Pickup記事

~作業効率を上げるための道具~

 

ビジネスにおける作業効率

 

どんなビジネスやタスクにおいても、

作業効率が高いのと低いのではどちらが良いかは一目瞭然ですよね。

 

もちろん作業効率は高い方がよいです。

 

しかし世の中には作業効率よりも、

商品や仕事の質を最優先しなければならないものもあります。

 

例えば、職人さんなんかは、

作業効率を上げるために機械を導入することをせずに

手作業にこだわり、手作業でしか出せない風合いを出したりします。

 

ですが、せどりにはその必要はありません。

せどりは、作業効率を上げれば上げるほど良いビジネスです。

 

心置きなく、作業効率を上げましょう!

 

むしろ、あげないと稼ぐ気があるのかな?とも言えます。

 

稼いでから導入する。

ではなく、稼ぐために導入する

という気持ちでいましょう。

 

 

作業効率を上げるメリット

 

では、作業効率を上げるとどんなメリットがあるのでしょうか。

 

1 時間の短縮になる

 

作業効率が上がると、作業時間が短縮されていきます。

よって別の作業にかける時間を確保したり、

自己投資の時間を確保できるようになります。

 

ビジネスの成長や自身のスキルアップには

時間はとても大切ですから、

時間を短縮できることは、大きなメリットです。

 

2 経費の削減になる

 

例えば、

店舗せどりだけを行っている人は、交通費がかかります。

一方、電脳せどりを行っている人は、それがかかりません。

 

また、

外注化を導入していない人は、自己稼働時間が長く

時給換算すると低額な費用になります。

その費用を越さない金額で外注に委託していれば、

その差額分、経費は浮きますね。

 

このように、効率を意識することによって、

時間や経費が削減できていくのです。

 

経費の削減イコール、利益の増加です。

 

 

 

作業効率を上げる方法は、パソコン周辺環境の改善!

 

電脳せどりでは、パソコン作業がほとんどですね。

 

パソコンを使用していて、

 

・動きが遅くてイライラすること

・キーボードやマウスが使いにくい・・・と感じることがある

・画面の切り替えが面倒と感じることがある

 

これらのどれかに当てはまるという方は、

パソコン周辺機器の見直しをすべきだと言えます。

 

先ほども言いましたが、

パソコンは電脳せどりでのメインの作業媒体なのです。

要は商売道具ですね。

 

ここをケチってしまうと、

作業効率が下がる上に、作業にストレスを感じます。

 

やりたくない・めんどくさいと思ってしまうようになります。

そんな気持ちではいい仕事はできません。

 

作業環境を整えて、

効率を上げてストレスなく作業してください!

 

 

作業環境の見直しポイント

 

1 マウスをゲーミングマウスにしてみる

 

ゲーミングマウスとは、

その名の通りゲームをするのに適した

動作感が快適な高機能なマウスです。

 

反応が良く、

ボタンのカスタマイズが出来るなど、

高機能なものが流通しています。

 

高機能なので、

通常のマウスに比べて、価格は高めです。

 

ですがパソコン作業がメインのビジネスマンには、

おすすめせずにはいられないアイテムです。

 

購入したら、

各ボタンに自分がせどりのリサーチの際等によく使うキーを

ショートカットに設定して、マウスで快適に作業できるよう

カスタマイズして作業効率を上げていきましょう。

 

コピー、貼り付け、進む、戻る、エンター

色々とありますよね。

 

 

ぼくが使っているのは、

 

ゲーミングマウスの製品リンク ≪Amazon≫

LOGICOOL ワイヤレス ゲーミングマウス G602

 

 

 

ボタン数:11個

バッテリー寿命:最長250時間

保証期間:3年

解像度切替機能搭載

 

手が出ない金額ではないですし、設定も簡単なので、導入しやすいですね。

 

 

スタッフなどはこれ

 

ゲーミングマウス ロジクール G300s プログラム可能ボタン 左右対称

 

有線なのがちょっと難点ですが、ボタン数などは絶妙です。

 

 

 

2 デュアルディスプレイを導入してみる

 

電脳せどりをしていると、

モノレートを見ながら、Amazonページを開いたり、

更に過去の仕入データをチェックしたりと、画面の切り替え作業が多いですよね。

 

この画面の切り替え作業に疑問を抱かずに

作業をしている方、結構多いのですが・・・

 

デュアルディスプレイを導入してみると、

その作業がとても無駄な作業だと感じます!

もう後戻りはできない程の使い心地です。

 

圧倒的に作業効率が上がり、ストレスが無くなります。

作業効率の上り具合に感動し、トリプルディスプレイにする方もいるほどです。

※ぼくもやりたいのですが、

 パソコンの仕様上無理らしい・・・

 

ノートパソコンをご使用中の方でも、

専用アダプターを取り付けることでデュアルディスプレイが可能です。

アダプター参考URL≪Amazon≫

 

設定も、思っているより簡単ですし、ネット上に解説が出ています。

『デュアルディスプレイ 設定』などで検索してみて下さい。

 

デュアルモニターに必要なもの

1 パソコン+モニター(現在お使いのものですね)

2 モニター+ケーブル(新しく用意してください)

3 モニターアーム(必要な場合のみ購入してください)

   ※モニターの高さや位置などを調整できるアイテムです。

 

だいたい2、3万円程で導入できます。

費用対効果が大きいので是非導入してくださいね。

 

モニターは中古でも全然問題ありません。

 

 

3 スキャン納品の導入

 

AmazonのFBAを利用している場合、

納品する際にラベルを印刷していますよね。

 

