Pickup記事

 

 

せどらーが税理士と契約

せどらーとしてある程度の規模になってくると

税理士との契約を考える必要があります。

 

せどらーと言えど、立派な「事業」なので、ある程度の規模になってくると

「確定申告」

「節税」

「税務調査対策」

といった「税」に対する問題に直面します。

 

 

そんな時、税理士という税のスペシャリストと契約しておくと

様々な面で助けられることが多くなります。

 

原則として、私たちは事業主、経営者であり税金に対する知識は

持つ必要がありますが、

その作業をする必要はないということは理解してください。

 

全くお金を生み出さない作業なのでなるべく早く税理士に任せましょう。

 

 

せどりが順調に行っている方

これから稼ぎたいと思っている方

 

なるべく早急に税理士に全て丸投げしてください。

 

 

 

税理士とは

 

 

税理士というのは一言でいうなら「税のプロフェッショナル」です。

 

・企業や事業主の会計帳簿を代行

・節税のアドバイス

・確定申告書の作成

・税務調査の際、顧客の権利を守る

 

といった業務を専門に行います。

 

特に有名な業務は確定申告時の書類作成代行でしょう。

 

確定申告というのは個人でやるには非常に複雑で面倒です。

普段からしっかりと帳簿を記録する必要がありますし、

確定申告の時期になったらその記録をもとに様々な書類を作成しないといけません。

 

税理士と契約していない事業主は

毎年この時期非常に面倒な対応に追われることになります。

 

しかし税理士と契約していると、毎月の帳簿の入力を全て代行し、

また、それをもとに確定申告時に必要な書類作成業務を全て行ってもらえます。

 

極端な話、税理士がいれば会計に関してはほとんどやることがありません。

全て丸投げでOKです。

 

・忙しくて経理をしている時間がない

・簿記がわからない

・数字に弱い

・確定申告がめんどくさい

 

こういった事業主の方にとって税理士は非常に心強いパートナーとなるでしょう。

 

 

せどらーにおける税理士

 

 

事業主にとって税理士が重要なのはわかってもらえたと思います。

本業せどらーはもちろん、副業せどらーだって年間20万円を超える利益を出していれば

立派なビジネスであり、事業主です。

 

もちろん年間数十万円程度の利益で税理士を雇うのは少し早計ですが、

それ以上の利益を出しているなら検討の余地は十分にあるでしょう。

 

特にせどらーの場合、一番重要な仕事は仕入れです。

帳簿付けで無駄に時間を使っているくらいなら税理士に丸投げして、

空いた時間を仕入れに割けばもっと利益を伸ばせるでしょう。

 

また、副業レベルでせどりをやっていて、

今年になって利益が伸びたなどのせどらーさんの場合、

「確定申告!?え、何それ!?」

という方もいるでしょう。

 

サラリーマンの場合、確定申告がなにかもわからない方がいるくらいです。

いきなり当事者になってしまえばパニックにもなると思います。

 

はじめての確定申告をなんとか終えて、

「今年はもっと稼げる!でも経理は面倒だなあ…」

と思ったら税理士にお願いしてみましょう。

 

このようにせどらーにとっても税理士は無関係の存在ではありません。

 

むしろ、最も身近な協力者と呼べるでしょう。

 

ちなみに、どのくらいの収支になれば税理士を検討するか、という悩みですが、

個人的には利益が50万以上になったら税理士を検討してもいいでしょう。

 

50万円の利益で税理士を契約するとその利益のほとんどがなくなる可能性もあります。

ですが、それによって来年はさらに利益を伸ばせる可能性があります。

 

先行投資と思って早めに税理士に相談してみるのも一つの方法です。

 

もちろん税理士に依頼してさらにせどりで利益を増やそうと思っている場合に限ります。

副業として50万くらい稼げていればいいや、

と言う方は税理士に依頼するメリットはありません。

 

 

税理士と契約する場合、クラウド会計ソフトくらいは使えるようになっておきましょう。

クラウド会計ソフトは事業主が最も面倒と感じる

「帳簿付け」をインターネット上で行えるソフトです。

 

