Pickup記事

どうも、かまです。

月収〇〇万円達成しました!!

 

がすごい人に見えてしまいますが、

ここで基本に立ち返ってみましょう。

 

その月収はほとんど信じなくて良いものですから。。

そのほとんどがウソで塗り固められています。

 

他人のことは気にせず

自分のことだけに集中しましょう

 

 

他人は他人、自分は自分

 

隣の芝生は青く見える

という言葉があるように

 

他の人がやっているせどり手法や月収などは気になってしまいます。

 

ですが、あなたはまず店舗せどりの土台をしっかりと固める必要があります。

 

他人が輸出でいくら稼いだとか、

電脳せどりで一歩も家から出ず稼ぐ方法とか

簡単縦積みする魔法とか

 

色々な言葉を巧みに操りあなたを誘惑してきます。

 

ですが店舗せどりほど、【最速】【安定的】

この先長く【稼ぎ続けられる】手法はありません。

 

 

そしてせどりや物販に裏技や近道などはないんです。

 

正攻法で地道にしっかりとやるべきこと、

そして当たり前のことを当たり前のようにこなすことが大事なのです。

 

 

裏技で1日5分で50万稼ぐ裏技などないということに気付いて下さい。

 

 

でも、あなたが正攻法で地道に積み重ねていくと、

組織化や外注化することで自由になることはできます。

 

一瞬ではつかむことはできませんが、コツコツやれば必ず達成できます。

 

 

足元を固めずにどんどん先に進んでいくと、

いつか必ずボロがでます。

 

 

他の人が組織化や自動化をやっていたと聞いたとしても関係ありません。

 

あなたにはあなたのペース、やり方があります。

 

 

他の人と比較する人生そのものがナンセンスで、

比較することで自分が劣っていると感じてしまったり(劣等感)、

自分もはやくしないと稼げないかも(焦燥感)

あいつよりはマシだ(油断)

 

どれを取っても他人と比較することで得られるものは良いことではありませんね。

 

比較するのは自分自身

 

わたしがまんがで好きな名言があって、

「俺の敵は、だいたい俺です」

 

という言葉です。

 

人間は人から認められたい承認欲求というのがあります。

 

 

それは誰しもあるので仕方がないことなのですが、

認められたいがために自分の弱く見せたり、

 

心の中で人と比較したりするんですよね。

 

 

例えば、学生時代

テスト前に

「わたし、全然勉強してないですよ~」

と言って、めちゃめちゃテストの点数が良かった同級生っていませんでした?

 

これも他の人からすごいと思われたい承認欲求の表れです。

 

 

他にも、

かま「〇〇さん、ぼくちゃんとやってるのに全然せどりで稼げないんです」

相手「かまさんなら大丈夫ですよ。」

かま「でも〇〇さん、めっちゃ売上あげてますし、すごいです」

相手「そんなことないですよ、かまさんも出来そうな雰囲気あるし大丈夫ですよ」

 

 

こうやって、弱音を吐くのも承認欲求が働いている一面です。

 

 

比較したりすることで自分の心を満たすだけでは結果としても

何も解決にはならないですし成長にならないんですよね。

 

 

そうじゃなくて、自分自身と比較して成長しているかということを

確認していくことが一番やるべきことなのです。

 

 

あなたはやっていることはお金を稼ぐこと、自由になること

 

そのペースや自由の度合い、環境は他の人と全く違います。

他人と比べてもきりがありません。

 

 

昨日の自分と比較して成長しただろうか?

昨日と自分の比較して稼げているだろうか?

昨日の自分の比較して頑張っているだろうか?

 

 

昨日より頑張って仕入れができた。

昨日よりも商品が売れた。

昨日よりも頑張って働いた。

 

 

これも立派な成長ですし、あなたが1歩ずつ前に進んでいるという根拠になります。

 

自分と比較して成長する意識を持つと、

あなたも稼げる日は近くなりますよ。

 

他の人の月収本当に知ってますか?

 

月商

粗利

月収

 

この言葉の理解もほとんどない人や魅せるためにあえて月収と言います。

(素人のときに騙されました)

 

 

それぞれの本当の意味

 

月商

月の売上高

 

粗利

売上から仕入れ原価を引いた金額

 

売上-売上原価=粗利

 

このことを月収を表現している人がほとんどです。

ここからAmazonの手数料や販管費が引かれるので実際の利益は少なくなります。

 

 

利益

→粗利から経費を引いた金額

 

粗利-経費=営業利益

 

せめて月収というならばここの金額を言いたいですね。

 

 

粗利と利益の違いもわからない人が月収〇〇円と吠えています。

 

それがより自分を見せたいからです。

でもそれは証明されたものではないし、

 

あなたがしっかりとその金額を見たわけでもありません。

 

信じられることは、あなたがしっかりと目で見て確認した

事象だけで良いのです。

 

こんな偽物の情報が流れている業界で

他の人の収益などに羨む理由はなくなりました。

 

 

今日から自分自身と比較して成長していきましょう。

 

 

では、ここまでになります。

 

おすすめの記事