もしくは、費用を負担して

貼付サービスを利用している方もいるかもしれません。

 

ですが、ある程度せどりが軌道に乗ってきた方には

バーコードリーダーでスキャンしてラベルプリンターで印刷して貼り付けるという

スキャン納品をおすすめしています。

 

3つの方法を比較してみましょう。

 

◆自分でラベルを印刷・貼付する場合◆

 

メリット1:プリンターとパソコンさえあれば、別途費用はかからない

 

デメリット1:1シート24枚用なので、24個以下の印刷時に

シートを無駄にしてしまう

 

デメリット2:シールを印刷~貼付までの作業が多く、手間がかかる

 

デメリット3:商品への貼付けミスが発生する可能性がある

        ※納品不備は料金が発生しますので無駄な経費がかかります

 

 

◆貼付サービスを利用する場合◆

 

メリット1:手間が一切かからない

 

メリット2:納品不備の可能性がない

 

デメリット1:納品毎に費用が発生する

 

デメリット2:バーコードのない商品は利用できない

 

◇スキャン納品の場合◇

 

メリット1:ラベル印刷が簡単

 

メリット2:貼り間違えることがほぼない

 

メリット3:器材があれば費用はかからない

 

デメリット1:最初に器材を購入しなければいけない

 

どうでしょうか??

 

初期費用がかかることから、

出品数の少ない方には向いていませんね。

 

また、作業が早い上に間違えないという方にとっても

不要かもしれません。

 

(作業が遅くて間違えない、又は

作業が早くて間違える方は該当しません)

 

 

・商品数が多くなってきた方

・せどりでしっかり利益を出せるようになった方

であれば、スキャン納品を導入することをおすすめします。

 

バーコードリーダーとラベルプリンターを導入してしまえば、

購入費用以外はかからない上に、

作業が簡易になり更に間違えは減りますので、

作業効率がグンと上がります。

 

導入に必要なもの

・バーコードリーダー

・ラベルプリンター

・ラベルシール(消耗品)

 

バーコードリーダーの製品ページリンク≪Amazon≫

ビジコム バーコードリーダー 二アレンジCCD USB 白 液晶読取対応 BC-BR900L-W

3,400円程の製品です。

 

 

 

ラベルプリンターの製品ページリンク≪Amazon≫

BROTHER PC宛名ラベルプリンター QL-700 並行輸入品

14,000円程の製品です。

並行輸入品です。

USA仕様なので日本語版のダウンロードが必要です。

 

 

 

ラベルシールの製品ページリンク≪Amazon≫

ブラザー 互換プリンターラベル DK-2205 10巻セット

3,000円程の製品です。

大量購入で安くなる場合があります。

コストを抑えられる、非純正品です。

○スキャン納品の流れ

 

導入する方のために、スキャン納品の流れを説明致します。

 

まずは商品登録してあることが条件なので、

商品の登録は済ませておいてください。

 

1 セラーセントラルにログインする

2 『在庫』をクリック

3 『FBA納品手続き』をクリック

4 『スキャン納品』をクリック

5 初期設定をする ※初回のみ

『プリンターの設定』をクリック

6 ラベルサイズを入力して『保存』をクリック

  ※自分の使用ラベルのサイズを入力してください。

  ※サイズは、横60mm以上・高さ25mm以上という制限があります。

7 『商品のUPC/~・・・またはSKUを入力』の下にある枠にカーソルを合わせる

8 その状態で、商品のバーコードを読み込む

  ※バーコードがない商品の場合は、枠にASINを入力してください。

9 【商品にラベルを貼付】のタブから『ラベルの印刷』をクリック

10 枚数を指定して、『印刷』をクリック

11 ラベルプリンターからバーコードラベルが印刷される

12 商品のバーコードの上から貼り付ける

13 【発送を準備】のタブから『新規の納品を作成』

自分のわかりやすい名称を付けて『GO』をクリック

14 『新しい箱にする』をクリック

15 商品に貼ったラベルをバーコードでスキャン

16 納品数を入力

17 複数種類ある場合は『数量を追加』をクリックして商品を増やす

18 全商品の追加が完了したら、『配送業者を選択』をクリック

これ以降は通常の納品作業と同一になります。

 

 

これをやることでラベルシールも無駄にならず

1点1点シール貼をしていくのでミスもなくなります。

 

■まとめ

 

作業効率を上げた方がいいことは、

誰もが分かっていることですよね。

 

ですが、

作業効率を上げるって、一体なにからすればよいのか分からない!

という方にこの記事を読んで第一歩を踏み出していただければと思います。

 

今回ご紹介した方法は、難しいことを考えなくても、

備品を導入することで誰でも簡単に作業効率を上げられる方法です。

 

これは必要経費です。

 

今回、

○ゲーミングマウス

○デュアルディスプレイ

○スキャン納品

についてご紹介しました。

 

これ以外にも、

 

○パソコンの動作が遅い場合は、

今お使いのパソコン自体のスペックを上げる。

 

○パソコンの要領が少ないことが原因の不具合は、

  ハードディスクの買い替えをする。SSDにする。

 

○ネットが遅くて作業が遅くなる場合は、

  通信速度が速いインターネット回線に変更する。

 

など、まだまだ出来ることはたくさんあります。

 

 

 

電脳せどりにおいて、

仕事場であるパソコン周辺の機器を見直すことで

作業環境・作業中のマインドをより良いものにすることが出来ます。

 

今現在、自分が行っているせどりの規模に応じて、

どこまで導入するべきか判断してみて下さい。

 

作業効率が上がれば、

せどりはもっと楽しく利益を上げられるようになります!!

 

 

おすすめの記事