パソコンで処理するので、入力や計算もらくらく、書き間違いも起こらない。

さらに確定申告書類も簡単に出せると非常に便利なソフトです。

 

これがあると税理士とインターネット上で共有することができ、

わざわざ税理士の事務所に行って相談しなくてよいのです。

 

もちろん税理士と契約を結べばこの会計ソフトの入力のすべて税理士が行ってくれます。

 

レシートや領収書といった書類を渡すだけでいいのです。

 

ただし、いくらすべて丸投げでいいとはいえ、試算表や決算書、キャッシュフローといったデータは読めるようになっておく必要はあります。

 

「税理士がすべて入力しているので私は収支がわかりません」

これでは単なるポンコツ事業主です。

 

こういったデータ関係の書類も会計ソフトがあれば誰でもわかりやすく、

グラフとセットで正確な数字を出してくれるのです。

 

税理士と契約しない場合でもこの会計ソフトは有能です。

自分で帳簿付けする際も簡単に入力できますし、確定申告も非常に楽になります。

収支や利益と言ったものも自動で計算してくれるので、

いちいち自分で計算しなくて大丈夫です。

 

会計ソフトは様々な会社がサービスを提供していますが、

小規模の個人せどらーが使うくらいなら

どこの会社のソフトも月々1000円前後のプランで大丈夫です。

 

年間で1万円前後。

 

たったこれだけで経理、帳簿付けと言った

ややこしく面倒な作業時間が大幅に削減できるのです。

 

1万円なら安いものです。

 

会計用のノートやexcelを見ながら悩んでいる時間を

せどりの仕入れに充てれば1万円くらい簡単に稼げるでしょう。

 

 

税理士と契約するメリット

 

 

先ほども少しお話ししましたが、

税理士と契約するメリットをもう少し具体的に見ていきましょう。

 

・事業の経理や確定申告が楽になる

・時間が空く

・節税のアドバイスもしてくれる

・税務調査も怖くない

 

これだけのメリットがあります。

 

日々の経理は税理士にメールで内訳を送るだけ。

 

あとは税理士が会計ソフトに入力し、しっかりと管理してくれます。

レシートや領収書に不備があったり、

経費にならなさそうな微妙なものは教えてもらえます。

 

確定申告の際も1年間税理士がしっかりと管理しているデータで、

完璧な書類を用意してくれます。

 

簿記を習っている方ならともかく、慣れていない人はこの作業で膨大な時間を消費します。

その膨大な時間が空くのです。

 

 

日々入力はしなくていい。

事業の収支は間違いもなくしっかりと管理してくれる。

確定申告も丸投げ。

空いた時間で仕入れができる

 

どれだけ効率的なのかは言うまでもないでしょう。

 

また、日々の会計だけではなく、節税のアドバイスや、

経費にならないもののアドバイスも業務の一つです。

 

「これって経費になるのかなあ…」

「これってどう処理したらいいのかな…」

 

という日々事業主を悩ませる経理、経費の悩みに対してアドバイスをしてもらえます。

 

 

そして最後のメリットが税務署対策。

 

事業主にとって恐怖の税務署。

突然の税務調査はやましいところがなくても面倒ですし、

どんな部分を指摘されてしまうかわからないですよね。

 

ですが、税理士と契約している場合は、これも対応を税理士に丸投げできます。

(ただし別途費用が掛かる場合有り)

「顧客の権利を守る」

これも税理士の仕事だからです。

 

そもそも税務署は税理士と契約している事業に対して積極的ではありません。

税務署が調査に入りにくくなる、また入っても税理士がすべて対応してくれる。

 

このいざというときの安心感も税理士と契約しているメリットです。

 

 

税理士と契約するデメリット

 

 

税理士と契約することでデメリットもあります。

とはいえ、メリットに比べたら微々たるものです。

 

・お金がかかる

・理解のある税理士を探すのが多少面倒

 

まずは税理士さんもボランティアではありません。

当然費用というか報酬を払う必要があります。

 

