Pickup記事

 

 

西友と言えば大手のスーパーマーケットを想像する方も多いのではないでしょうか。

 

実は西友は専門店を擁する形態の店舗があり、

この専門店の中にはせどらーにとって非常に有用な店舗も存在します。

 

まだまだイメージ的にはスーパーマーケットだと思われているので、

ほかの多くのせどらーさんが目を付けていない穴場です。

 

専門店のある店舗が少なく、扱っている商品もばらつきがあるので

メインの仕入れ先には難しいですが、

時々立ち寄ってみると意外なお宝に出会えたりします。

 

せどり仕入れルートに西友があれば一度確認してみるべきです。

 

西友で仕入れるせどりをご紹介します。

 

■西友せどりとは

西友を知らない人はあまりいないと思いますが、

西友はアメリカのウォルマート傘下のスーパーマーケットです。

 

以前はほとんどの店舗で食品と一部の生活用品しか売っていませんでした。

 

しかし近年改装された店舗の中には

「食品+専門店」という形態になるところが出てきています。

 

100円ショップ、家電品、おもちゃ、日用品。

大型の西友の中にはホームセンターと見間違う規模で展開されている店舗もあります。

 

この専門店の中にせどらーが仕入れられる商品があります。

 

「スーパーマーケットの専門店なんてたかが知れているでしょ」

と思う人も多いです。

 

ですが実は非常に価値のある売り場です。

 

多くのせどらーさんがチェックしていないので

掘り出し物を取れる可能性がまだまだ高いです

 

■西友せどりのメリット

 

そんな西友せどりのメリットですが、以下の3つです。

・ライバルが少ない

・掘り出し物がある

・限定品が存在する

・独自値付けで販売される

 

まず、先ほども書きましたが、

まだまだ西友を単なるスーパーマーケットだと思っている方はたくさんいます。

 

専門店があっても地元のお子さんや主婦が利用する

レベルの低いお店だと舐めているせどらーさんも多いです。

 

だからこそねらい目です。

 

西友の専門店は結構いい値引き率をしてくれます。

食品も気前よく値引きしてくれますが、日用品も同様です。

 

セールじゃなくてもふとした瞬間に値引きシールが貼られていることもあります。

 

そういった値引き率の高い掘り出し物が見つかります。

ワゴンだけでなく通常棚もしっかり見ましょう。

 

そして詳しい説明は後述しますが、西友は「西友限定品」が存在します。

これはもちろん西友でしか買えません。

 

しかし専門店を擁する西友はまだ数が少ないため、こういった限定品は買える店舗が非常に限られています。

 

となると必然的に流通数が少なくなるので、

西友限定品はプレミア化する可能性があります。

 

このように、意外と侮れないのが西友せどりです。

 

■西友せどりのデメリット

西友せどりのデメリットは2つです。

 

・店舗が少ない

・規模は小さめ

 

まず、店舗が少なめです。

もちろん西友自体は非常にたくさんの店舗が存在します。

 

北海道から九州まで。

日本で知らない人はまずいないと思います。

 

しかし、先ほども書いたようにせどりをするには

「専門店」が併設されている店舗でないといけません。

 

この専門店が併設されている西友が少なめです。

 

ホームページを見ても

専門店を有しているのかどうかがわかりません。

 

近所の西友を覗くだけならまだしも、

少し遠出して仕入れようとするときは注意が必要です。

 

あらかじめ目的の西友に電話をして

専門店があるかどうか確認してから出かけましょう。

 

また、専門店があっても、規模は比較的ちいさめです。

わざわざ気合入れて仕入れるほどの場所ではありません。

 

専門店がある西友が何店舗も密集していればそれでもいいですが、

そういった立地の西友は見たことがありません。

 

ほかのせどりついでに専門店を有する西友があったら寄っていく、

という感じでいいでしょう。

 

このように、メインの仕入れ場所としては今一歩、これが西友せどりのデメリットです。

西友の専門店の中でもとくにおもちゃコーナーが充実している店舗がいいですね。

おもちゃは玩具、ゲームともに需要が高いので回転率が高いジャンルです。

そんなおもちゃが西友なら大きく値引きされていることがあります。

 

また、先ほど書いた西友限定品は実はおもちゃです。

西友せどりのメインはおもちゃにあるといっても過言ではありません。

 

電話をする際は特に

「おもちゃコーナーはありますか」

と確認しておくようにしましょう。

■西友せどりの注意点

西友せどりには注意する点がいくつかあります。

先ほど書いた内容と重複する部分もありますが、

まとめということで記載しておきます。

 

