいいのですが、

定価販売に近いのでたぶん利益は取れないでしょう。

 

問屋サイトに登録している方は問屋サイトで仕入れるという手もあります。

 

登録していない方は簡単に登録できるので、是非登録してみましょう。

 

仕入れたら最安値付近に設定して出品するだけです。

 

FBA出品者がいない場合、カートを取れる可能性が高くなります。

カートが取れれば多少高い価格でも売れますので、優先的にFBAに送りましょう。

 

■まとめ

 

リピートせどりは事業を本格的にやるなら絶対に必要なジャンルです。

なぜならリピートせどりは安定して売れるので月々の利益の底上げにもなりますし、

根幹をなす部分にもなります。

 

毎月最低○○円は売り上げがある、

という根幹がないと事業がいつまで経っても安定しません。

 

事業もそうですが、生活費に転用する場合も毎月収入が違うと生活づらいですよね。

 

家電せどりで短期間でガツンと稼ぐのも良いですが、

やはりその裏で確実に、そして着実に利益を出す事業と言うものも必要になります。

 

リピートせどりを育てておくと、

将来的に必ず利益以上のメリットをもたらしてくれるでしょう。

 

継続して、安定して売り上げが期待できるリピートせどり。

まずはリサーチから始めてみましょう!

おすすめの記事