税理士と言うのは自由報酬制で、税理士さんによって報酬はまったく違ってきます。

ここでは一般的な相場をご紹介します。

 

基本的には

「月数回の顧問相談、月々の帳簿付け、確定申告込み」

というスタイルになりますので、その前提でお話しします。

 

 

これは月1~2回の相談あり。

毎月会計ソフトに経費や収入の仕訳を全部入力してもらう。

確定申告の時期には確定申告の書類作成までセットでやってもらう。

いわゆる「丸投げ」です。

 

この契約だと大体毎月2~3万円+確定申告5~10万円。

年間で40万円前後です。

 

うまくいい税理士さんと人脈が持てれば

年間20~30万円くらいでやってくれることもあるようです。

 

ただし、これは小規模のせどらーの場合です。

売り上げがどのくらいあるか、仕訳数がどのくらいあるかによって金額は上下します。

規模が大きければ大きいほど費用は掛かります。

 

このほかにも確定申告だけやってもらうパターンもあるようですが、

あまり歓迎されません。

他人が管理していたデータで確定申告の書類を作るのは大変ですからね。

 

「確定申告の書類作成だけの依頼は受けない」

と言う方もいます。

 

正直な話、報酬や依頼内容は

税理士さん本人に聞いてみないとわからない、と言うのが答えです。

 

ただ、まったく相場の見当もつかない状態だと、

悪い税理士さんに吹っ掛けられてしまうかもしれません。

(勿論大半は真面目に業務を行っていますが、一部“割り増し”する税理士さんもいます。)

 

なので、個人の規模の小さいせどらーさんなら

“ざっくり年間で30~50万円”と覚えておきましょう。

 

 

次のデメリットは理解のある税理士さんを探す、です。

 

残念ながらせどりはまだビジネスとしての認知度は低く、

せどりに理解があって詳しい税理士さんの数と言うのはそこまで多くありません。

 

なかには

「よくわからないから他を当たって」

と門前払いされるケースもあるそうです。

 

何か所か相談に行って見て、せどりという職種に理解のある税理士さんを探しましょう。

 

また税理士さんと言うのは何か困ったときに相談できないと意味がありません。

なのでできるだけ近くに事務所を構えている税理士さんが望ましいのですが、

せどりに理解のある税理士さんが近くにいない可能性もあります。

 

この「せどりに詳しい税理士さんを探す」という作業が結構面倒です。

 

もし説明に困ったら「小売業」といった形で話を進めていくといいでしょう。

せどりも間違いなく小売業ですから。

 

「料金」「せどりに詳しい」「近い」。

この3つが重要な条件ですが、もし望めるのであれば

「自分に合う」

という条件も付け加えたいですね。

 

事業主と税理士はパートナーです。

いざというときに親身になってくれない税理士ではちょっと不安ですよね。

 

なかなかこの条件をすべて満たす税理士を探すのは難しいかもしれません。

 

ですが、自分の大事な収支を管理してもらうパートナーです。

妥協せず探しましょう。

 

 

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか。

税理士はせどらーをはじめとする事業者にとって最も身近な協力者です。

 

税理士に依頼することによって会社の帳簿や確定申告といった

時間のかかる面倒な経理作業をすべて丸投げできます。

すると事業者はその時間を事業に集中させることができ、

今まで以上に利益を伸ばすことができるでしょう。

 

今後のことを考えれば、年間数十万の費用も決して高くはありません。

 

せどりである程度稼げるようになってくると、

せどらーの時間が一番利益を生み出す要素になります。

 

わずかなお金を払うことによってこの貴重なせどらーの時間が自由になるのです。

 

「時間をお金で買う」

 

ある程度の規模になったせどらーはこの感覚を大事にしないといけません。

 

大規模なせどらーが生み出せるようになる金額は数十万どころではないからです。

 

これからさらに本格的にせどりの規模を大きくしようと思っている方は、

今のうちから優秀な税理士を探しておくようにしましょう。

おすすめの記事