Pickup記事

せどりの重要テクニック取り寄せは絶対マスターしよう

 

新品せどりにおいて、商品数を多く仕入れる縦積みというのは非常に重要です。

1個でも多く仕入れることができればその分利益が伸びますからね。

 

いい商品をリサーチできたら、その商品を1個でも多く仕入れたいですよね。

 

お店にある在庫すべてを買うのは当然として、さらに仕入数を増やしたい、

そんな時に有効なのが「取り寄せ」です。

 

取り寄せを利用することによって、遠出しなくても

利益の出る商品を大量に仕入れることが可能になるかもしれません。

 

本記事ではそんな新品せどりの重要テクニック、取り寄せを解説します。

 

 

取り寄せとは?

 

せどりにおける取り寄せとは以下のことを指します。

・別の店舗にある在庫を近くの店舗に移動してもらう

・メーカーにある在庫を店舗に発注してもらう

 

これによって店頭に10個しかない在庫でも、

全国の別店舗から集めたら100個200個と手に入る可能性があります。

 

またメーカーに大量に在庫があれば

1000個でも2000個でも仕入れることができるかもしれません。

 

予約と違うのは

「すでに発売されている商品を発注すること」

なので、予約ほど注文が殺到しません。

 

また、1人1個という制限もありません。

在庫があれば手に入ります。

 

取れるものはすべて取っておくべきです。

利益が出るとわかっているのに仕入れないなんて選択肢はせどりにはありません。

 

運よくほかのせどらーの目に留まらない商品があれば

その商品を日本中の店舗から取り寄せて独占できるかもしれません。

 

 

取り寄せのメリット

 

 

取り寄せをするメリットですが、主に以下の4つです。

・在庫の限り商品が手に入る

・いち早く気づけば商品を独占できる

・利益の出る商品がわかっていれば電話一本で仕入れができる

・集めてくれるので労力は少ない

 

まず、利益の出る商品があれば、その商品の在庫がある限り日本中から無限に仕入れることが可能です。

チェーン店なら日本全国にある在庫がわざわざ店舗に行かなくても手に入ります。

 

予約とかと違って、普通に販売されている商品を取り寄せて買うだけの話ですから、

1人1個という制限もありません。

 

また、他のせどらーさんよりもいち早く利益の出る商品に気づければ、

さらに大量の仕入れが可能です。

 

最大で日本全国から取り寄せることができるので、大量に在庫を確保できます。

 

また、利益の出る商品があらかじめ分かっていれば、店舗に電話をかけるだけでいいので、自宅に居ながら仕入れが完了します。

 

勿論本当は直接行った方が色々とメリットもあるんですが、

もう完全に利益が出るとわかっている商品ならわざわざ店舗に行く理由もありません。

 

忙しい方はこの方法でどんどん仕入れていってもいいでしょう。

 

電話して取り寄せてもらったら近くの店舗に取りに行くという手間は発生しますが、

通常の仕入れに比べて圧倒的に少ない労力で仕入れができるようになります。

 

そして、その利益の出る商品を横展開させやすいというメリットもあります。

例えばホームセンターで取り寄せができたとしたら

ほかの会社のホームセンターでも取り扱っているかもしれません。

 

ドン・キホーテでも取り扱っているかもしれません。

 

1つ売れる商品を見つけてしまえばその商品を横展開させていくことで

一時的に継続的を持った仕入れを行うことが可能になります。

 

あと、メリットと言えるかどうか微妙ですが、

店員さんに疎まれる手法が多いせどりにおいて、

この取り寄せは唯一店員さんに嫌われないせどり方法です。

 

むしろ喜んでもらえることが多いです。

 

予約転売とかキャンセルに行くと結構店員さんに嫌な顔されることが多いですからね。

メンタルが弱い方にはお勧めな方法です。

 

 

取り寄せの方法

 

 

 

取り寄せの方法ですが、特に難しいことはありません。

・どの店舗で取り寄せ可能か調査

・店員に聞く

・店舗に電話する

主にこの3つになります。

 

まずは調査をします。

これはどのお店でどんな取り寄せができるのかを調べます。

 

その店舗が取り寄せに対してどういったスタンスというか傾向で臨んでいるのか、がわかる範囲でOKです。

 

最終的には電話するか直接店員に聞くのが一番手っ取り早いわけですから。

 

取り寄せで一番重要なのが店員さんに聞く、です。

 

店舗に行って店員さんに

「この○○、ほかの店舗から取り寄せできたりしますか?」

と聞けば店員さんも対応してくれます。

 

何せ大量に商品を買ってくれる良いお客さんです。

決して嫌な顔はされないでしょう。

(ですが店員さんによります)

 

店舗に直接行かなければいけないというデメリットはありますが、やはり直接話した方が話が早いですし、

店員さんによってはものすごくお得な情報を教えてくれる可能性もあります。

 