・食品、日用品のみ扱っている店が多い

・電話して確認したほうがいい

・衣料品は除外

・セゾンカードを利用する

 

項目を一つずつ確認していきましょう。

 

・食品、日用品のみ扱っている店が多い

・電話して確認したほうがいい

 

まず、西友のメインは食料品です。

おもちゃや日用品を扱っている店舗は少ないです。

 

特に地域に行くとほとんどがスーパーマーケットです。

西友せどりをしようと思ったらまずは専門店を擁する西友があるかどうかの

確認作業から始めないといけません。

 

ホームページ+グーグルマップという方法でなんとなく推測することも可能ですが、

できれば電話確認したほうがいいですね。

 

・衣料品は除外

 

専門店があっても衣料品は除外します。

西友の衣料品はPB(プライベートブランド)なので転売しても利益はでません。

季節の変わり目に50%以上割引されていますがそれでも利益は厳しいでしょう。

 

西友専門店で狙うのは「日用品」「家電」「玩具」の3つです。

 

 

・セゾンカードを利用する

 

西友せどりをするならセゾンカードを持っておくといいでしょう。

セゾンカードは西友での買い物が毎回3%オフになるお得なカードです。

 

5日と20日の買い物なら5%オフ。

 

せどりのためだけに入会するのは少し微妙ですが、

西友は普段の食材の買い物にも利用する機会があるでしょう。

 

そういう方は作っておいてもいいかもしれません。

 

 

■西友せどりの具体的な仕入れアイテム

では西友で仕入れるアイテムを紹介します。

基本的に「家電」「日用品」「おもちゃ」です。

 

 

これらのジャンルならすべて仕入対象です。

 

まずワゴンです。

ワゴンは日用品やおもちゃが投げ売りされていることが多いので

ここで利益が取れそうな商品を確認します。

ヘルビもワゴンに入っていることがあります。

 

 

次は各ジャンルの棚です。

棚で確認するのは「値下げシールが貼られている物」が対象です。

 

西友は30%引きとか40%引きといったシールを普通に貼り付けて棚に陳列しています。

ワゴンセールでなくてもシールだけひっそりと貼られていたりするので

店内の棚をくまなく見ましょう。

 

値下げシールが貼られている商品は利益を取れる可能性が高いです。

 

特に単価と需要の高い家電とおもちゃは積極的に狙っていきましょう。

 

西友の家電品は割と珍しいメーカーを取りそろえている場合もあって、

家電マニアからはちょっとした穴場として注目されています。

 

もちろん通常価格でも安いのですが、

さらに値引きシールが貼られている場合もあります。

 

通常家電のほかに季節家電もねらい目です。

家電量販店よりも安い場合があります。

 

シーズンオフになると値引きもされます。

その地域でシーズンオフと言ってもまだ必要な地域も日本にはあるはずです。

 

積極的に仕入れていきましょう。

 

おもちゃはキャラクターものとレゴ、ゲームを中心に仕入れていきます。

 

おもちゃはディズニーとアンパンマン系は鉄板です。

需要も高く、高値が期待できるので、割引になっていたら真っ先に狙います。

 

ゲームは市場でプレミア化している物でも定価販売、値下げ販売されています。

西友でゲームを買う方というのはあまり多くないので、

転売できる商品が売れ残っている可能性は十分にあります。

 

詳しくない人はリサーチに時間がかかるのが難点ですが、

詳しい人なら端からタイトルを確認していきましょう。

 

 

最後はレゴです。

西友に来る一番の理由は実はこのレゴだったりします。

 

このように西友限定品のレゴは高値が付きやすいのです。

限定販売で、しかも販売店舗が少ないという希少さで

プレミア化していることが多いです。

 

できれば真っ先に確認しておきたいところです。

 

ほかのせどらーもおそらく真っ先にこのレゴを狙いに来ます。

 

もしレゴがなくてもほかのおもちゃで十分利益の取れるものは有りますので、

がっかりせずほかの商品もしっかりと確認してください。

 

■まとめ

いかがだったでしょうか。

 

西友がせどりの仕入れ先になると知らないせどらーさんは多いです。。

地域によっては単なるスーパーですからね。

 

しかしこのように、店舗によっては優秀な仕入先になります。

 

とはいえ、頻繁に回る程のボリュームはないので、

時々タイミングを見て仕入れに行くくらいの感覚でいいでしょう。

 

資産化してランクに合わせた巡回頻度です。

 

いままで西友をノーマークだった方は一度下見に行ってみましょう。

おすすめの記事