Pickup記事

~他販路で販売する意味~

 

せどりでは、

いくつのプラットフォームを利用していますか?

 

この質問に対して、

「1か所しか利用していない」と答えた方、

必見の他販路販売のメリットと販売先をご紹介していきます。

 

せどりを行っていて販路が1つしかない場合は、

損をしてしまっているかもしれません!

 

さまざまな販売先の特徴や、

他販路で販売するメリットを知って、

ビジネスを今以上に盛り上げましょう!

■せどりってAmazonだけじゃないの?

 

Amazonせどらーはたくさんいますよね。

 

Amazonは、FBAがあることから、

せどりに向いているため初心者も始めやすいです。

 

その便利さから、

Amazonだけで販売し続ける人も多いと思います。

 

せどりと言えばAmazon!

という印象をお持ちの方も多いです。

 

別の販路ですと、例えば、

メルカリで仕入れた商品を、ヤフオクで販売するときには、

『ヤフオク転売』なんていう呼び方をします。

 

ですが、

『オリジナルの商品を販売するわけじゃない限り、

転売作業は全てせどり』です。

 

なので、Amazonだけ!という先入観を取っ払って、

他販路にも目を向けてみて下さい!

■他販路で販売することのメリット

 

○ユーザーの傾向

 

自分がネットで買い物する時って、

「Amazonで買うことが多い~」

「楽天市場で買うことが多い~」

「Yahoo!で買うことが多い~」

など、基本的な利用先って絞られますよね?

 

その中からサイト・ショップを選ぶ基準として

・価格・送料

・需要に合った入数

・画像の充実度

・安心な販売元かどうか

などの条件から、どこで購入するかを決めるという

選定型のショッピングユーザーも存在しています。

 

損しないようにチェックしながら利用する人ですね。

 

ですが、

それらの条件を選定せずに、

毎回同じサイトばかりを利用する専属ユーザーもいるのです。

 

 

例えば、

 

楽天のポイントを貯めている人で、

楽天ばかり使うというユーザー。

 

スーパーセールの時に、

大量に買い物をするという楽天ユーザー。

 

Tポイントを貯めている人で、

Yahoo!ばかり使うというユーザー。

 

Amazonのギフト券を定期的に受け取る環境にいるため、

(会社からの報奨金がAmazonギフト券、など)

Amazonを使うユーザー。

 

事業費決済なので、

毎回同一のサイトから買うようにしているユーザー。

 

単純に使い慣れているので、

1か所のサイトでしか検索・ショッピング自体しないというユーザー。

 

などなど。

 

理由はさまざまですが、

利用するサイトは、ある程度統一しているユーザーが多いのです。

 

Amazonでしか販売していないと、

Amazonユーザーにしか見てもらえません。

 

販路を増やして、楽天市場でも販売してみると、

楽天ユーザーの目にも留まります。

 

 

さらに販路を増やして、Yahoo!でも販売すると

Yahoo!のユーザーの目にも留まります。

 

つまり、

販路を増やすほど、

どんどん売れるチャンスが増えていくのです。

 

※注意※

 

販路を増やすことで、作業も増えます。

 

自分の作業時間が増えるか、外注の作業時間が増えるので

経費が増すということになります。

 

そのため、

販路別の出品商品を検討する必要があります。

 

 

○在庫をいち早く売りつくす!

 

せどりをしていると、

仕入数を見誤ることもありますよね。

 

売れる!と思って、たくさん仕入れたけど、

出品してみたら売れ行きが良くない・・・

(原因はさまざまですが)

ということは経験済みかと思います。

 

調査してみると、値段を下げれば売れるようだけど、

出来れば利幅を下げることや赤字で販売することは避けたい・・・

 

そんな時にも、他販路が役立ちます!

 

別の販売先でも出品してみましょう。

 

ユーザーの傾向の原理に基づき、

たくさんのユーザーの目に留まるので

売れる確率も自動的に高まっていきます。

 

元々売れ行きの良い商品なら、

さらに売れるスピード感は高まることになります。

 

これは、現在1つの販路で活動している場合には、

受けられないチャンスなのです。

 

 

■販売先の特徴について

 

販売先によって、

さまざまな特徴があります。

 

それを把握して、使い分けることで無駄なく他販路を活用しましょう!

 

○Amazon

 

1.ユーザー

男性ユーザーが多いプラットフォームです。

 

2.入金時期

2週間に1度入金になります。

 

3.利用料等

販売手数料・発送手数料・アカウント維持費用がかかります。

 

販売手数料・発送手数料は、商品の種類・重さによって変動しますが、

販売する商品価格の15%と思っておけば間違いないでしょう。

 

アカウント維持費は、1か月5,000円です。

(大口出品者)

 

 

4.特徴

FBA(フルフィルメントバイアマゾン)というサービスが、

とても便利です。

 

このサービスは、商品の発送や代金の入金、

ユーザーサポートまでの取引にかかる作業を代行してくれます。

 

出品してAmazonに商品を送るだけの作業でせどりができちゃうので、

大口出品者にとってとても大きなメリットになっています。

 

またAmazonは、サポート体制が充実しているのも特徴です。

 

せどりにはマストな販売先だと言えますね。

 

 

○Yahoo!

 

1.ユーザー

Tポイントをメインに集めているユーザーが多いです。

Tポイントはネット以外でも加点・利用が出来ますので、

ネットショッピングをヘビーに使うユーザー以外からも

好まれる傾向にあります。

 

2.入金時期

売上確定後、1~2日程で入金になります。

 

3.利用料等

Yahoo!では、月額料がかかりません!