なにせ店員さんは商品のプロです。

 

バイトの方ではちょっと心もとないですが、社員さんや副店長、店長クラスになると大量取り寄せの相談に乗ってくれたり、

本社のカスタマーや法人窓口を教えてくれたりと色々と便宜を図ってくれることがあります。

 

そのため、店舗に言ったらできるだけ店員さんと仲良くなって色々と話を聞いてもらうのが一番いい取り寄せの方法です。

 

特に家電量販店の場合、型落ち商品を教えてくれたり、メーカー情報といった「活きた情報」を教えてくれることもあります。

 

情報はせどらーの生命線です。

こういった情報はせどりをしていくうえな何よりの武器になります。

 

 

 

次に店舗に電話する方法です。

 

商品がわかっているなら近くの店舗に電話して

「〇〇なんですが、まとまった数、取り寄せできますか?」

と聞くだけです。

 

この方法だと、店員と会話しなくていいですし、

自宅に居ながらにして様々な店舗で商品を取り寄せることが可能です。

 

取り寄せが可能なら在庫数を確認してもらって、

希望数をその店舗に搬入してもらうだけです。

 

無駄足にならないので、お勧めしたい方法です。

 

ただし値段の交渉はなかなか難しいです。

 

取り寄せできる店舗

最後に取り寄せ可能な店舗をいくつかご紹介します。

勿論ほとんどの店舗で取り寄せは可能ですが、特に取り寄せにおすすめの店舗です。

 

・ヤマダ電機

家電量販店のヤマダ電機は取り寄せ可能です。

メーカー在庫があれば確認して取り寄せてもらうことも可能です。

 

・ホームセンター

コメリやケーヨーD2などのホームセンターも取り寄せ可能です。

特にコメリは無料取り置きサービスにも力を入れていて店舗間の横の連携が強いようです。

 

連絡もガンガン取ってくれる感じでしたので、積極的に店員さんに聞いてみましょう。

 

・ドン・キホーテ

全国展開のドン・キホーテ。

これだけ店舗があるので取り寄せも簡単、と思いきや、意外と渋いです。

店員さんによってかなり左右される感じです。

原則全国から取り寄せ可能です。

 

 

やはり取り寄せができた時の利益が大きいです。

店舗数が多いので、取り寄せできる場合は大量に取り寄せてもらえます。

 

ワゴンセールの商品でも取り寄せできたりするので、

利益の取れそうな商品を見つけたらぜひ店員さんに聞いてみるといいでしょう。

 

ただし本当に店員さんに左右されます。

できるだけ店長さんぽい人を見つけて交渉するのがおすすめです。

(もしくは売り場担当を呼んでもらうと良いですね。)

 

・イオン

イオンも原則全国から取り寄せ可能です。

こちらも店員さんに左右されることが多いです。

ちゃんとした店員さんに聞けば近くの店舗や

遠くの店舗から取り寄せてもらうことが可能です。

 

ただ全国から取り寄せる場合は

ちゃんと同じ値段で取り寄せてもらえるのかどうか確認しましょう。

(稀にその店舗でしか安くなっていない商品もあるようなので…)

 

 

取り寄せできない店舗

仕入れ先の中には取り寄せができない、またはしにくい店舗があります。

もちろんケースバイケースですが、下記の店舗に行く際は注意しましょう。

 

・ケーズデンキ

・ヨドバシカメラ

 

現在の情報ではこの2つが取り寄せに対して若干厳しいようです。

 

ケーズデンキは廃盤品の取り寄せは原則できません。

 

取り寄せで知っておきたいこと

 

取り寄せの際に知っておきたいことは、

 

その会社が取り寄せを行うのか?

その店舗が取り寄せを行うのか?

どのエリアまでが取り寄せの対象か?

(全国?エリア内?県?近隣?)

取り寄せ時の仕入れ値は変わるのか?

(どちらかが安い場合合わせてくれるのか?)

支払日の有無は?

(先払いだとキャッシュフローに影響がある場合がある)

 

などはしっかりと確認しておきましょう。

 

また、その取り寄せする商品も、

入荷し、納品作業をしたときまで価格を維持できるか

しっかりとモノレート、他販路、

amazon出品者の在庫まで確認してから実践します。

 

まとめ

取り寄せは確定した利益をさらに伸ばせるテクニックです。

そして売上を上げていくために必要不可欠です。

 

せっかくリサーチして売れる商品を見つけたのです。

 

できれば1個でも多く仕入れたいですよね。

店舗にあるだけしか買わないのはもったいないです。

 

そんな時はぜひ取り寄せにチャレンジしてみてください。

 

うまくいけば思っていた以上の在庫が手に入って、

かなり収益を上げられる場合がありますよ。

 

 

おすすめの記事