無料です。

 

商品が売れた時の手数料も、

基本的には8%程度と安いです。

 

つまり、Amazonで同じ商品が同じ価格で売れるよりも、

利益が増すということになります。

 

4.特徴

Amazon利用者であれば、

FBAのマルチチャネルサービスを利用して、

Yahoo!で売れた場合の配送もAmazonに任せることが出来ます

 

つまり、Yahoo!での出品用に在庫を保管しておく必要がないので、

今の使い勝手のままで販路を増やせます。

 

Tポイントを利用して買い物をするユーザーが多いため、

多少、他サイトよりも高くても売れることがあります。

 

 

ユーザーからすれば、

他サイトで、1,000円の商品を

現金1,000円で買うよりも、

 

Yahoo!で1,300円の商品を

Tポイント利用して、

現金は、0~1,000円で購入する方を選びます。

 

更に、販売手数料の安さからも利益が見込めますので、

商品が売れた時は、利幅が広がりやすいです。

 

月額利用料がかからないため、出品しておくだけなら

無駄な経費はかかりません。

(かかるとすれば出品作業の人件費のみ)

 

なので、

Amazon利用者は、回転率を上げるために

利用すべき販売先と言えます。

 

 

○楽天市場

 

1.ユーザー

2~30代の女性ユーザーが多いです。

Yahoo!同様に楽天ポイントも、

貯まりやすく使いやすいポイントなので、

ポイント利用のショッピングが多いです。

 

よって、

価格を安くしないと売れないとは限らず、

利幅を増やせるチャンスがあります。

 

2.入金時期

月末締め、翌々月10日入金です。

ここが少しネックなポイントです。

 

3.利用料等

出品プランによって変化します。

 

メガショッププラン

月額100,000円

出品商品数無制限

システム利用料2~4%

 

スタンダードプラン

 月額50,000円

 出品商品数20,000品まで

 システム利用料2~4%

 

 

ライトプラン

 月額39,800円

 出品商品数5,000商品まで

 システム利用料3.5~5%

 

がんばれ!プラン

 月額19,500円

 出品商品数5,000商品まで

 システム利用料3.5~6.5%

 

 

最終的に手数料は15%程度取られます。

 

4.特徴

月額料の高額さが、

出品への一歩を踏み出しにくい要因にもなりますね。

 

最安のプランでも19,500円は固定費がかかりますから、

それ以上は売上げなければいけないということになり、

そこから先が利益となります。

 

AmazonやYahoo!に比べ、

ハードルが高いと感じてしまいますね。

 

ですが、

ハードルが高い分、他のせどり業者が参入できず、

競争率が高まっていないということにもなります。

 

しっかりと利益を出す計画さえ立てられれば、

高回転させて利益を得ることも充分に期待出来ます。

 

そのような計画が立てれるのであれば、

利用してみても良い、販売先です。

 

 

○ヤフオク

 

1.ユーザー

女性も男性も多いです。

 

2.入金時期

入金後の発送で良いため、先入金です。

ここは他の販路以上のメリットがありますね。

 

3.利用料等

月額のアカウント利用料は500円ほど。

販売手数料は8.64%と、どちらも安いです。

 

4.特徴

オークション形式なので、

価格が予想よりも高まるケースがあります。

 

また利用料が低価格なことからも、

利幅の増加が期待できます。

 

ですが、

新品商品の売れ行きが悪いという傾向もあります。

 

中古品を低価格で販売している出品者が多いですから、

需要が中古品に向いてしまっているのです。

 

よって、

ヤフオク利用は、別販路では売れずに不良在庫になってしまった商品や、

中古品を仕入れた際の販売先として限定利用することをおすすめします。

 

 

 

○メルカリ

 

1.ユーザー

若年層のユーザーが圧倒的に多いです。

アプリの手軽さから、学生も出品・購入に参加しています。

また、主婦層にも大変人気です。

 

2.入金時期

申請時に入金依頼できます。

申請後も比較的早めに入金されます。

 

3.手数料等

月額利用料は無料です。

販売手数料は、10%です。

 

4.特徴

アプリで簡単に利用できるため、

ユーザーがショッピングをしやすい傾向にあります。

そのためか、

出品してから売れるまでのスピードが速いです。

 

デメリットとしては、

ユーザーから、

送料込みでの出品商品が好まれている点です。

 

予め送料を計算しておき、

損しないような価格設定をしなければなりません。

 

さらに個人利用が多いことから、

取引前にコメントで値段交渉をされる確率が非常に高いです。

 

 

値引に応じている出品者が多いことから、

値引になれてしまっているので、

値引に応じない姿勢の出品者からは、

購入をやめてしまうユーザーもいるほどです。

 

なので、値引に多少対応できるくらいの価格設定を

しておくと、売れ行きが良くなると思います。

 

メルカリの利用は、手軽で誰でもいつでもどこでも始められる上に、

条件が良い商品はすぐに売れていきますので、

販路開拓しておいて損はありません。

 

ですが、商品によっては

低価格にしないと売れないということもありますので、

レアリティのある商品や、不良在庫の売り切り用

出品先にすることをおすすめします。

 

他にもWowmaやQoo10なども今はがら空き市場です。

ぜひ販売できるプラットフォームは多く持っておいてください。

 

 

おすすめの記事